博多「大衆酒蔵 友添」

博多「大衆酒蔵 友添」はメニューを見ているだけでも面白い!

どうも、麦酒男です。

博多のハシゴ酒、二軒目は博多駅から5分くらい歩いた場所にある「大衆酒蔵 友添」です。この日は16時過ぎから飲み始めたので、二次会のはずなのにお日様がまだ高かったです。

酒蔵 友添

さて、左手のビルの階段を下に降ると…

大衆酒蔵 友添

大衆酒蔵 友添があります。いろいろなお酒の銘柄が張り出されていて、素敵な酒場感を醸し出しています。

友添大衆酒蔵

お店にはカウンターは無く、ひとりでしたがテーブル席に通されました。奥には座敷もあるようです。

お店の中にもあります。

さて、とりあえずビールをオーダーしたら、お通しと一緒に出てきました。樽生ビールはスーパードライです。

ビールはスーパードライ

大衆酒蔵 友添の個性的なメニュー

お通しをつまみつつ、ビールを飲みつつ、アテを何にしようかメニューを見ますが、このメニュー、いろいろとツッコミどころというか、面白いポイントが多いんです。

お通し

友添は酒屋さんがやっている居酒屋ということで、お酒も多いですし…

お酒もいろいろ

フードも面白いものが多いんですが…

フードメニュー

例えば、こんな常連さんセットなるものがありました。お店の歴史がわかるようでいいですね。今から常連セットに名を連ねることもできるんでしょうか?

常連さんセット

それにしても末永さんセットがすごいです。末永さん=皿うどん、と置き換えてもいいんじゃないかとか、きっとお店の人たちは末永さんを「皿うどんの人」と呼んでいるだろうとか、想像してしまいます。

一億円のメニューもありました。くじら一匹焼きですって。

ジョークメニュー

一頭じゃなくて一匹ってあたり、やや小さめのくじらなのかな、なんてことも思いますが、「無理でしょう」と自分で完結しています。

と思ったら、こちらの二百万円のメニューは本気っぽいです。

こっちはありそう。

まあ、酒屋さんだからあるのかな… ないのかな?

ということで、メニュー(のツッコミ)に時間を取られましたが、おつまみを軽くいただきつつ、飲んでまいります。まずはじゃこニンニク(380円)です。

じゃこニンニク(380円)

じゃことニンニクを炒めたものときゅうりが一緒に出てきました。こういうオリジナルメニューがあるお店、なんだかほっこりしますし、メニューからも感じますが、お酒が本当に好きな人がお店をやってるんだろうなぁ、と思います。

きゅうりに乗せて…

二杯目のビールは瓶ビールです。一軒目に伺った「よかたい」の瓶はサッポロクラシックでしたが、こちらはアサヒビールとキリンビールから選ぶことができました。せっかくなのでキリンビールをオーダーしたところ、来ました、クラシックラガーです。

クラシックラガー

熱処理ビールがあるのもお酒が好きそうな雰囲気を感じますよね。こだわっている人がいる、そんな安心感があります。

さて、続いてのおつまみは、たこぶつ(480円)です。綺麗な色、綺麗なカット、美味しいタコでした。

たこぶつ(480円)

が、ビールと合わせているので、ちょっと味を濃くしたいなと思い、途中から九州の刺し身醤油に漬けてみました。

醤油につけて

こうすることでクラシックラガーがさらに美味しく感じられるようになりました。ビールもおつまみも美味しかった〜!

この日は先が長いので、ここでお暇しましたが、とにかく気になるものがたくさん載っているメニューブックでした。次回は数人で来て、ワイワイいろいろ頼みつつ飲みたいなぁ、と思いました。旅行で福岡に来た時に立ち寄るお店としてもいいんじゃないかと思います。オススメです!

[関連リンク]
友添大衆酒蔵(食べログ)

  1. クラフトビール

    ビールの知識

    クラフトビール初心者だったら、まずはお店で飲んだ方がいいね!
  2. 家でもうまいビールを飲むための8つの教え

    ビールの知識

    家でもうまいビールを飲むための8つの教え(2015年版)
  3. ビールの知識

    美味しいビールを飲むためのグラスの洗い方
  4. ビールの価格比較! どこで買うのがお得?

    ビールの知識

    ビールの価格比較! どこで買うのがお得?【2017年6月更新】
  5. 美人×麦酒 えりさん

    美人×麦酒

    美人×麦酒 えりさん
PAGE TOP
Translate »