台湾 バックスキン ミュンヘンヘレス

ビール批評

台湾 Buckskin Munich Helles

どうも、麦酒男です。

台湾のブルワリー Buckskin(バックスキン)の Munich Helles(ミュンヘン ヘレス)をいただきました。Buckskin は台湾の有名なウイスキーブランド KAVALAN を手がける企業・金車(キングカー)が作ったブルワリーです。ドイツスタイルのビールをいろいろと醸造しているそうですが、今回はヘレスをいただきました。

台湾 Buckskin Munich Helles

いただいてみると、すっきりと淡い印象で、ヘレスらしいヘレスだと思いました。個人的いは、もっとホップの特徴や麦芽の旨味がある方が好みなのですが、雑味や余計な味が無い、綺麗なヘレスだと思いました。

Buckskin はドイツスタイルのビールを醸造しているということで、台北市にあるレストラン「バックスキン・ビアハウス」では10種類以上のビールが飲めるようです。ピルスナー好きとしては、ジャーマンピルスナーやドルトムンダーを飲んでみたいですね。現在、缶で流通しているのはヘレスとヘフェヴァイツェンの2種類ということなので、ピルスナーを飲むには現地に行かねばならないようです。沖縄からだと意外と近いんですが、いつ行けるかな〜。

[関連リンク]
Buckskin Beerhouse 柏克金啤酒餐廳(Facebookページ)




  1. 勝手にビールアワード2017-2018

    ブロガー・イベント

    発表! 勝手にビールアワード 2017-2018
  2. 家でもうまいビールを飲むための8つの教え

    ビールの知識

    家でもうまいビールを飲むための8つの教え(2015年版)
  3. HOOTERS TOKYO

    おいしいお店

    HOOTERS TOKYOに行ったので改めてフーターズをオススメしてみる!
  4. 美人×麦酒 えりさん

    美人×麦酒

    美人×麦酒 えりさん
  5. ビールの知識

    美味しいビールを飲むためのグラスの洗い方
PAGE TOP
Translate »