生ビールブログ

ビールに関するブログです。おいしいお店、ビールの情報、ビアガーデン、ビール美人、つまみレシピ、豆知識…

タグ:勝手にビールアワード候補

キリンビールから新しく発売された「グランドキリン WHITE ALE」をいただいた感想レポートです。フレッシュなぶどうのような香りが素晴らしいビールです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

グランドキリンが缶でもリリースされることになりました。そして、同時に WHITE ALE(ホワイトエール)も発売となったようです。現在、販売中のグランドキリンは、JPL、IPA、そしてホワイトエールの3種類です。

瓶はビジュアル的に評価が高いんですが、どうしても劣化してしまうということと、落としたら割れてしまうので、グランドキリンも缶での発売が待たれていたようです。

キリンビール GRAND KIRIN

缶になったことで「グラスの注いで飲んでください」というオススメコメントがパッケージに追加されていました。瓶の場合は、通常のビールよりも口が大きくなっていて、そのまま飲むことを想定していたようですが、缶はやはりグラスに注がないとビールの特徴がわかりづらくなってしまいますからね。

グラスに注いで…

さて、新しく発売されたホワイトエールは、グラスの中で香りを感じやすいグラスでいただきました。白ワインのようなホワイトエール、とのことですが…

キリンビール グランドキリン WHITE ALE

飲んでみると、ホワイトグレープのような、フルーティーでみずみずしい香りを感じました。ネルソンソーヴィンというホップの特徴がしっかりと出ていて、とても美味しいビールでした。今までビールは苦くて飲めない、なんて言ってた人はこのビールを飲んだら、その概念が崩れるかもしれません。ビール好きじゃない人にもオススメできる、新しいファンを生み出してくれそうなビールになっています。

ちょっと思ったのは「白ワインのようなホワイトエール」というコピーについて。こういうコピーがついてると「だったら白ワインを飲めばいいじゃないか」と僕は思ってしまいます。なんでお酒をお酒にたとえてるんだと。で、飲んだ感じも白ワインではなくてホワイトグレープという感じだし… もうちょっとどちらかに振り切れたらいいのになぁ、と思いました。「ぶどうは入ってません!」とかね。

[関連リンク]
グランドキリン(公式ページ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ヘルスブルッカーというホップを使った、この夏限定の一番搾り「夏冴えるホップ」をいただきました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ヘルスブルッカーというホップを使った、この夏限定の一番搾り「夏冴えるホップ」をいただきました。パッケージには青い空と海、そして水平線に雲… とても夏らしいものになっています。

キリンビール 一番搾り 夏冴えるホップ

いただいてみると、キリンビールらしい苦味を感じますが、この苦味がとても爽やかで美味しいんです。苦いのに爽やか、もしくは爽やかなのに苦い、というビールらしい組み合わせではあるんですが、ほどよいバランスがなければこの清涼感は出せないと思います。そういう意味では緑茶にもつながる、日本人だからこそ造れたビールなのかもしれません。このビール、家で飲むのもいいですが、樽生を心ゆくまでジョッキで飲んでみたい、と思いました。ゴクゴク飲めるビールですし、ドリンカビリティも高いので、いくらでも飲めちゃう気がします。

谷川俊太郎さんの詩

スタンダードな一番搾りとも飲み比べてみましたが、清涼感もドリンカビリティもこちらの方が勝っていると思いました。春限定の一番搾りもそうでしたが、スタンダードよりもホップの特徴がわかりやすく、かつクリアで飲みやすい… 限定の一番搾りはなかなか侮れませんね。世界のピルスナーが美味しくなっていく中で、相対的に日本のピルスナーの順位が下がっている気がしましたが、このビールはかなり上位につけるビールだと思いました。こういうビールこそ、世界に発信してほしいなぁ、と思いました。日本のピルスナー、美味しいです!

[関連リンク]
キリンビール 一番搾り 夏冴えるホップ(公式ページ)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

キリンビール グランドキリンの新商品「梅雨のエキゾチック」をいただきました。フルーティーでありつつクリアで、美味しいビールでした。オススメです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

新しいグランドキリンを発見したので買ってきました。「梅雨のエキゾチック」という発音だけだと競走馬みたいなビールですが、アメリカのホップを使い、ベルギーのビアスタイルを参考にコリアンダーシードを使用したとのことで、そんな意味でもサラブレッドのようです。

キリンビール グランドキリン 梅雨のエキゾチック

キャップは重馬場のマーク、ではなく傘マークになっていて、ラベルはステンドグラスであじさいをデザインしている、まさに梅雨時期のビールです。

キリンビール グランドキリン 梅雨のエキゾチック

いただいてみると… 一言でいえば、美味しい! フルティーな香りに程よい苦味、それでいて余計なものを感じないクリアな飲み心地、これは美味しいです。公式情報では「雨が続く梅雨の時期に、ゆっくりと楽しめる奥行きのある味わい」となっていましたが、暑い日にゴクゴク飲むのにもいいんじゃないかと思います。ヒューガルデンホワイトあたりを飲んで、ビールが好きになった人にはぜひ飲んでいただきたいビールです。

梅雨のエキゾチック

ただ、相変わらずのワードセンスというか、ポエムな感じが炸裂していて、「さわやかにして不思議な奥行き」「複雑で奥行きのある味わい」「スパイシーで不思議な余韻」「ゆっくりと楽しめる奥行きのある味わい」と、表現がグルグルしちゃってます。

いずれにしても美味しいので、梅雨が明ける前にぜひお試しいただければと思います。

[関連リンク]
キリンビール グランドキリン(公式ページ)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

サッポロビールの新ジャンル「麦とホップ」の季節限定商品が出ました。その名も魅惑のホップセッション。モザイクとカスケードを使った新感覚のビールです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サッポロ 麦とホップの夏限定版が発売となりました。その名もサッポロ 麦とホップ 魅惑のホップセッションです。クラフトビール好きからすると「セッションってことはアルコール度数が低いのかな?」なんて思ってしまうかもですが、「2つのホップのブレンド」ってことでセッションと謳っているようです。

サッポロビール 麦とホップ 魅惑のホップセッション

いただいてみると、麦とホップの軽いけど説得力のあるビールらしさに、フルーティーな甘い香りが乗っています。少し時間を置いてみても、新ジャンル的な臭みを感じることはなく(とはいえ、冷えているうちに飲んだ方が美味しいです)、通常版 麦とホップとエクステンション的なホップの香りがうまく融合したなぁ、という感想です。「麦とホップだ」という先入観を捨てて飲んだら、かなり完成度の高いビールだとみんなが認めるところなんじゃないかと(甘い香りは賛否あるかな)。まあ、ホップの苦味や香りがしっかりとしているクラフトビールと比較してしまうとキャラクターは薄いかもしれませんが、聞きやすい音楽のように、ライトにホップを楽しめる良いビールだと思いました。

麦とホップ 魅惑のホップセッション 説明

もちろん原材料は麦とホップのみ『発泡酒(麦芽・ホップ・大麦)・スピリッツ(大麦)』ですし、この価格でこれだけのビールが買えるってのはすごいですね。日本だと「新ジャンルはビールじゃない」なんて人がいそうですが、海外に持っていったら、かなり評価される商品なんじゃないかと思いました。皆様、頭で飲まずにぜひ舌で飲んでみてください! オススメです。

ちなみに、この魅惑のホップセッションで使われているホップはモザイクとカスケードだそうですが、7月11日にはシトラとカスケードを使った「麦とホップ 夏空のホップセッション」が発売されるそうです。

麦とホップ 夏空のホップセッション

こちらも楽しみです!

[関連リンク]
麦とホップ 魅惑のホップセッション(公式ページ)
「サッポロ 麦とホップ 夏空のホップセッション」数量限定発売(ニュースリリース)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

アメリカ・サンディエゴのブルワリー Karl Strauss(カールストラウス)の Aurora Hoppyalis IPA(オーロラホッピアリス)をいただきました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカ・サンディエゴのブルワリー Karl Strauss(カールストラウス)の Aurora Hoppyalis IPA(オーロラホッピアリス)をいただきました。ライトイエローなビールは、グラスに注ぐとフルーティーなホップの香りが漂います。

アメリカ Karl Strauss AURORA HOPPYALIS IPA

いただいてみると、フルーティーなホップの香り、そして程よい苦味を味わえます。先日いただいた Sierra Nevada の GOLDEN IPA と同じように小麦を使っているためか、飲み口はフルーティーかつジューシーな風味も感じられて、ゴクゴク飲みたくなります。印象としてはこちらの方がクリアなので、いろいろなシチュエーションで楽しめそうです。

ホップをたくさん添加して、ジュースのような「ジューシーさ」が楽しめる New England IPA が話題になりつつありますが、小麦を使い、飲み口もフルーティーにした IPA は、本来の IPA(の楽しみ方)の先にあるような気がして個人的に好みです。2012年にサンディエゴに行った時に飲んだ Centurion IPA もライトイエローでクリアな IPA でしたし、どうやら僕の好みはこのあたりにあるようです。またサンディエゴに行って飲みたいなぁ。

[関連リンク]
AURORA HOPPYALIS IPA(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

アメリカ・オレゴン州のブルワリー Culmination Brewing(カルミネーション ブルーイング)の Sour Flower Power Hour(サワー フラワー パワー アワー)をいただきました。いろいろな楽しみ方ができそうな面白いビールです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

今回もサワーエールをいただきました。アメリカ・オレゴン州のブルワリー Culmination Brewing(カルミネーション ブルーイング)の Sour Flower Power Hour(サワー フラワー パワー アワー)という面白い名前のビールです。

Culmination Brewing Sour Flower Power Hour

こちら、ホップを咥えた孔雀のラベルも面白いんですが、いただいてみても、とてもおもしろいビールでした。口にふくむと酸味がありつつ、柑橘系のフルーティーな香りが味わえます。さらに、後味にはグレープフルーツの皮のような渋みを感じられます。二口目を飲んで気がついたんですが、このビール、飲み方で味が変わるんですね。チビチビ飲むと酸っぱく、グイッと飲むと日本茶のような苦味を感じました。グラスによっても印象は相当変わりそうですね。

ホップを咥えた孔雀のラベル

全体的な印象はクリアで、苦味と後味はコエドビールの毬花に似ている気がします。飲んでいくと、口が慣れるのか、どんどん飲みやすくなっていきます。アルコール度数5.5%だけど、それよりも飲みやすく感じます。650ml で 1,168円なので、サワーエールとしては決して高くないですし、サワーエールの入門としても、ビールの研究用としてもオススメのビールです。

[関連リンク]
Culmination Brewing(公式サイト)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

信州・長野のブルワリー、志賀高原ビールの「其の十 / NO.10 Anniversary IPA」をいただきました。アルコール度数は7.5%と低くは無いんですが、香りを楽しみたくてスイスイと飲めちゃう素晴らしいビールでした。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

信州・長野のブルワリー、志賀高原ビールの「其の十 / NO.10 Anniversary IPA」をいただきました。2014年、志賀高原ビールの十周年記念として醸造されたビールで、同社の10番目のIPAでもあるそうです。以前、シンガポールでいただいたのですが、とても美味しかったので日本でも改めて…

志賀高原ビール 其の十 / NO.10 Anniversary IPA

日本で飲んでもやはり美味しかったです! まず感じるのが素晴らしい香り。苦味もしっかりとあるとは思うんですが、それを忘れてしまうくらい、フルーティーかつ上品な香りを感じます。それでいてスッキリとした飲み口で、すぐに次の一口を飲みたくなってしまいます。酒米・美山錦を使っているそうですが、このスッキリ感は美山錦由来のものなのでしょうか。

志賀高原ビールのグラスがあったので、それを使ってみましたが、このビールはもうちょっと香りを楽しめるグラスの方がいいかな、ということでワイングラスでもいただいてみました。

グラスをかえて…

ワイングラスだと香りの特徴がさらに際立ちます。今まで飲んだビールの中でベスト、と言っても過言ではない素敵な香りです。アルコール度数は7.5%と低くは無いんですが、香りを楽しみたくてスイスイと飲めちゃう素晴らしいビールでした。これは多くの方に飲んでもらいたい… オススメです!


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

アメリカ・Pizza Port Brewing(ピッツァポート)のピルスナーをいただきました。フルーティーな香り、果実味のある味わい、程よい苦味… アメリカンクラフトビールのピルスナーとしてはかなり美味しかったです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

Firestone WalkerSaint ArcherSierra Nevada に続き、アメリカ・Pizza Port Brewing(ピッツァポート)のピルスナーをいただきました。グラスに注ぐとすぐにフルーティーな香りが漂いました。

アメリカ Pizza Port Brewing Pick Six Pilsner

いただいてみると、果実のようなフルーティーな風味、そして程よい苦味を感じられます。果実のような香りがあるので、甘さがあるのかもと脳が勘違いをしている気もしますが、それもまた美味しいんですよね。ポント セッショナブル IPA を始め、ピッツァポートのビールはどれもハズレが無くて素晴らしいと思っているのですが、このピルスナーもまた素晴らしいビールでした。

できたてじゃなくっても…



さて、前回いただいたSierra Nevadaのビールは、時間が経っていたので少し残念な感じがしたのかな、と思いましたが、賞味期限を見るとこのピックシックスピルスナーも同じ期日でした。いろいろな要素はあると思いますが、このビールの味は十分なものでした(早めに飲んだらもっともっと美味しかったのかもしれませんけども…)。劣化しやすいビール、しにくいビールがありそうですが、そういう点でもピッツァポートのビールは信頼できるビールだと思いますし、多くの人にオススメしたいビールです。

アメリカのホッピーなピルスナー



アメリカのホッピーなピルスナーを4ついただきましたが、全体的には数年前と比べてレベルがすごく上がっていると思いました。数年前にアメリカでいろいろなピルスナーを飲んだ時には「やっぱりアメリカはペールエールで、ピルスナーは日本の方が美味しいなぁ」なんて思っていたんですが、それは今では変わってきたようです。美味しいビールが増えるってのは悩みが増えることでもありますが、うれしいことでもありますね。2017年のトレンドはどんな感じになりますかね〜。

[関連リンク]
Pizza Port Brewing(公式サイト)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

アメリカ西海岸にあるブルワリー Firestone Walker Brewing の PIVO: HOPPY PILSNER をいただいた感想レポートです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカ西海岸のブルワリー FIRESTONE WALKER BREWING COMPANY(ファイアストーンウォーカーカンパニー)のピルスナー「PIVO: HOPPY PILSNER(ピヴォ ホッピーピルスナー)」をいただきました。ドイツ、イタリア、チェコのピルスナーを意識して造られたピルスナーということですが、色はかなり明るく、まるでライトラガーのようですが、果たして!?

アメリカ Firestone Walker Brewing PIVO: HOPPY PILSNER

いただいてみると、ホップの爽やかな香り、ほどよい苦味、さらには麦芽の甘みというか風味を感じられる美味しいピルスナーでした。プラズドロイ(ピルスナー・ウルケル)よりもフルーティ、エーデルピルスよりも苦味は強く、さすがアメリカンクラフトのピルスナーという感じでした。サクッと書いてしまいましたが、これ、美味しいです! 見かけたら買うべきビールです!

バランスで評価するならば、少し崩れているというか、飽きやすい部分もあるのかもしれませんが、一杯目の満足感はかなりのものです。これもグラスによって味わいが変わるかもしれませんが、公式サイトでは細いグラスに泡をしっかり立てての写真でした。今回は一缶しか買って来なかったので飲み比べることはできませんが、機会があったらマグと細いグラス、泡の有無など、飲み比べてみたいですね。

アメリカンクラフトピルスナー

実はこの他にもアメリカのブルワリーがリリースしているピルスナーをいくつか買ってきたので、早めに飲んでみようと思います。お楽しみに!

[関連リンク]
FIRESTONE WALKER BREWING COMPANY(公式サイト)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ニューヨークの南、ペンシルベニア州にあるVictory Brewing(ヴィクトリーブルーイング)のPrima Pils(プリマピルス)をいただきました。緑茶のような苦みが美味しいビールでした。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

昨日に引き続き、アメリカのビールをいただきます。今日はニューヨークの南、ペンシルベニア州にあるVictory Brewing(ヴィクトリーブルーイング)のPrima Pils(プリマピルス)です。このビール、以前は瓶でいただいたのですが、アメリカンクラフトビールの流れでしょうか、今回は缶でいただきました。

アメリカ Victory Brewing Prima Pils

一口飲んでみると、緑茶のような苦みが口に広がります。柑橘系の香りでは無く、お茶のような感じなので、どことなく高貴な印象でしょうか。ただ、食事とは合わせづらいのかな、とも… このビールはこのビールだけの世界観があるといいますか、孤高の風味があるので、これだけを楽しむ、ということでもいいのかなと思います。

振り返ってみれば、今まで飲んだプリマピルスって、あまりいい印象ってないんですよね。今回は缶だから劣化が少なかったのか、それとも飲むまでの行程に違いがあったのか… それはハッキリとはわかりませんが、輸送のコストを考えれば瓶ではなく缶になっていくのもわかりますし、沖縄に住んでいると送料もバカにならないので、日本のブルワリーでもこういった試みが広がっていけばいいなぁ、と思います(コンビニの棚を考えると、缶じゃないと並べてもらえない気もしますし)。ついでに言うと、樽もステンレスではなく、返却不要のキーケグがもっと普及したらうれしい限りです。

キーケグとは?
”Keykeg”(キーケグ)とは最新技術を使って作られたペットボトル素材の使い捨て容器で、ビールのみならず、ワインや日本酒にも使える優れた大容量パッケージです。
参考:【プロ向け】キーケグ大解説(CRAFT DRINKS)

閑話休題。昨日に引き続き、このビールも美味しいですし、大手メーカーのピルスナーとの違いが分かりやすいので、クラフトビール初心者の方にもオススメしたいビールです。

[関連リンク]
Victory Brewing Company Prima Pils(公式ページ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

アメリカ エイブリ―醸造所のエル ゴーゼをいただきました。小麦麦芽、乳酸菌、塩、ライムを使ったこのビール、とてもさわやかで毎日飲みたくなるくらいの美味しさでした。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカのブルワリー Avery Brewing(エイブリ―ブルーイング)のEl Gose(エルゴーゼ)というビールをいただきました。とくに予備知識もなく飲んでみたんですが、このビールには驚かされました。

アメリカ Avery Brewing El Gose

このビールのスタイルはその名の通り、「ゴーゼ」というスタイルです。ゴーゼは小麦麦芽に乳酸菌、塩を使ったサワーエール(酸っぱいビール)で、日本の大手メーカーのビールからすると「全然違う」ビールになっています。

原材料を見ると、塩やライムとありますが、飲んでみると塩のしょっぱさは感じません。すっきりとした柑橘系の風味、そして穏やかな酸味を感じられます。アルコール度数は4.5%ですが、アルコールはそこまで感じず、ジュースのようにグイグイ飲めちゃいます。ジョッキでビールが飲みたい時のビールではありませんが、美味しいお酒(もしくはジュース?)を飲んでいる満足感で満たされます。

アメリカ Avery Brewing El Gose 原材料

6月にニュージーランドに行ってから、サワーエールにハマりつつあるのですが、このビールは飲んでも「酸っぱい!」とはならない飲みやすいものでした。逆に言うと、酸っぱさを求めている人には物足りないかもしれませんが、単純においしいと思える素敵なビールだと思います。

大手ビール以外のいろいろなクラフトビールが飲めるようになりましたが、このビールもまたビールの多様性を知ることができる美味しいビールのひとつだと思います。ゴーゼというスタイルのビールを飲んだことが無い方はぜひ試してみてください!

[関連リンク]
Avery Brewing El Gose(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 イギリスのブルワリー Magic Rock(マジックロック)の HIGH WIRE GRAPEFRUIT(ハイワイヤーグレープフルーツ)をいただきました。 オレンジとイエローカラーリング、そしておばけのデザインがかわいいです。 いただいてみると、ペールエール的なホ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

イギリスのブルワリー Magic Rock(マジックロック)の
HIGH WIRE GRAPEFRUIT(ハイワイヤーグレープフルーツ)をいただきました。
オレンジとイエローカラーリング、そしておばけのデザインがかわいいです。

イギリス Magic Rock Brewing HIGH WIRE GRAPEFRUIT

いただいてみると、ペールエール的なホップの薫りと苦みに加えて
グレープフルーツのフレーバーもしっかりと感じられる美味しいビールです。
ホップもグレープフルーツも過剰ではなく、程よいバランスで
最大限に感じられて、ハンバーガー等と一緒にいただいても良さそうです。

グレープフルーツのビールは、グレープフルーツスカルピンをはじめ、
いくつかありますが、バランスで言ったらこのビールが一番だと思いました。
毎日飲んでもいいくらいです。日本にはオレンジの素晴らしいビール、
湘南ゴールドがありますが、まさかグレープフルーツの素晴らしいビールが
イングランドから出てくるとは驚きました。

かわいいデザイン

イラストもですが、パッケージ全体を見ても、統一感がありますし、
かわいいデザインで親しみが持てますね。他のビールも飲んでみたい、と
思わせてくれるハイワイヤーグレープフルーツでした。

ちなみに、パッケージはオレンジでおばけが描かれていますが、
ハロウィーンとは関係が無く、Magic Rock のデザインは
だいたいおばけやモンスターが描かれていました。
ハロウィンとは関係ありませんが、ハロウィン用のビールとしても
いいかもしれませんね。かぼちゃのビールよりオススメしやすいです!

[関連リンク]
Magic Rock Brewing(公式サイト)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 3年前にSARANACのWHITE IPAを飲んで以来、美味しいホワイトIPAを 探していたんですが、やっと出会えました。同じアメリカのブルワリー、 Sierra Nevada Brewing(シエラネバダブルーイング)の Hoppy Wheat IPA です。 JR東京駅八重洲地下街のリカー ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

3年前にSARANACのWHITE IPAを飲んで以来、美味しいホワイトIPAを
探していたんですが、やっと出会えました。同じアメリカのブルワリー、
Sierra Nevada Brewing(シエラネバダブルーイング)の Hoppy Wheat IPA です。
JR東京駅八重洲地下街のリカーズハセガワ本店で購入しました。

Sierra Nevada Brewing Hoppy Wheat IPA

グラスに注ぐとフローラル&フルーティーな香りが漂います。
飲んでみると、苦味はあるけど、エグ味はありません。
香りと苦味のしっかりとしたビールで、喉にもスムースに入ってきます。

いろいろと濃いIPAを飲んでいると、飽きちゃうこともあると思いますが、
これであればずっと楽しみながら飲めるだろうなぁ、と思います。
アルコール度数は6.2%と若干高めですが、肉感の強いハンバーガーと一緒に、
ゴクゴク飲みたいIPAですね。ホッピーウィートIPA、期待通りの美味しさです!

かなりきれいなビールではありますが、フレッシュホップというか、
とれたてのホップを使ったバージョンも飲んでみたいなぁ、と思いました。
来年の今頃、ポートランドで飲めていたら幸せだなぁ。

[関連リンク]
Sierra Nevada HOPPY WHEAT IPA(公式ページ)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 シンガポールで日本のクラフトビールを扱っているビアバーに行ってきました。 5つ星ホテル、マンダリン・オーチャード・シンガポールの5階にある Craft Beer Bar Takumi です。この日はカウンターに陣取ったので、 お店の奥の様子はわかりませんが、さ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

シンガポールで日本のクラフトビールを扱っているビアバーに行ってきました。
5つ星ホテル、マンダリン・オーチャード・シンガポールの5階にある
Craft Beer Bar Takumi です。この日はカウンターに陣取ったので、
お店の奥の様子はわかりませんが、さすが5つ星ホテルのバー、といった感じで
高級感のある落ち着いた雰囲気が素敵です。

Craft Beer Bar Takumi

6TAP とお店の看板にも書かれていましたが、樽生は6種類、それに加えて
ボトルビールもラインナップされていました。こちら、日本のクラフトビールがメインです。

Craft Beer Bar Takumi メニュー

僕は Crossroads Brewing Company Singapore のサマーエールを
一杯目にいただきました。ほそ長いグラスに注がれて出てきましたよ。

サマーエール

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 デンマークのファントムブルワリー・Mikkeller(ミッケラー)のサワー(酸っぱい)エールをいただきました。その名も、Spontandryhop Centennial(スポンタン・ドライホップ・センテニアル)です。 ミッケラー スポンタン・ドライホップ・センテニア ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

デンマークのファントムブルワリー・Mikkeller(ミッケラー)のサワー(酸っぱい)エールをいただきました。その名も、Spontandryhop Centennial(スポンタン・ドライホップ・センテニアル)です。


マニアの用語のようですが、ビール好きからすると、どういうビールなのかがわかってしまう、そんな言葉です。それぞれ、発酵、添加、ホップの種類について表わしていて、それが名前になっている感じです。

デンマーク ミッケラー スポンタン・ドライホップ・センテニアル

さて、前置きが長くなりましたが、飲んでみると酸味が心地いいビールです。サワーエールという酸っぱいビールは、昨年まで、僕は美味しいと思わなかったんですが… ついに一線を越えてしまったようで、このビールを美味しく感じました。

サワーエールに関しては、日本のビール好き、マニア、関係者が「おいしい!」「これから日本でも流行る!」と云っていて、個人的には否定的な見方だったんですが、まさか自分が好きになるとは…

さて、僕もまだまだサワーエール初心者なので、このビールがサワーエールの中でどのようなポジションなのか計りかねますが、いびつな特徴が無いというか、バランスが取れていて飲みやすいサワーエールという印象でした。

ミッケラーからは、スポンタンシリーズという名称でいろいろとサワーエールが出ていますが、このドライホップシリーズは比較的入手しやすい値段のようですので、気になる方はお早目に。同じスポンタンシリーズでもローズヒップやハイビスカス、マンダリンあたりは結構高価なので、それこそマニア向きかも。

[関連リンク]
Mikkeller(公式サイト)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 アメリカ・サンディエゴのブルワリー BALLAST POINT Brewing の Grapefruit Sculpin(グレープフルーツ スカルピン)をいただきました。 BALLAST POINT のスカルピンIPA といえば、IPA の中でも 定番といえる美味しいビールですが、そのグレープフルー ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカ・サンディエゴのブルワリー BALLAST POINT Brewing の
Grapefruit Sculpin(グレープフルーツ スカルピン)をいただきました。
BALLAST POINT のスカルピンIPA といえば、IPA の中でも
定番といえる美味しいビールですが、そのグレープフルーツ版です。

アメリカ BALLAST POINT Brewing グレープフルーツ スカルピン

グラスからは、フルーティーなホップに加えて、グレープフルーツの
いい香りが漂います。飲むとさらにグレープフルーツの皮のような
渋みも感じることができます。IPA ですし、決して甘いビールではありませんが、
たしかにグレープフルーツを感じる美味しいビールです。
アルコール度数は7%なんですが、強すぎず弱すぎずな感じもいいですね。

バラストポイントのビールは、この他にもパイナップルやハバネロを使った
スカルピン IPA や、スイカやマンゴーを使ったビールもあります。
これがどれもしっかりとフルーツの香りがして、ビールともマッチしていて
美味しいんです。スイカもなかなかでしたが、グレープフルーツがベストでした。
このビール、オススメです! IPA 好きでまだ飲んでいないという方はぜひ!

ラベルずれてる

そういえば、今回買ってきたボトルはめっちゃラベルがずれていました。
なかなか珍しい気がするのですが、いかがでしょうか?



[関連リンク]
BALLAST POINT Brewing(公式サイト)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サッポロビールがファミリーマート限定で販売している 「サッポロ ビアサプライズ 至福の苦み」をいただきました。 ビアサプライズという面白いネーミングですが、 驚きのある美味しさをテーマにしている、ということです。 いただいてみると、香り ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サッポロビールがファミリーマート限定で販売している
「サッポロ ビアサプライズ 至福の苦み」をいただきました。
ビアサプライズという面白いネーミングですが、
驚きのある美味しさをテーマにしている、ということです。

サッポロビール ビアサプライズ 至福の苦み

いただいてみると、香りよりもまず苦味の印象がガツンと来ます。
とはいえ、IPAのような重い苦味ではなく、スキッとした苦みです。
例えば、IPAは長い時間かけて煮だしたような濃さを感じることもありますが、
このビールはちゃんと入れた緑茶の苦みという感じでスッキリしています。
苦みを楽しむためのビールというよりは、食事のさらに美味しくする、
食事を楽しむために口内をしっかりとリセットしてくれるビールです。
この苦味の特徴は、同じサッポロのエーデルピルスを彷彿させます。

エーデルピルス

以前、缶でエーデルピルスが販売されたこともありましたし、
ヱビス・ザ・ホップもありますが、この至福の苦みこそ、
樽生のエーデルピルス好きにイチオシのビールです!
ファミマ限定、数量限定ということで、気になる方は早めに試して、
場合によってはガッツリと買っておいた方がいいかと思います。

[関連リンク]
BEER SUPRISE 至福の苦み(公式ページ)
「サッポロ ビアサプライズ 至福の苦み」発売(ニュースリリース)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 ヤッホーブルーイングとローソンが共同開発したというビール、 「僕ビール、君ビール。よりみち」をいただきました。 カエルのデザインが人気の第一弾 僕ビール、君ビール。(通称・ぼくきみ)は セゾンスタイルでしたが、今回は小麦を使ったアメリカ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ヤッホーブルーイングとローソンが共同開発したというビール、
「僕ビール、君ビール。よりみち」をいただきました。
カエルのデザインが人気の第一弾 僕ビール、君ビール。(通称・ぼくきみ)は
セゾンスタイルでしたが、今回は小麦を使ったアメリカンウィートです。

ヤッホーブルーイング 僕ビール、君ビール。よりみち

グラスに注ぐと、フルーティー&フローラルな素晴らしい香りが漂います。
飲んでみると、ウィートエールらしい、優しい口当たりに加えて、
爽やかな苦味と風味を味わうことができます。これは美味しい!!

初夏にいただくビールとして、最高なんじゃないか、というくらいに
香り、飲み口、味わい、風味がベストなバランスです!
「晴れた日に寄り道したくなる気分」をイメージしたのことですが、
もっと天国感があります! よりみちというか、目的地?

ヤッホーブルーイング 僕ビール、君ビール。よりみち 裏

アメリカンウィートって、ホップの感じが物足りないことが多いのですが、
このビールに関しては、ホップの香りがしっかりと出ていて、
もう少し苦みが加われば、White IPA と云ってもわからないくらいです。
いったいどれくらいホップを使っているんでしょうか… すごいです。

とにかくビール好きな人、みんなに飲んでほしいビールです。
ローソン系とポプラで今日から販売されていますが、
僕は買い占めてしまいそうです… ゆえにビール好きな人だけが
買えばいいんじゃないか、と。そんなビールです。オススメです!

[関連リンク]
僕ビール、君ビール。(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 先日、国産原料にこだわったビール、サッポロ NIPPON PILS を いただきましたが、アサヒビールからも2015年に収穫した国産素材を使った ドライプレミアム 初仕込みプレミアムがリリースされました。 こちらはすべて国産原料では無く、ホップに関しては ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

先日、国産原料にこだわったビール、サッポロ NIPPON PILS を
いただきましたが、アサヒビールからも2015年に収穫した国産素材を使った
ドライプレミアム 初仕込みプレミアムがリリースされました。
こちらはすべて国産原料では無く、ホップに関しては一部使用とのことです。

アサヒビール ドライプレミアム 初仕込みプレミアム

一口いただいてみると、洗練という言葉が頭に浮かびました。
爽やかなホップの香り、クリアな飲み口、そして喉越し… 美味しいです。
クラフトビール的なアプローチではなく、大手のピルスナーとして
美味しいんですよねぇ。正統派なんていうと語弊がありますが、
ジャパニーズピルスナーのド真ん中という印象です。
(それだけにドライではないかな、とも思いますけども…)

ちなみに、パッケージはジャパニーズブルーとゴールドを使って、
富士山が目立つデザインですが、一富士二鷹三茄子がすべて入っているという
かなりおめでたいパッケージになっています。元旦は過ぎてしまいましたが、
お正月だけではなく、海外へのお土産としてもいいかな、と思いました。
発売は年末だったので、春前くらいまでは美味しくいただけそうですし、
どこかで見かけたら買っておいて損はないと思います!

[関連リンク]
アサヒビール 初仕込みドライプレミアム(公式ページ)
本年収穫した国産素材にこだわった限定醸造のプレミアムビール(ニュースリリース)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 カナダを旅行中に出会ったビールが美味しかったので、ご紹介したいと思います。 それがこちら、Creemore Springs Brewery の PREMIUM LAGERです。 色はアンバー気味ですが、いただいてみるとホップのフローラルな香りを 感じられます。ホップの苦味 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

カナダを旅行中に出会ったビールが美味しかったので、ご紹介したいと思います。
それがこちら、Creemore Springs Brewery の PREMIUM LAGERです。

Creemore Springs Brewery PREMIUM LAGER

色はアンバー気味ですが、いただいてみるとホップのフローラルな香りを
感じられます。ホップの苦味も感じるのですが、その香りから甘さと苦さが
共存している印象で、バランスの取れたビールだと思いました。

Beer Style

スタイルはボヘミアンラガーと書かれていますが、公式サイトによると、
ボヘミアンラガーにインスパイヤされたオリジナルのスタイルじゃないか、と。
フローラルな香りと適度な苦味なので、PUNK IPAを思い出しましたが、
PUNK IPAもとてもユニークなビールですよね。

マイクロブルワリーのラガーってなかなか食指が動きませんが、
このビールは超オススメです。機会があったらぜひ飲んでみてほしいです。

Back Story

今回は残念ながらボトルビールでしたが、これは樽生も飲んでみたいなぁ、と
思いました。できることならブルワリーで飲んでみたいですね!

[関連リンク]
Creemore Springs Brewery(公式サイト)
Creemore Springs Premium Lager(Beeradvocate)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote