どうも、麦酒男です。

銀河高原ビールのエクストラペールエールをいただきました。
パッケージには「シトラホップ100%使用」と書かれており、
大手メーカーのような“一部使用”とは違います、という主張が感じられます。

銀河高原ビール エクストラペールエール

飲んでみると、ホップのフルーティーな香りがありつつも、
ちょっと単調な印象も受けました。このあたりは、ホップの添加のタイミング等、
レシピによるものなのかもしれませんが、シトラの特徴と云われている
柑橘系の香りや苦味がそこまで際立ってはいないなぁ、と。

大手メーカーもホップを前面に出すビールをリリースしている今、
そうではないブルワリーは、ホップの名前だけではない工夫というか、
そのビールにしかない特徴を出してくれないと面白くないなぁ、と
思ってしまいます。もちろん、派手な特徴は無くても、毎日飲みたいビール、
というのはありますし、そういう商品もいいとは思うんですけどね。
このビールに関しては、シトラホップ100%使用と謳った割には
中庸な印象です。あ、でも、これ、工場で飲んだら印象がだいぶ違うのかも?

[関連リンク]
銀河高原ビール(公式サイト)