プルゼニュ最古のレストラン U Salzmannů(ウサルツマヌー)で立ち飲み

どうも、麦酒男です。

チェコ政府観光局&Linkトラベラーズとのタイアップでチェコへの旅に行ってきました。ビール醸造博物館のチケットについていたビール一杯無料券を持って、近くにあるお店「U Salzmannů(ウサルツマヌー)」に向かいました。

ビールのバウチャー

こちら、帰国してから知ったのですが、どうやら数百年の伝統を持つお店のようで、プルゼニュで最も古いレストランなんだそうです。そしてレストランだけではなくホテルとしても利用できるようで、ひとり5,000円くらいから泊まれるとのことです。

U Salzmannů(ウサルツマヌー)

そうとは知らず、お店に入った我々。正面にある綺麗なカウンターでビールをオーダーし、その前にある樽を使い、立ち飲みをしました。今回の旅で初めてのピルスナー・ウルケルです。

ビール注ぎます。

ブロガーツアーは9人のパーティーだったので、なかなか注ぐのも大変そうでしたが、日本のサーバーよりは注ぐのが早かったです。

どんどんビール注ぎます。

揃ったら乾杯!

乾杯!

やはりうまい! アルコール度数が4.5%とやや低めなのもありますが、グイグイ飲めて、しかも飲み飽きないのです。僕の中で世界一のピルスナーはウルケルです。


さて、このお店にはタンクがあり(見つけられませんでしたが…)、そのタンクの情報が掲示されていました。7度で保管している、ってことのようです。

タンクの温度など

もちろん、立ち飲みではなく、座っていただけるエリアもありました。

レストランエリア

こちらはリザーブと書かれていますが、おそらく常連さん専用のエリアだと思います。ホテルでもありますし、僕らみたいに博物館から流れてくる観光客も多そうなので、常連さん用のスペースがあるってのは大事なことなんだと思います。

常連さん用のスペース

一杯目は女性スタッフが注いでくれましたが、2杯目をオーダーすると注ぎ手が男性スタッフに変わっていました。

注ぎ手がかわると味も変わる

注ぎ手が変わると味も変わる… それをここで体感することができました。翌日伺うことになるピルスナー・ウルケルの工場や施設では、泡へのこだわりや大切さを聞くことになるんですが、僕はどうやら泡は少なめの方が好みのようです。

ブロガーツアー

おかわりをしたり、飲みきれないメンバーの分を飲んだり、結局4杯くらい飲んだ気がします。もちろん、もっと飲みたかったのですが、次の予定があるために残念ながらここで移動となりました。次はゆっくりと来てみたいです。ここを宿にするのもいいですね。

さて、この日のビールはここまで… 翌日は早くもピルスナー・ウルケルの工場に向かいます。

[関連リンク]
U Salzmannů(公式サイト)
U Salzmannu(トリップアドバイザー)

  1. ビールの価格比較! どこで買うのがお得?

    ビールの知識

    ビールの価格比較! どこで買うのがお得?【2017年6月更新】
  2. クラフトビール

    ビールの知識

    クラフトビール初心者だったら、まずはお店で飲んだ方がいいね!
  3. ビールの知識

    美味しいビールを飲むためのグラスの洗い方
  4. 家でもうまいビールを飲むための8つの教え

    ビールの知識

    家でもうまいビールを飲むための8つの教え(2015年版)
  5. 美人×麦酒 えりさん

    美人×麦酒

    美人×麦酒 えりさん
PAGE TOP
Translate »