ビールの知識

ビールの価格比較! どこで買うのがお得?

どうも、麦酒男です。

2年前は原油高でビールの値段も少し上がっていたのですが、
あの騒動も落ち着き、ビールの価格も少し戻ったようです。

※2012年版はこちら
ビール、発泡酒、新ジャンルの価格を徹底比較!

日本のビールはオープン価格と表記されていることが多いのですが、
どこで買うのが安いのか、調べてみました。

ケースで買うと安そうなのは分かるのですが、
いろいろなビールを楽しみたい僕的には、
1本ずつの価格で比較してみたいと思います。

比較したのは、近所のスーパーのサミット、通販もやっているカクヤス、
そして、定価と考えられるであろうコンビニです。

銘柄(500ml) スーパー カクヤス コンビニ
 プレミアムモルツ(缶) 298円 310円 337円
 ヱビス(缶) 295円 295円 329円
 ヱビス(瓶) 290円
 スーパードライ(缶) 260円 275円 284円
 スーパードライ(瓶) 263円
 一番搾り(缶) 260円 275円 284円
 一番搾り(瓶) 263円
 ハートランド(瓶) 268円 263円
 各新ジャンル(缶) 160円 170円 197円

500ml ビール 1本の場合、一番安かったのはスーパーでした。
スタンダードなビールの場合、260円が「買い」のラインでしょうか。

割引率にもよりますが、商品によってはカクヤスと差がつくものがありますね。
値段から、カクヤスは瓶のビールを、スーパーは缶のビールを売りたいように見えます。
流通経路、販売方法の違いによるものではないかと思います。

コンビニは定価ですが「○○と一緒に買うと30円引き」というような
キャンペーンを行うこともあるので、そういう場合には、
どこで買うよりもオトクになることもありそうです。

逆に、スーパーやカクヤスでは、売り場の広さを活かして、
「6本パックを買うとグラスがついてくる」というような
オマケ付のキャンペーンが多いように思います。
お目当てのオマケがある場合にはオトク感が増しますね!

ということで、ビールの価格を知って、オトクに買いましょう!
ちなみに、新ジャンルだと500ml 6本パックで900円を切る場合もあり、
ペットボトルのソフトドリンクよりも安かったりして… 驚きですね。
 

▼ビールの価格比較! どこで買うのがお得?【2017年6月更新】
https://draftbeer.jp/knowledge/47846/

  1. ビールの知識

    美味しいビールを飲むためのグラスの洗い方
  2. 健康診断の驚くべき(?)結果

    ぼくの健康

    尿酸値9.5から3ヶ月で5.8まで下げた方法
  3. HOOTERS TOKYO

    おいしいお店

    HOOTERS TOKYOに行ったので改めてフーターズをオススメしてみる!
  4. クラフトビール

    ビールの知識

    クラフトビール初心者だったら、まずはお店で飲んだ方がいいね!
  5. 家でもうまいビールを飲むための8つの教え

    ビールの知識

    家でもうまいビールを飲むための8つの教え(2015年版)
PAGE TOP
Translate »