Pivovar Karel IV. 店内

おいしいお店

チェコ・カルロヴィヴァリのビアレストラン「Karel IV.」でランチビール

どうも、麦酒男です。

チェコの旅ですが、ジャテツの後はチェコの温泉街とも言える都市カルロヴィ・ヴァリ(Karlovy Vary)に移動しました。

カルロヴィ・ヴァリ(Karlovy Vary)

カルロヴィ・ヴァリに関しては、乾杯おじさんで記事にしようと思いますが、こちらにあるビアレストランでランチ&ビールをいただきました。

伺ったのは、神聖ローマ皇帝・カレル(カール)4世の名を冠したビール「Karel IV.」のビアレストランです。元々は、カルロヴィヴァリの銘酒・ベヘロフカの工場だったそうです。

カルロヴィ ヴァリ Pivovar Karel IV.

建物の1階は PIVOVAR(醸造所&ビアバー)…

Pivovar Karel IV.

地下はビアレストランになっています。

階段を下ります

階段を下りるとここから世界のいろいろな都市への距離が書かれていました。TOKYO までは9,142km、遠い…

いろいろな都市へ

店内には醸造設備や原料も飾られています。元々、Karel IV.の工場は別の場所にありましたが、1999年に閉鎖され、近年、今の場所に移ってきたそうです。

Pivovar Karel IV. 店内

こちらがビールのリストです。ここにアメリカンクラフトの波は来ていないのか、IPAはラインナップされておらず、ドイツスタイルのビールがメインでした。

ビールメニュー

まずはライトラガーで乾杯です。

ライトラガーで乾杯!

続いて、ヴァイツェン。

ウィートラガー

さらにセミダークラガー。

セミダークラガー

最後の一杯はスペシャルをいただきました。どれもトラディッショナルなビールなのでしょう。今となっては飛び抜けた特徴はありませんが、安心して飲めるビール、という感じでした。

スペシャル

さらに、こういうビールが多い中で「プルゼニュスキー プラズドロイ(ピルスナー・ウルケル)」が登場したら、それは支持を集めるだろうな、という気もしました。

さて、ランチにいただいたのはポークステーキです。メニュー名はポークカツレツと聞こえたんですが、カツレツではなかったので、なにか聞き間違えたのかもしれません。豚肉の上にあるのは濃い目のチーズ、ということで、ポーク&チーズみたいな感じでしょうか。

ポークカツレツ

豚肉の焼き加減は素晴らしく、プレートにのっているグリル野菜も大きく食べごたえがあり、バランスのとれたプレートだと思いました。

ジュワッと豚肉

ちなみに、ベヘロフカはもちろん、ビール以外のドリンクもあり、そのメニューには乾杯を意味するであろう言葉が書かれていましたが、日本語は「健康」となっていました。おしいっ!

ビール以外のメニュー

ということで、チェコの温泉都市・カルロヴィヴァリ(Karlovy Vary)のビアレストラン「Karel IV.」でした。他の都市ではあまり飲めないと思いますので、せっかくカルロヴィ・ヴァリに来たなら、ぜひこちらでビール&ベヘロフカを飲んでみてはいかがでしょうか?

[関連リンク]
Becherplatz Pivovar Karel IV.(tripadvisor)




  1. HOOTERS TOKYO

    おいしいお店

    HOOTERS TOKYOに行ったので改めてフーターズをオススメしてみる!
  2. クラフトビール

    ビールの知識

    クラフトビール初心者だったら、まずはお店で飲んだ方がいいね!
  3. 勝手にビールアワード2017-2018

    ブロガー・イベント

    発表! 勝手にビールアワード 2017-2018
  4. ビールの価格比較! どこで買うのがお得?

    ビールの知識

    ビールの価格比較! どこで買うのがお得?【2017年6月更新】
  5. ビールの知識

    美味しいビールを飲むためのグラスの洗い方
PAGE TOP
Translate »