福岡・中洲川端 とり田 博多本店

おいしいお店

福岡・博多「とり田」の水炊きで贅沢な腹ごしらえ!

どうも、麦酒男です。

福岡&広島に遊びに行ってきました。メインの目的はふたつあったんですが、そのうちのひとつの前に、博多の名物・水炊きで腹ごしらえをしました。博多在住のブロガー・ushigyuさんのオススメで伺ったのは中洲川端にある「とり田 博多本店」です。

中洲川端 とり田 博多本店

こちらの樽生ビールはキリンの一番搾りでした。瓶ではハートランドやサッポロラガーもラインナップされていました。

一番搾り

さて、ビールで喉を潤したら、僕が博多に来たら食べたいもの第一位の「ごまさば」からいただきます。ごまさばはお店によって違うらしいのですが、こちらのごまさば(900円)は、ごまみその主張が強いものでした。

ごまさば(900円)

続いては、自家製辛子明太子(900円)です。

自家製辛子明太子(900円)

辛さはそこまで強くなく、だけど味わいがしっかりとある美味しい明太子でした。この明太子だったら4本くらい食べられそうですが、痛風が怖いので、3キレくらいにしておきました。

本丸は水炊きですが、その前にも鶏肉をいただきました。まずは唐揚げ(850円)。

唐揚げ(850円)

そして、とり天(850円)です。

とり天(850円)

唐揚げはいくつかの部位が来ましたが、やっぱりもも肉が美味しかったです。とり天は胸肉でしょうか。辛子よりも、もう少しジューシーなタレがいいかなぁ。

さて、ここからは水炊き(一人前2,800円)のターンです。まずは、鶏肉が入った鶏のスープの登場です。鍋のお世話はお店の方がやってくれるので、途中までは見ているだけでOKです。

水炊き

ある程度煮たら、スープだけをいただきます。スープはかなり濃厚で人によっては苦手かも… ただ、テーブルには塩やポン酢があるので、それで好みの味付けをすることで印象もマイルドになるかと思います。塩を入れると一気に印象が変わって、グイグイ飲めちゃうスープになりました。

鶏のスープ

鶏肉に火が通ったら、そちらもいただきます。ここまでに口の中が結構「鶏の味」になっているからか、調味料の味や食感を楽しむ感じにはなっていますが、派手さがないところもまたいいんでしょうね。

鶏肉

鍋には野菜を入れて煮込みます。

野菜の出汁

こうなると、野菜の出汁も加わって、スープがさらに美味しくなります。ちなみに、キャベツ・えのき・人参は追加無料とのことです。

全部美味しい!

一通り、お肉も野菜もいただいたら、〆の雑炊です。

雑炊登場

鶏と野菜から出た出汁と旨みが全部詰まった雑炊… そりゃもう美味しいです。ごちそうさまでした!

〆の雑炊

「とり田」は、割り箸やグラスにもお店のマークが入っている、ブランドを感じさせるお店でしたが、お手洗いに行った時に、便座の蓋の裏にもマークが描かれていたのには驚きました。

とり田 博多本店

今回は、腹ごしらえ的にいただきましたが、こちらをメインに考えてもいいと思いますし、ちょっとした接待にも使えそうな素敵なお店でした。

さて、次に向かうは今回の旅の目的のひとつである「HOOTERS福岡」です!

[関連リンク]
とり田 博多本店(食べログ)




  1. ビールの知識

    美味しいビールを飲むためのグラスの洗い方
  2. HOOTERS TOKYO

    おいしいお店

    HOOTERS TOKYOに行ったので改めてフーターズをオススメしてみる!
  3. クラフトビール

    ビールの知識

    クラフトビール初心者だったら、まずはお店で飲んだ方がいいね!
  4. ビールの価格比較! どこで買うのがお得?

    ビールの知識

    ビールの価格比較! どこで買うのがお得?【2017年6月更新】
  5. 健康診断の驚くべき(?)結果

    ぼくの健康

    尿酸値9.5から3ヶ月で5.8まで下げた方法
PAGE TOP
Translate »