サントリー京の秋 アサヒビール 秋の宴 を飲み比べ

ビール批評

「京の秋 贅沢づくり」&「クリアアサヒ 秋の宴」を飲み比べ

どうも、麦酒男です。

先日、秋限定のビール3種類を飲み比べしてみましたが、今回は新ジャンルです。サントリー「京の秋」とアサヒビール「クリアアサヒ 秋の宴」を飲み比べてみました。こちらの秋限定のビールと同様、アルコール度数6%、パッケージに紅葉をあしらっています。

サントリー京の秋 アサヒビール 秋の宴

サントリーの秋限定新ジャンルは2015年「円熟の秋」、2016年「秋の旬味」、2017年「秋の贅沢」と来て、2018年は「京の秋」でした。一方のアサヒビールは2015、2016年「クリアアサヒ 秋の琥珀」、2017年「クリアアサヒ 秋の膳」と来て、2018年は「秋の宴」でした。なんとなく大喜利感がありますね。

さて、グラスに注ぐとこんな感じです。クリアアサヒの方が色が濃いというのはちょっと意外でした。

サントリー京の秋 アサヒビール クリアアサヒ 秋の宴

では、いただきます。

アサヒビール クリアアサヒ 秋の宴

いつも通りの秋のビール、という感じではありますが、逆に言えば、求められている秋のビールをクリアアサヒでやった、と言えるビールだと思います。クリアアサヒの飲みやすさはありつつボディもあります。これが中途半端と捉えられるか、それとも秋のクリアアサヒとして受け入れられるのか… いつもクリアアサヒを選んでいる人に聞いてみたいくらいです。

サントリー 京の秋 贅沢づくり

他の秋ビールとは一線を画したサントリーらしい香りが味わえるビールです。秋になってゴージャスになった金麦、とも捉えることができるかもしれません。かなりキャラクターが強いですが、個人的には嫌いではなく、むしろ他には無い好きなビールと言えます。パッケージには叡山電車が描かれていますが、なんとなく急に出てきた感があるんですが、どうしてこのコラボレーションなのでしょうか。

いずれも、新ジャンルながら個性的で、しかもビールとは違った個性を発揮してて面白いと思いました。クラフトビール的な多様性もありますが、ほぼ同じスタイルでここまで多様性を出せるビールは、そして日本の大手メーカーはすごいなぁ、と思いました。今後も展開が楽しみですね。




  1. ビールの価格比較! どこで買うのがお得?

    ビールの知識

    ビールの価格比較! どこで買うのがお得?【2017年6月更新】
  2. 美人×麦酒 えりさん

    美人×麦酒

    美人×麦酒 えりさん
  3. クラフトビール

    ビールの知識

    クラフトビール初心者だったら、まずはお店で飲んだ方がいいね!
  4. HOOTERS TOKYO

    おいしいお店

    HOOTERS TOKYOに行ったので改めてフーターズをオススメしてみる!
  5. 健康診断の驚くべき(?)結果

    ぼくの健康

    尿酸値9.5から3ヶ月で5.8まで下げた方法
PAGE TOP
Translate »