生ビールブログ

ビールに関するブログです。おいしいお店、ビールの情報、ビアガーデン、ビール美人、つまみレシピ、豆知識…

那覇・若狭にある焼鳥屋「向井」でいろいろな焼き鳥を食べてきました。奇しくもこの日は9周年の記念日でした。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

最近、長らく焼き鳥屋さんに行っていなかった気がしますが、ひょんなことから行くことになりました。那覇の若狭にあるこちらのお店です。

那覇・若狭 焼鳥 向井

初めての訪問だったのですが、なんとこの日が9周年の記念日だったそうです。常連さんだけを招いてのパーティー、などではなく、普通に入ることができたのがありがたかったです。

向井 メニュー

グランドメニューはこんな感じです。いろいろな部位がありますし、地鶏のタタキなんかもあるんですね。焼酎や日本酒もあるようでしたが、まずはビールからいただきます。

乾杯!

こちらはお通しの冷奴です。島豆腐ではなく、木綿豆腐ですかね。でも、つややかなので絹ごしかな… と木綿の絹ごしの間くらいの印象でした。

お通し

そして焼き鳥です。まずはハツ(1本120円)からいただきました。

ハツ(1本120円)

薄くカットされたハツは、ほどよい食感がありました。味はおとなしいですし、最初に食べるのにはピッタリのメニューです。

続いては、月見つくね(250円)です。玉子がウズラではなくて鶏卵なので黄身が大きいです!しかも、キレイ!

月見つくね(250円)

美しい黄身に見とれていると、赤と緑のサラダも出てきました。メニュー名は野菜サラダ(450円)です。

野菜サラダ(450円)

続いてはおつまみ的なメニュー、鶏軟骨入りさつま揚げ(480円)をいただきました。

鶏軟骨入りさつま揚げ(480円)

ひとつ120円か〜、と考えちゃうとちょっと高いかな… さつま揚げの香ばしさに、軟骨のコリッとした食感がおいしいんですけどね…

軟骨だったら、そのまま、なんこつ(1本170円)がオススメです。

なんこつ(1本170円)

肉がしっかりとついている軟骨で、食べごたえもありました。ジューシーなお肉とゴリゴリのナンコツは、顎が疲れちゃうので何本も食べられませんが、あと2本くらいはいけたかな。

続いては柔らかいお肉、せせり(1本210円)をいただきました。

せせり(1本210円)

ジュワッと美味しさが広がるせせりは、焼鳥の中で一番好きな部位です。焼肉はハラミ、焼鳥はセセリ!

続きを読む

ニューヨークの南、ペンシルベニア州にあるVictory Brewing(ヴィクトリーブルーイング)のPrima Pils(プリマピルス)をいただきました。緑茶のような苦みが美味しいビールでした。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

昨日に引き続き、アメリカのビールをいただきます。今日はニューヨークの南、ペンシルベニア州にあるVictory Brewing(ヴィクトリーブルーイング)のPrima Pils(プリマピルス)です。このビール、以前は瓶でいただいたのですが、アメリカンクラフトビールの流れでしょうか、今回は缶でいただきました。

アメリカ Victory Brewing Prima Pils

一口飲んでみると、緑茶のような苦みが口に広がります。柑橘系の香りでは無く、お茶のような感じなので、どことなく高貴な印象でしょうか。ただ、食事とは合わせづらいのかな、とも… このビールはこのビールだけの世界観があるといいますか、孤高の風味があるので、これだけを楽しむ、ということでもいいのかなと思います。

振り返ってみれば、今まで飲んだプリマピルスって、あまりいい印象ってないんですよね。今回は缶だから劣化が少なかったのか、それとも飲むまでの行程に違いがあったのか… それはハッキリとはわかりませんが、輸送のコストを考えれば瓶ではなく缶になっていくのもわかりますし、沖縄に住んでいると送料もバカにならないので、日本のブルワリーでもこういった試みが広がっていけばいいなぁ、と思います(コンビニの棚を考えると、缶じゃないと並べてもらえない気もしますし)。ついでに言うと、樽もステンレスではなく、返却不要のキーケグがもっと普及したらうれしい限りです。

キーケグとは?
”Keykeg”(キーケグ)とは最新技術を使って作られたペットボトル素材の使い捨て容器で、ビールのみならず、ワインや日本酒にも使える優れた大容量パッケージです。
参考:【プロ向け】キーケグ大解説(CRAFT DRINKS)

閑話休題。昨日に引き続き、このビールも美味しいですし、大手メーカーのピルスナーとの違いが分かりやすいので、クラフトビール初心者の方にもオススメしたいビールです。

[関連リンク]
Victory Brewing Company Prima Pils(公式ページ)

ヘリオス酒造からローソン先行で発売された肉専用ペールエールをいただきました。せっかくなので、ローソンセレクトプレミアムの肉商品とのペアリングでいただいてみました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

今日も今日とて「いい肉(11/29)」の話題になりました。いい肉の日に、肉専用ペールエールというビールが発売されました。こちら、沖縄のヘリオス酒造からリリースされたビールで、ローソンでの先行発売となっています。

ヘリオス酒造 肉専用ペールエール

缶には説明が書かれています。肉専用の「科学的根拠はありません」とのことです。泡まで美味しいからグラスに3:7で注ぐようにも書かれています。こちらも科学的根拠は無いはずです。というか、どちらの注意書きも何のためにあるのかがわかりません。これがあることで美味しくなくなることはあっても、美味しくなることってないんじゃないかと…

ヘリオス酒造 肉専用ペールエール説明

さて、ローソンでの先行発売ということで、ローソンセレクトプレミアムの肉肉しい商品とペアリングをしていただきました。ハンバーグ&ビーフシチューです。

ローソンセレクトプレミアム

ビールの色とおつまみの色は近いほうが美味しいんですよね。もちろん、科学的根拠はありません。

お肉との相性は?

ビールをいただいてみると、イングリッシュペールエール的な香りが芳醇で美味しいです。アメリカンペールエールを期待していると肩透かしになるのでご注意ください。デミグラスソースを使ったお肉料理と合わせたのは正解でした。焼き鳥とかシンプルなステーキよりも、味付けがしっかりとしているお肉料理と相性が良さそうです。

ビール単体での味わいで言えば、数多ある同じスタイルのビールの中で目立った存在だとは思えませんが、コンビニでこういったビールが売り出された(しかも沖縄のブルワリーから!)ということが面白いと思いました。

ただ、「肉」というのでは範囲が広すぎて、逆に誤解を招く気もするので、そのあたりも商品発売後のプロモーションでフォローしていったら素敵だな、と思います。クラフトビール的には、もっともっと範囲が狭い「専用ビール」の方が面白い気がするので、今後はそんなことも期待したいところです。(餃子やピザはすでにあるので、バッファローチキンウィング専用とか…?)

[関連リンク]
ヘリオス酒造 肉専用ペールエール 11月29日(火)発売!(ローソン研究所通信)

イノシシ、ウサギ、ウシ、カモ…「熟成肉とビオワイン EN-YA」でいい肉を食べてきました。いろいろな美味しいお肉が食べられるお店です。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

11月29日、いい肉の日ということで美味しいお肉をいただきに、牧志にある「EN-YA」に行ってきました。こちらのお店、以前は「EN-YA 座・バル」という名前で営業していたのですが、「熟成肉とビオワイン EN-YA」としてコース料理専門のお店になったのです。

牧志 EN-YA

この日はいろいろなお肉が食べられる5,000円のコースを予約して伺いました。ドリンクは別料金。ここはエーデルピルスがあるんですよ。ということで、エーデルピルスで乾杯です!

エーデルピルス

いやぁ、この存在感! 美味しいし、ありがたい!

ビールを飲みつつ、お肉の前菜、3種類のお肉とパテをいただきます。

肉の前菜

続きを読む

アメリカ エイブリ―醸造所のエル ゴーゼをいただきました。小麦麦芽、乳酸菌、塩、ライムを使ったこのビール、とてもさわやかで毎日飲みたくなるくらいの美味しさでした。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカのブルワリー Avery Brewing(エイブリ―ブルーイング)のEl Gose(エルゴーゼ)というビールをいただきました。とくに予備知識もなく飲んでみたんですが、このビールには驚かされました。

アメリカ Avery Brewing El Gose

このビールのスタイルはその名の通り、「ゴーゼ」というスタイルです。ゴーゼは小麦麦芽に乳酸菌、塩を使ったサワーエール(酸っぱいビール)で、日本の大手メーカーのビールからすると「全然違う」ビールになっています。

原材料を見ると、塩やライムとありますが、飲んでみると塩のしょっぱさは感じません。すっきりとした柑橘系の風味、そして穏やかな酸味を感じられます。アルコール度数は4.5%ですが、アルコールはそこまで感じず、ジュースのようにグイグイ飲めちゃいます。ジョッキでビールが飲みたい時のビールではありませんが、美味しいお酒(もしくはジュース?)を飲んでいる満足感で満たされます。

アメリカ Avery Brewing El Gose 原材料

6月にニュージーランドに行ってから、サワーエールにハマりつつあるのですが、このビールは飲んでも「酸っぱい!」とはならない飲みやすいものでした。逆に言うと、酸っぱさを求めている人には物足りないかもしれませんが、単純においしいと思える素敵なビールだと思います。

大手ビール以外のいろいろなクラフトビールが飲めるようになりましたが、このビールもまたビールの多様性を知ることができる美味しいビールのひとつだと思います。ゴーゼというスタイルのビールを飲んだことが無い方はぜひ試してみてください!

[関連リンク]
Avery Brewing El Gose(公式ページ)


ザ・プレミアム・モルツの初摘みホップヌーヴォー2商品とクリアアサヒの初摘みの贅沢という3つの「初摘み」ビールを飲んでみました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

今年もプレモルの初摘みホップヌーヴォーがリリースされました。昨年は 「2015初摘みホップヌーヴォー」でしたが、今年は「初摘みホップヌーヴォー2016」と西暦が後ろになっています。

サントリー ザ・プレミアム・モルツ 初摘みホップヌーヴォー2016

ちょっと注ぎ方が荒く、泡がバラバラになってしまいました。決して、香るエールの方が泡立ちが良いというわけではないと思います。さて、このふたつを飲み比べるのであれば、香るエール(青い方)を先に飲んだほうがいいです。エールの方がすっきりとしていて、プレモル的な香りが弱いので、金の方を先に飲んじゃうと味がよくわからなくなると思います。

初摘みホップヌーヴォー2016 飲み比べ

ただ、このふたつは同じグラスで同じ温度で飲み比べるものでもないよな、というのを後で気が付きました。青い方はワイングラスのような香りが留まりやすいタイプのグラスで、少し温度を高めにしていただく方がより楽しめます。グラスに合わせて、ではないですが、その時の気分やシチュエーションに合わせてどちらかを選ぶ、というのがいいですかね。まあ、選択肢がこのふたつしか無いってこともそんなにないとは思うんですけども。

初摘みといえば、こんな商品も出ていたので、一緒に飲んでみました。

クリアアサヒ 初摘みの贅沢

クリアアサヒ 初摘みの贅沢です。こちら、昨年は「クリアアサヒ 初摘みの香り」という商品でしたが、贅沢感を増した…のかな? まあ、クリアアサヒなりの贅沢なんだろうと思いますが、いろいろなものを削ぎ落としていったクリアアサヒに、なぜかプラスしてしまった気がします。クリアアサヒのファンがこの商品を喜ぶのかというと、微妙なんじゃないかと思いました。雰囲気、ですかね。

ということで、大手メーカーの初摘みビールを3ついただきました。47都道府県版一番搾りもそうですが、結局はいつも売っているスタンダード版の方がバランスがよく、いつものあなたが好き、ってな感じなのかな、と思いました。繰り返しになりますが、雰囲気ですかね。

[関連リンク]
ザ・プレミアム・モルツ<“初摘みホップ”ヌーヴォー>(公式ページ)
2016年収穫の山形県産ホップを使用『クリアアサヒ 初摘みの贅沢』(ニュースリリース)

那覇・おもろまち「肉と野菜の産直屋 かうだ」のプレミアム飲み放題プラン、そしてアラカルトも追加して飲んできました。結局5時間くらい飲んでました。居心地がいいのはいことです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

東京から沖縄に同僚が来る、ということで懇親会をしました。うちのスタッフは結構飲む人が多いので、飲み放題のあるお店が必須なのですが、今回はおもろまちにある「肉と野菜の産直屋 かうだ」を選びました。

肉と野菜の産直屋 かうだ

こちら、通常のパーティープランでは飲み放題のビールが「サッポロ 麦とホップ」なのですが、ひとりプラス500円でハートランドとヱビスビールも飲み放題になります。やっぱりビールが飲みたいし、しかもハートランドが飲み放題ってなかなか無いので今回はそちらを選びました。

かうだのビール

まずはヱビスから。お店オリジナルのグラスで出てきました。パーティー的な食事のある居酒屋さんという感じですが、カウンターもタップもあって、なかなか素敵な雰囲気でした。

カウンター

続きを読む

生ビールブログはこの度、ライブドアブログに移籍しました。生ビールブログ、第三章の始まり、になりますかね? ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

少しの間、お休みをいただいていた生ビールブログですが、実は livedoor Blog へのお引っ越しをしていました。ライブドアブログとは、ちょっと縁がありまして… 2010年のブログ奨学生に生ビールブログが選ばれたのですが、選ばれたにも関わらず、いくつかの理由から辞退させていただきました。

▼関連リンク
livedoorブログ奨学金を辞退させていただきました。

そんなこともあり、気分的には自前のWordPress環境からライブドアブログにお世話になることはないと考えていたんですが、またもやいくつかの理由から移籍する運びとなりました。移行作業の中でいろいろと問題が出てきたり、使い勝手がかなり違ったり、慣れない部分も多いのですが、折角の機会なので今までとは少し変えつつ、ブロギングしていこうと思います。

489b20f9.jpg

ということで、皆さま、今後ともよろしくお願いいたします!

Keep on blogging!

どうも、麦酒男です。 僕が実行委員長を務めるビアフェスティバル 「ハイサイちゃんぷる~ビアフェスティバル IV」が無事に終了しました。 来場者、出店者をはじめ、すべての関係者に厚く御礼申し上げます。 本当にありがとうございました! イベントが終わって、まだま ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

僕が実行委員長を務めるビアフェスティバル
「ハイサイちゃんぷる~ビアフェスティバル IV」が無事に終了しました。
来場者、出店者をはじめ、すべての関係者に厚く御礼申し上げます。
本当にありがとうございました!

ビアライゼブース

イベントが終わって、まだまとまってはいませんが、考えていたことや
思っていること等、ダラダラと書いてみたいと思います。

ちゃんぷる~という名のビアフェスティバル



ハイサイちゃんぷる~ビアフェスティバルは、今回で4回目になる
沖縄のビールイベントですが、第1回第2回と僕はお客さんの立場で
参加しました。第3回開催時にお声掛けをいただき、僕が勤める会社も巻き込み、
実行委員長としてガッツリと関わることになりました。
引継ぎの年となった2015年、第3回は、無事に引き継ぐことで精一杯でした。
4回目となる今回は、規模を拡大しつつ、前回できなかったことをやろうというのが
自分の中のテーマでした。

アラコヤブース

続きを読む

どうも、麦酒男です。 今年もサッポロビールから季節限定で発売となっている 冬物語をいただきました。今年で29年目の発売ですってよ! 去年からアルコール度数が上がっていますが、今年も去年と同様6%と、 やや強めの仕上がりとなっています。パッケージは白くシンプルで ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

今年もサッポロビールから季節限定で発売となっている
冬物語をいただきました。今年で29年目の発売ですってよ!
去年からアルコール度数が上がっていますが、今年も去年と同様6%と、
やや強めの仕上がりとなっています。パッケージは白くシンプルです。

サッポロビール 冬物語

飲んでみると意外とスッキリというか、そこまでの特徴は感じず、
ある意味で飲みやすいビールです。寒い日に暖かい部屋で飲む、と
考えると、たしかにこれくらいでいいのかな、とも思います。

鍋には彩りが必要

ためしに鍋と合わせてみたんですが、何を飲んでいるか、という意識無しに
スイスイとすぐに飲み終わってしましました。食事との相性はいいのかな。
関係ないですが、鍋には緑とか赤とか彩りが無いと画として微妙ですね。

触り心地のいい缶

関係ないついでにもうひとつ。コンビニで缶を手に取った時に、
なんだか触り心地が良かったんですよね。ビールは飲むものですが、
缶の触感みたいなものがデザインされているのもうれしいものですね。

さて、来年はいよいよ30周年です。クラフトビールのシェアが増える中、
30周年を迎える冬物語はどうなるのか、今から楽しみです。

[関連リンク]
サッポロビール 冬物語(公式ページ)

どうも、麦酒男です。 那覇の栄町は沖縄のディープスポット、ではなくなりつつある、というか、 飲ん兵衛が集まる街になりつつありますが、そんな栄町ですが、 しっかりとしたお料理と落ち着いた雰囲気を楽しめるお店もあります。 それがこちらの潤旬庵(うりずんあん)です ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

那覇の栄町は沖縄のディープスポット、ではなくなりつつある、というか、
飲ん兵衛が集まる街になりつつありますが、そんな栄町ですが、
しっかりとしたお料理と落ち着いた雰囲気を楽しめるお店もあります。
それがこちらの潤旬庵(うりずんあん)です。

那覇・栄町 潤旬庵 (うりずんあん)

お店は落ち着いた雰囲気なんですが、栄町らしく価格はなかなかリーズナブルです。
ビールは金麦のジョッキが250円です。日本酒もいくつかあります。

潤旬庵 (ウリズンアン) ドリンクメニュー

続きを読む

どうも、麦酒男です。 大手メーカーの季節限定ビールはいろいろとありますが、 その中でもここ数年は一番好きなビールがサッポロクラシックの 富良野VINTAGE です。摘みたての生ホップを使ったビールです。 大手のクリアな感じに摘みたてホップのフレッシュな香りと 程よ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

大手メーカーの季節限定ビールはいろいろとありますが、
その中でもここ数年は一番好きなビールがサッポロクラシックの
富良野VINTAGE です。摘みたての生ホップを使ったビールです。

サッポロビール サッポロクラシック 富良野VINTAGE 2016

大手のクリアな感じに摘みたてホップのフレッシュな香りと
程よい苦味を感じられるこのビール、今年も美味しいです。
そろそろワインでもヌーヴォーの季節ですが、そんな感じで
“今年の”サッポロクラシックを味わえる気がするビールです。
まあ、実際にはそういうブレが無いようにメーカーの方は
苦労をされているわけですけども…

さて、このビール、食事とも合わせられますが、ビールをしっかりと
楽しむのであれば、ビールだけでいただく方がいいかもしれません。
(というか、辛いものと合わせたら風味がだいぶおかしくなってしまった…)

摘みたてのホップを生で使うのは、産地じゃないと難しいですよね。
やはりホップの産地というのはいいですね~。
ということで、もう少し冷蔵庫で眠っている500ml缶を
これから年末まで楽しもうと思います。

[関連リンク]
サッポロクラシック 富良野VINTAGE(公式ページ)

どうも、麦酒男です。 国際通りの真ん中に屋台村があるんですが… 今回はこちらの中にある炭小屋 とりすけに行ってきました。 屋台村とはいえ、お店の造りはしっかりしています。 最近は海外からのお客さんも多いのでしょう、メニューは日英中韓と他言語化されていま ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

国際通りの真ん中に屋台村があるんですが…

那覇 国際通り屋台村

今回はこちらの中にある炭小屋 とりすけに行ってきました。
屋台村とはいえ、お店の造りはしっかりしています。

炭小屋 とりすけ

最近は海外からのお客さんも多いのでしょう、メニューは日英中韓と他言語化されていました。

炭小屋 とりすけ メニュー

まずはビールをいただきます。ん、やかんで登場です。

やかん

続きを読む

どうも、麦酒男です。 10月に限定発売されたふたつの新ジャンルを飲み比べてみました。 サントリーから発売された「金麦<琥珀のつくろぎ>」と アサヒビールから発売された「クリアアサヒ 吟醸」、どちらも長期熟成で造られています。 同じ長期熟成とはいえ、ビール自体 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

10月に限定発売されたふたつの新ジャンルを飲み比べてみました。
サントリーから発売された「金麦<琥珀のつくろぎ>」と
アサヒビールから発売された「クリアアサヒ 吟醸」、どちらも長期熟成で造られています。

長期熟成の「金麦」と「クリアアサヒ」

同じ長期熟成とはいえ、ビール自体の色や風味はだいぶ異なりました。
見た目的にはアンバーエールとゴールデンエールのような色です。

長期熟成の「金麦」と「クリアアサヒ」飲み比べ

まずは綺麗なゴールドのクリアアサヒ 吟醸からいただきました。
ギンと名前に入っていますが、色味はゴールドなあたり、若干ややこしいです。

クリアアサヒ 吟醸

飲んでみると吟醸感は特に感じず、スイスイ飲めるビールとなっていました。
通常のクリアアサヒと比べて、大麦1.5倍使用とのことですが、
僕自身がいつもクリアアサヒを飲んでいるわけではないので、
その部分に関しては違いがわからず。特徴は感じず、普通に美味しくいただきました。

続いては、金麦 琥珀のくつろぎです。

金麦 琥珀のくつろぎ

こちらは金麦的な香りを残しつつも、うまく香ばしさを乗せている印象です。
金麦は軽いけど美味しく飲めるというのが特徴だと思っていますが、
こちらに関してはアルコール度数も6%ありますし、金麦ほど軽くはないですね。
食中酒ではありますが、なかなかタイミングの難しいビールかな、と思いました。

ビールの税制如何では、どうなるかわからない新ジャンルですが、
今のところ、“ビール”の派生商品の方が面白いし勢いを感じますね。
さて、ビールの税制についても長期熟成されている感じですが、実際はどうなるんでしょうか?

[関連リンク]
金麦<琥珀のつくろぎ>(公式ページ)
『クリアアサヒ 吟醸』10月12日(水)新発売!(ニュースリリース)

どうも、麦酒男です。 栄町で人気の焼き鳥屋さん「二万八千石」が、すぐそばに 唐揚げのお店をオープンしたということで早速行ってきました。 お店はこちら。奥の赤ちょうちんが「炭火焼鳥 二万八千石」です。 なるほど、以前は「立ち呑み天麩羅」だった場所なんですね。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

栄町で人気の焼き鳥屋さん「二万八千石」が、すぐそばに
唐揚げのお店をオープンしたということで早速行ってきました。

お店はこちら。奥の赤ちょうちんが「炭火焼鳥 二万八千石」です。
なるほど、以前は「立ち呑み天麩羅」だった場所なんですね。

からあげ二万八千石

ということで、こちらのお店も基本的には立ち飲みです。
お店の奥にひとつだけテーブルのセットもありましたけども。

金麦

ビールは金麦の樽詰めでした。リーズナブルでも美味しいです。
からあげのメニューはこんな感じです。もも、砂肝、やげん軟骨ですね。

唐揚げメニュー

それに追加して早駆けメニューというのもありました。

早駆けメニュー

続きを読む

どうも、麦酒男です。 7&iグループ限定のプレモル、スパークリングゴールドをいただきました。 ビールなのでスパークリングなのもゴールドなのも当たり前な気もしますが、 シャンパーニュ産麦芽を使っているということで、シャンパンゴールドに 寄せた結果、この名前になっ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

7&iグループ限定のプレモル、スパークリングゴールドをいただきました。
ビールなのでスパークリングなのもゴールドなのも当たり前な気もしますが、
シャンパーニュ産麦芽を使っているということで、シャンパンゴールドに
寄せた結果、この名前になった、という感じでしょうか。

サントリー ザ・プレミアム・モルツ <スパークリングゴールド>

いただいてみると、スッキリと飲みやすくはあるんですが、
プレモル特有の香りが消えてしまっている気がします。
その代わりに何か別の強い特徴があるかというと、そうでもない…
そういう意味では、プレモルやサントリーのビール独特の香りが
苦手な人にオススメできるビールなのかもしれません。

このビールの発売に合わせて…
プレモル公式Twitterアカウント「@PremiumMalts_jp」をフォローして、「#キラキラ系プレモルでた」をつけて指定のキャンペーン投稿をリツイート!抽選で100名様に「ザ・プレミアム・モルツ〈スパークリングゴールド〉2缶とオリジナルシャンパングラス(ペア)」が当たります。

というキャンペーンをしていますが、キラキラ系プレモルって言っちゃうと
一気にバッタもの感が出る気がするんですが、どうなんでしょうか。

キラキラ系ってスイーツ脳という言葉に近い気も…




\プレモルのスパークリング/

って、迷走している感がありありと出ている気がしますが、皆さま、いかがでしょうか?

[関連リンク]
ザ・プレミアム・モルツ<スパークリングゴールド>(公式ページ)

どうも、麦酒男です。 すっかり寒くなって鍋が恋しい季節になってきました。 馬肉も恋しい僕は、桜鍋をいただきに神田の「馬喰ろう」に行ってきました。 随分前に恵比寿店に伺ったことがありますが、同じ系列の神田店です。 こちらが桜鍋を囲むために集まった精鋭たちです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

すっかり寒くなって鍋が恋しい季節になってきました。
馬肉も恋しい僕は、桜鍋をいただきに神田の「馬喰ろう」に行ってきました。
随分前に恵比寿店に伺ったことがありますが、同じ系列の神田店です。
こちらが桜鍋を囲むために集まった精鋭たちです。

がんばれニッポン馬肉道場 馬喰ろう

飲兵衛たちが集まっていますし、今回はコースでいただきました。
いろいろな馬肉料理と150分の飲み放題が楽しめる師範コース(5,000円)です。

ビールはサッポロ!

ビールはサッポロ、お店オリジナルのジョッキでいただきます。
セットアップは馬しゃぶサラダから。これで4人前です。

馬しゃぶサラダ

続いては、おまかせ三品盛り合わせです。薫製にサラミですが、
一番左の脂がのっているのが一番美味しかったです。

おまかせ三品盛り合わせ

続きを読む

どうも、麦酒男です。 東京に行ったついでに神田で開催されている大江戸ビール祭りに行ってきました。 大江戸ビール祭りは、沖縄に移住した後で始まったイベントなので、 今回が初参加となりました。一度、行ってみたかったんですよ。 会場は神田の東京電機大学旧校舎跡 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

東京に行ったついでに神田で開催されている大江戸ビール祭りに行ってきました。
大江戸ビール祭りは、沖縄に移住した後で始まったイベントなので、
今回が初参加となりました。一度、行ってみたかったんですよ。

大江戸ビール祭り

会場は神田の東京電機大学旧校舎跡地です。ビルに囲まれていますが、屋外です。
この日は秋も深まってきたのか、かなり寒くて、みんな冬の装いでしたけども…

大江戸ビール祭り2016秋

イベントは朝10時からだったので、朝ごはんも食べずに駆けつけたんですが、
何も食べずにビールを飲むのは危険かな、ということで焼き担々麺からいただきます!

焼き担々麺

山椒の香りがしっかり利いていて美味しかったです。パクチートッピングも良かった!
ということで、ご飯を食べていると、コスプレのおじさんに声をかけられました。

コスプレな方々

沖縄のオクトーバーフェストでも大活躍したコバツさん、そして最近は
ローソンでも買えるフクロウのビール・常陸野ネストビールの木内さんでした。

常陸野ネスト 木内さん自ら

ということで、木内さん自らサービングしていただいたセッションIPAからスタートです!

セッションIPA、うまい!

続きを読む

どうも、麦酒男です。 今年もこちらの限定ビールが発売となりました。 一番搾り とれたてホップ 2016岩手県遠野産ホップ です。 生ビールブログで紹介するのは、なんと10年目ですよ! とれたてホップとしては、13年連続の発売となりました。 今年もみずみずしく、すっき ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

今年もこちらの限定ビールが発売となりました。
一番搾り とれたてホップ 2016岩手県遠野産ホップ です。
生ビールブログで紹介するのは、なんと10年目ですよ!
とれたてホップとしては、13年連続の発売となりました。

キリンビール 一番搾り とれたてホップ 2016岩手県遠野産ホップ

今年もみずみずしく、すっきりと飲みやすいビールになっています。
アメリカンペールエールのようなホップの香りや苦みもいいですが、
緑茶のような甘みとみずみずしさを感じられるってのも、
日本のビールらしくていいですね。いろいろな料理、なんなら和菓子にも
合わせやすそうですし、こういう特徴の出し方って、海外では無い気がします。

ちなみに、2週間前に全国で発売となった一番搾り 熊本づくりも
一緒にいただいてみました。ビールの色はだいぶ濃いですね。

キリンビール 一番搾り 熊本づくり

熊本づくりを飲んでみると、すっきりクリアなとれたてホップとは対照的に
ガツンと来るパンチの強さを感じました。とはいえ、アルコール度数は5%ですし、
麦芽の焙煎が強いわけではないのですが、これはなんなんでしょうね。

熊本づくり

甘い醤油で馬刺しを食べる… そんな時に合わせるのに良さそうです。
そう、焼酎じゃ強いって時にもちょうどいいビールなのかもしれません。
通常の一番搾りはこのふたつの間に位置する印象です。

ということで、コントラストがしっかりと感じられたふたつのビールでしたが、
個人的には、とれたてホップの方が好きかなぁ。何よりもみずみずしさ!
ということで、この時期だけの一番搾りを楽しみましょう!(って今ではたくさんありますけどもが…)

[関連リンク]
キリンビール 一番搾り とれたてホップ生ビール(公式ページ)
一番搾り 47都道府県の一番搾り 熊本県(公式ページ)

どうも、麦酒男です。 那覇は牧志公設市場の奥、サンライズ通りに新しくできた Taste of Okinawa(テイスト・オブ・オキナワ)というお店に行ってきました。 お店に入るとビールのタップが5つ… そして、冷蔵庫にはボトルビールも冷えています。 が、こちらのお店 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

那覇は牧志公設市場の奥、サンライズ通りに新しくできた
Taste of Okinawa(テイスト・オブ・オキナワ)というお店に行ってきました。

Taste of Okinawa (テイスト オブ オキナワ)

お店に入るとビールのタップが5つ…

タップは5つ

そして、冷蔵庫にはボトルビールも冷えています。

ボトルビールもあります。

が、こちらのお店はビアバーなだけではなく、料理教室や観光客向けの
沖縄料理体験ができるスペースなんです。夜は普通にバーになっていますけども。

Taste of Okinawa 店内

ということで、まずは沖縄・ヘリオス酒造のビール、ゴーヤドライからいただきました。

ゴーヤドライ

続きを読む