どうも、麦酒男です。


最近は、名古屋に仕事で行くことが多いんですが、
そのプロジェクトの忘年会で、名古屋は伏見にある老舗、
「宮鍵」というお店に行ってきました。


かしわ・うなぎ料理 宮鍵


なんでも「宮鍵」は名古屋めしがいろいろ食べられるお店ということで、
鰻、鶏、八丁味噌あたりを楽しみにしていました。


お通しの菜の花の辛し和えをいただいた後は、
早速、鰻が出てきましたよ。卵で巻いたう巻きです。


う巻き




シンプルながら、卵と鰻の食感のアクセントが楽しめつつ、
柔らかい味わいが美味しいというメニューでした。


続いては、鶏肉も入ったサラダです。
キュウリのカットの仕方がなんとなくですが、老舗っぽい…


サラダ


鶏では、しもふり、というメニューもありました。
牛肉の霜降りは想像できるんですが、鶏肉だとどんな感じなんでしょうか…
こんなんでした!


しもふり


美味しい鶏刺しって感じでしょうか。
牛肉のような霜降り感はありませんでしたが、柔らかくて美味しかったです。


そして、鰻もいただいていきます。
鰻といえば、やっぱり白焼き!


白焼き


そして、肝焼き!


肝焼き


ガブリと食べる感じではありませんが、ちょっとずつ口に運んで、
至福をかみ締める… 美味しゅうございました。
ということで、このあたりでビールから日本酒へ!


地酒


やや甘口の日本酒はスイスイ飲めてしまって… うみゃ~!
なんて思ってたら黄金の鍋が出てきました… さすが豊臣秀吉の名古屋です。


真鍮の鍋


これは黄金ではなく、真鍮の鍋。すっごい重かったです。
油をちょっと敷いたら、出汁と味噌を入れてかきまぜます。


八丁味噌をといて…


続いて、鶏肉や野菜などなどを入れまして、煮込みます。


みそすき、入ります。


煮込んでいくと…


みそすき、煮詰めて。


みそすきの完成です!


みそすき


具材はたまごをくぐらせていただきます。


たまごをくぐらせ…


今が冬でよかった… 忘年会最高! 感謝しつついただきました。
名古屋ですから、〆はきしめんで…


〆はきしめん


日本酒のボトルも空いてしまい、最後はビールに戻ったりもしたけれど、
どれも美味しい名古屋めしなのでした。仲居さんもいて、
しっかり面倒を見てくれますし、名古屋での接待的な宴会にはオススメのお店です。


▼宮鍵(みやかぎ)
http://tabelog.com/aichi/A2301/A230102/23000110/



大きな地図で見る