おつまみ・レシピ

カレーフレークでスピードおつまみ!「ラムのカレーオイル和え」

どうも、麦酒男です。

ハウス食品さんから新商品の「燻しの匠 燻製カレー」というものを
いただきました。こちらはフレーク状のカレー粉なのですが、
それであれば、とおつまみを作ってみました。

ラムのカレーオイル和え


こちらが「燻しの匠 燻製カレー」です。
燻製の香りがついたカレールー(フレーク)とのことですが、
これとは別にレトルトカレーもありました。

ハウス 燻しの匠 燻製カレー

カレールーがフレークになったものって、ちょっとだけでも使えるので、
おつまみを作るのにとても便利なんですよね。
しかもそれにスモーキーな香りがついているのであれば、なおさら!

カレーフレーク

単純にお湯で溶いて、カレーソースにするのなんて時間がかからないので、
いつものおつまみをカレー味に、なんてことも簡単に出来ちゃいます。

カレーソース

カレールーの使い方はご飯やパン、うどんじゃなくてもいいんです!
しかも、フレークなのでソースの濃さも調整できるのがいいところ。
たとえば、半熟卵にカレーソースを垂らすだけでも、一品できちゃいます。

半熟卵にカレーソース

燻製の香りは、最初にそそられるくらいですが徐々に慣れてしまって、
忘れてしまいましたが、それくらいが自然でいいのかも…

ということで、今回作ってみたのはラム肉のカレーソース和えです。
まずはラム肉に胡椒をふって、ジップロックコンテナに入れて…

ラム肉

レンジ(500kw)で3~4分程度、レンジアップします。
そうすると、中まで熱が通って、脂分が溶け出してきますので、
一度、お肉を別のお皿に移し、残ったオイルにカレーフレークを加えて溶かします。

ラムから出た脂分にカレーフレークを投入

カレーフレークを溶かして、ドロドロになってきたら、そこにお肉を戻して
カレーソースと和えます… そうすると、こんな感じ… 一気に美味そうじゃないですか?

カレーオイルに和える

レンジで加熱している間に、パクチーでも刻んでおけばバッチリですね。
和えたお肉を盛り付けて、最後に刻んだパクチーをのせて、完成です!

ラムのカレーオイル和え

約5分で「ラムのカレーオイル和え」の完成です!
カレーの風味、味、脂から来るコク、肉の食感… かなりガッツリ系のおつまみです。
これが5分で出来ちゃうのは、カレーフレークのおかげですね。

カレーフレークを使ったレシピ、いろいろとアレンジできると思いますので、
皆様もぜひ簡単おつまみとして、挑戦してみてはいかがでしょうか?

▼燻製カレー
http://housefoods.jp/products/special/smokedcurry/




  1. HOOTERS TOKYO

    おいしいお店

    HOOTERS TOKYOに行ったので改めてフーターズをオススメしてみる!
  2. 健康診断の驚くべき(?)結果

    ぼくの健康

    尿酸値9.5から3ヶ月で5.8まで下げた方法
  3. 発表! 勝手にビールアワード 2016-2017

    ブロガー・イベント

    発表! 勝手にビールアワード 2016-2017
  4. ビールの価格比較! どこで買うのがお得?

    ビールの知識

    ビールの価格比較! どこで買うのがお得?【2017年6月更新】
  5. 家でもうまいビールを飲むための8つの教え

    ビールの知識

    家でもうまいビールを飲むための8つの教え(2015年版)
PAGE TOP
Translate »