生ビールブログ

ビールに関するブログです。おいしいお店、ビールの情報、ビアガーデン、ビール美人、つまみレシピ、豆知識…

カテゴリ: ビールの知識

どうも、麦酒男です。 アメリカで2年に1回開催される、ビールのワールドカップ、 「World Beer Cup 2016」が開催されました。 今回は55カ国、1,907 ブルワリー、約6,600銘柄のビールが参加し、 各ビアスタイルでの金賞、銀賞、銅賞を競いました。 前回のワールドビアカッ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカで2年に1回開催される、ビールのワールドカップ、
「World Beer Cup 2016」が開催されました。
今回は55カ国、1,907 ブルワリー、約6,600銘柄のビールが参加し、
各ビアスタイルでの金賞、銀賞、銅賞を競いました。
前回のワールドビアカップが、1,403ブルワリー、4,754銘柄の参加だったので、
今回はかなりの激戦になったであろうことがわかります。

ワールドビアカップ2016

さて、そんな中、日本の9つのビールが受賞するというすごい結果となりました。
ちなみに2014年は3つ(金賞1、銀賞2)だったんですね。競争相手が増える中で
この結果ですからね、日本のビールは美味しいのです!

セッションビール部門 銅賞 伊勢角屋麦酒 ゴールデンドラゴン

ワールドビアカップ2016 受賞した日本ビール



Herb and Spice Beer部門(129 エントリー)
金賞:桜満開ラガー/シャトーカミヤ牛久ブルワリー
Session Beer部門(34 エントリー)
銅賞:ゴールデンドラゴン/伊勢角屋麦酒
Experimental Beer部門(86 エントリー)
金賞: 有馬麦酒JAPAN ALE/小西酒造
銅賞: オイスタースタウト/いわて蔵ビール
Aged Beer部門(40 エントリー)
金賞: ナインテイルドフォックス/那須高原ビール
Light Lager部門(45 エントリー)
銀賞: アサヒ ザ・ドリーム/アサヒビール
British-Style Imperial Stout部門(53 エントリー)
金賞: アークデビルインペリアルスタウト/デビルクラフト
Classic Irish-Style Dry Stout部門(42 エントリー)
金賞: スタウト/箕面ビール
American-Style Strong Pale Ale部門(118 エントリー)
銀賞: IPA 2016/ヤッホーブルーイング

中でも驚きなのが、British-Style Imperial Stout部門で
金賞に輝いたデビルクラフトのビールです。正式に醸造が始まってから
まだそんなに経っていないのに、世界一ですってよ!

あと、2014年のスーパードライの金賞に続き、今回もアサヒビールが
ライトラガー部門で銀賞に輝いています。
大手らしいビールでしっかり狙って獲るってのがすごいです!
(アサヒ ザ・ドリーム、まだ飲んでないけど、飲んでみなくちゃ……)

ライトラガー部門 銀賞 アサヒビール アサヒ ザ・ドリーム

伊勢角屋のゴールデンドラゴンをはじめ、いわて蔵のオイスタースタウトだったり、
那須高原ビールのナインテイルドフォックスだったり、箕面のスタウトは
日本でもファンの多い、間違いのないビールだと思うんですが、
それがちゃんと世界でも認められるのが素晴らしいと思いました。
美味しいビールは日本にある! 世界一のビールを日本で飲める幸せに乾杯!

Winners

ちなみに、2014年の日本からの参加ブルワリーは23でしたが、
今回は43とほぼ倍増していました。また、大手メーカーはアサヒビールの他に、
キリンビール、サッポロビール、オリオンビールもエントリーしていたようです。

World Beer Cup 2016

さて、最後に受賞ビールリストを全部掲載して終わりたいと思います。
96カテゴリーもあるので、スクロールが大変ですが、ビールの多様性を
感じつつ、お楽しみいただければと思います。

WorldBeerCup 2016 Winners List


The World Beer Cup is presented by the Brewers Association.

カテゴリー 1 American-Style Wheat Beer - 28 エントリー
金賞: Whammy Bar Wheat, Amplified Ale Works, San Diego, CA
銀賞: Whacked Out Wheat, Telluride Brewing Co., Telluride, CO
銅賞: Flash Bang, Excel Brewing Co., Breese, IL

カテゴリー 2 American-Style Wheat Beer with Yeast - 39 エントリー
金賞: Fuzztail, Sunriver Brewing, Sunriver, OR
銀賞: Haybag Hefeweizen, Philipsburg Brewing Co., Philipsburg, MT
銅賞: Lost Meridian Wit, Base Camp Brewing Co., Portland, OR

カテゴリー 3 Fruit Beer - 77 エントリー
金賞: Shady Spot, Susquehanna Brewing Co., Pittston, PA
銀賞: Razz Against the Machine, Little Machine, Denver, CO
銅賞: That Guava Beer, Legacy Brewing Co., Oceanside, CA

カテゴリー 4 Fruit Wheat Beer - 46 エントリー
金賞: First Peach Ale, Blue Moon Brewing Co., Golden, CO
銀賞: Mr. Pineapple, SanTan Brewing Co., Chandler, AZ
銅賞: Raspberry Wheat Beer, Meantime Brewing Co., London, United Kingdom

カテゴリー 5 Belgian-Style Fruit Beer - 58 エントリー
金賞: Rosetta, Brewery Ommegang, Cooperstown, NY
銀賞: Coal Kriek, Gravity Brewing, Louisville, CO
銅賞: Sunken City, Insight Brewing Co., Minneapolis, MN

カテゴリー 6 Pumpkin Beer - 25 エントリー
金賞: Pump Action Imperial Pumpkin Ale, 4 Noses Brewing Co., Broomfield, CO
銀賞: Tributary Jacques, Tributary Brewing Co., Kittery, ME
銅賞: Pumpkin Down, Ballast Point Brewing & Spirits - Scripps Ranch, San Diego, CA

カテゴリー 7 Field Beer - 57 エントリー
金賞: Ponce, Quest Brewing Co., Greenville, SC
銀賞: Coconut Delight, Lickinghole Creek Craft Brewery, Goochland, VA
銅賞: Cranberry Beet Wild Night, Swamp Head Brewery, Gainesville, FL

カテゴリー 8 Chili Beer - 58 エントリー
金賞: Yellow Fever, Comrade Brewing Co., Denver, CO
銀賞: Hellcat, Fort George Brewery + Public House, Astoria, OR
銅賞: Thunder Axe, Brew Hub, Lakeland, FL

カテゴリー 9 Herb and Spice Beer - 129 エントリー
金賞: Sakura Mankai Lager, Chateau Kamiya Ushiku Brewery, Ushiku, Japan
銀賞: Squatters Bumper Crop Honey Ale, Squatters Pub Brewery, Salt Lake City, UT
銅賞: Vanilla Bean Buffalo Sweat, Tallgrass Brewing Co., Manhattan, KS

カテゴリー 10 Chocolate Beer - 80 エントリー
金賞: Pasteur Street Cyclo Stout, Pasteur Street Brewing Co., Ho Chi Minh City, Vietnam
銀賞: Airporter Chocolate Porter, Marin Brewing Co., Larkspur, CA
銅賞: Kerplunk! Imperial Chocolate Stout, Spring House Brewing Co., Lancaster, PA

カテゴリー 11 Coffee Beer - 154 エントリー
金賞: Mocha Machine, Beachwood BBQ & Brewing, Long Beach, CA
銀賞: Overload Stout, Iron Hill Brewery & Restaurant - West Chester, West Chester, PA
銅賞: Portola Breakfast Stout, Tustin Brewing Co., Tustin, CA

カテゴリー 12 Specialty Beer - 60 エントリー
金賞: Maple Bacon Coffee Porter, Funky Buddha Brewery, Oakland Park, FL
銀賞: Maple Tripple Ale, Lawson’s Finest Liquids, Warren, VT
銅賞: Nut Smasher, Willoughby Brewing Co., Willoughby, OH

カテゴリー 13 Rye Beer - 54 エントリー
金賞: Rye Dawn, Breakwater Brewing Co., Oceanside, CA
銀賞: Grimlock, Loowit Brewing Co., Vancouver, WA
銅賞: Uncle Dave’s Rye IPA, Discretion Brewing, Soquel, CA

カテゴリー 14 Honey Beer - 55 エントリー
金賞: Honey Chamomile Wheat, Nexus Brewery, Albuquerque, NM
銀賞: Cross-Pollination, Magic Rock Brewing, Huddersfield, United Kingdom
銅賞: Long Sun Brewing Honey Beer, Long Sun Brewing, New Taipei City, Taiwan

カテゴリー 15 Session Beer - 34 エントリー
金賞: Otra Vez, Sierra Nevada Brewing Co., Mills River, NC
銀賞: La Fete, 7venth Sun Brewery, Dunedin, FL
銅賞: Golden Dragon, Ise Kadoya Brewery, Ise, Japan

カテゴリー 16 Session India Pale Ale - 111 エントリー
金賞: Little Secret, Triptych Brewing, Savoy, IL
銀賞: Down to Earth, 21st Amendment Brewery, San Leandro, CA
銅賞: Eternal, Northern Monk Brew Co., Leeds, United Kingdom

カテゴリー 17 Other Strong Beer - 47 エントリー
金賞: Brilliant, 10 Barrel Brewing Co., Bend, OR
銀賞: Laissez-Faire, Monday Night Brewing, Atlanta, GA
銅賞: Winter Woman, Revolution Brewing Brewpub, Chicago, IL

カテゴリー 18 Experimental Beer - 86 エントリー
金賞: Arima Japan Ale, Konishi Brewing Co., Itami, Japan
銀賞: Cerise Mousseux Nouveau, Manitou Brewing Co., Manitou Springs, CO
銅賞: Iwate Kura Beer Oyster Stout, Iwate Kura Beer, Ichinoseki, Japan

カテゴリー 19 Fresh or Wet Hop Ale - 10 エントリー
銀賞: High Ground IPA, Manitou Brewing Co., Manitou Springs, CO
銅賞: Double Conundrum Imperial Red Fresh Hop, Aspen Brewing Co., Aspen, CO

カテゴリー 20 Historical Beer - 27 エントリー
金賞: Archetype Historical IPA, Circle Brewing Co., Austin, TX
銀賞: Great Odin’s Beard Oat Ale, Third Street Aleworks, Santa Rosa, CA
銅賞: Dortmunder Adambier, Blue Pants Brewery, Madison, AL

カテゴリー 21 Gluten-Free Beer - 40 エントリー
金賞: Glutenberg India Pale Ale, Brasseurs Sans Gluten, Montreal, Canada
銀賞: Glutenberg Lapsang d’Automne, Brasseurs Sans Gluten, Montreal, Canada
銅賞: A Dark Night, Departed Soles Brewing Co., Jersey City, NJ

カテゴリー 22 American-Belgo-Style Ale - 61 エントリー
金賞: Snowcat White IPA, Rock Bottom - Chicago, Chicago, IL
銀賞: Tank 7 Farmhouse Ale, Boulevard Brewing Co., Kansas City, MO
銅賞: Salad Days, Pale Fire Brewing Co., Harrisonburg, VA

カテゴリー 23 American-Style Sour Ale - 84 エントリー
金賞: Confliction, Sloop Brewing, Elizaville, NY
銀賞: Ensorcelled, The Rare Barrel, Berkeley, CA
銅賞: DAM Wild - Hops and Lemon Verbena, Flat Tail Brewing Co., Corvallis, OR

カテゴリー 24 Brett Beer - 70 エントリー
金賞: Blushing Star, Liquid Riot Bottling Co., Portland, ME
銀賞: Sauvage, NOLA Brewing, New Orleans, LA
銅賞: La Bonte Pear, Wicked Weed Brewing, Asheville, NC

カテゴリー 25 Wood- and Barrel-Aged Beer - 66 エントリー
金賞: Bourbon Barrel Aged Koffi Porter, La Quinta Brewing Co., Palm Desert, CA
銀賞: Rye Robustito, Drake’s Brewing Co., San Leandro, CA
銅賞: Wild Warehouse, Wander Brewing, Bellingham, WA

カテゴリー 26 Wood- and Barrel-Aged Strong Beer - 151 エントリー
金賞: Bourbon Barrel Aged Jinx Remover, Fall Brewing Co., San Diego, CA
銀賞: Omega Point, Olde Hickory Brewery Co., Hickory, NC
銅賞: Samuel Adams Utopias, Boston Beer Co., Boston, MA

カテゴリー 27 Wood- and Barrel-Aged Strong Stout - 152 エントリー
金賞: A Night to End All Dawns, Kane Brewing, Ocean, NJ
銀賞: Darkstar November, Bottle Logic Brewing, Anaheim, CA
銅賞: Ruse, Hardywood Park Craft Brewery, Richmond, VA

カテゴリー 28 Wood- and Barrel-Aged Sour Beer - 115 エントリー
金賞: Love Among the Ruins, Thornbridge, Bakewell, United Kingdom
銀賞: Days of Creation, Thornbridge, Bakewell, United Kingdom
銅賞: Bramble On Rose, Toolbox Brewing Co., Vista, CA

カテゴリー 29 Aged Beer - 40 エントリー
金賞: Nine-Tailed Fox, Nasu Kohgen Beer Co., Nasumachi, Japan
銀賞: Solzhenitsyn, Iron Hill Brewery & Restaurant - Media, Media, PA
銅賞: 2012 Dr. Strangelove Barleywine, Strange Craft Beer Co., Denver, CO

カテゴリー 30 Kellerbier or Zwickelbier - 69 エントリー
金賞: Baumgartner Junghopfenpils, Brauerei Jos. Baumgartner, Schaerding, Austria
銀賞: Ulmer Hexensud, Familienbrauerei Bauhoefer, Renchen, Germany
銅賞: Pilsner, Marble Brewery, Albuquerque, NM

カテゴリー 31 Smoke Beer - 79 エントリー
金賞: Ashes from the Grave, Monkey Paw Brewing, San Diego, CA
銀賞: Breakside Smoked Porter, Breakside Brewery - Pub Brewery, Portland, OR
銅賞: Raucher, Wolverine State Brewing Co., Ann Arbor, MI

カテゴリー 32 Light Lager - 45 エントリー
金賞: Miller Lite, Miller Brewing Co., Milwaukee, WI
銀賞: Asahi The Dream, Asahi Breweries, Tokyo, Japan
銅賞: Landshark, Margaritaville Brewing Co., Wildwood, MO

カテゴリー 33 International-Style Lager - 103 エントリー
金賞: BEER, La Cumbre Brewing Co., Albuquerque, NM
銀賞: Amend This!, TAPS Fish House & Brewery - Brea, Brea, CA
銅賞: Wonderstuff, Bauhaus Brew Labs, Minneapolis, MN

カテゴリー 34 Baltic-Style Porter - 44 エントリー
金賞: Apogee Baltic Porter, Morgan Territory Brewing, Tracy, CA
銀賞: Cobaltic Porter, Bottle Logic Brewing, Anaheim, CA
銅賞: Black Aria Baltic Porter, Mountain Sun Breweries, Denver, CO

カテゴリー 35 German-Style Pilsener - 108 エントリー
金賞: Trumer Pils, Trumer Brauerei, Berkeley, CA
銀賞: Pilsner, Dry Dock Brewing Co. - South Dock, Aurora, CO
銅賞: Saalfelder Premium, Buergerliches Brauhaus Saalfeld, Saalfeld, Germany

カテゴリー 36 Bohemian-Style Pilsener - 65 エントリー
金賞: Duchovni, Medusa Brewing Co., Hudson, MA
銀賞: High Plains Pils, Canteen Brewhouse, Albuquerque, NM
銅賞: Pilsner, River Rat Brewery, Columbia, SC

カテゴリー 37 Muenchner-Style Helles - 76 エントリー
金賞: Loewenbraeu Original, Loewenbraeu, Muenchen, Germany
銀賞: Aktien Hell, ABK Betriebsgesellschaft der Aktienbrauerei Kaufbeuren, Kaufbeuren, Germany
銅賞: Beach Blonde, Crystal Lake Brewing Co., Crystal Lake, IL

カテゴリー 38 Dortmunder/Export or German-Style Oktoberfest - 52 エントリー
金賞: Festbier, Muellerbraeu, Pfaffenhofen, Germany
銀賞: Tauras Tradicinis, Kalnapilio-Tauro Grupe, Panevezys, Lithuania
銅賞: Eder’s Export, Eder & Heylands Brauerei, Grossostheim, Germany

カテゴリー 39 Vienna-Style Lager - 57 エントリー
金賞: Dock Time, Stony Creek Brewery, Branford, CT
銀賞: Firebrick, August Schell Brewing Co., New Ulm, MN
銅賞: Puesta del Sol, WeldWerks Brewing Co., Greeley, CO

カテゴリー 40 German-Style Maerzen - 34 エントリー
金賞: Hissy Fit Marzen Lager, Bitter Sisters Brewing Co., Addison, TX
銀賞: Rhinofest, Lost Rhino Brewing Co., Ashburn, VA
銅賞: Ur-Saalfelder, Buergerliches Brauhaus Saalfeld, Saalfeld, Germany

カテゴリー 41 European-Style Dark/Muenchner Dunkel - 56 エントリー
金賞: I Dunkled in My Pants, Figueroa Mountain Brewing Co. - Arroyo Grande, Santa Barbara, CA
銀賞: Mother in Lager, Karbach Brewing Co., Houston, TX
銅賞: Yee-Haw Dunkel, Yee-Haw Brewing, Johnson City, TN

カテゴリー 42 German-Style Schwarzbier - 51 エントリー
金賞: Schwartz Bier, Devils Backbone Brewing Co. - Outpost, Lexington, VA
銀賞: Magnetron Schwarzbier, Metropolitan Brewing, Chicago, IL
銅賞: TAPS Schwarzbier, TAPS Fish House & Brewery - Brea, Brea, CA

カテゴリー 43 German-Style Bock or Maibock - 75 エントリー
金賞: Maibock, Stoudts Brewing Co., Adamstown, PA
銀賞: Pivo Bublina, Ploughshare Brewing Co., Lincoln, NE
銅賞: Engel Bock Dunkel, Biermanufaktur ENGEL, Crailsheim, Germany

カテゴリー 44 German-Style Doppelbock or Eisbock - 53 エントリー
金賞: Lucubrator, Occidental Brewing Co., Portland, OR
銀賞: Warning Sign, Rockyard Brewing Co., Castle Rock, CO
銅賞: ATOR 20, Brauerei S. Riegele, Augsburg, Germany

カテゴリー 45 American-Style Lager - 82 エントリー
金賞: Rainier Lager, Pabst Brewing Co., Los Angeles, CA
銀賞: High Life, Miller Brewing Co., Milwaukee, WI
銅賞: Rocket 100, The Austin Beer Garden Brewing Co., Austin, TX

カテゴリー 46 American-Style Amber Lager - 59 エントリー
金賞: Steam Engine Lager, Steamworks Brewing Co., Durango, CO
銀賞: Ringside Red, Boxing Cat Brewery, Shanghai, China
銅賞: Holsteiner, Argus Brewery, Chicago, IL

カテゴリー 47 American-Style Dark Lager - 29 エントリー
金賞: Jump Seat Black Lager, Lancaster Brewing Co., Lancaster, PA
銀賞: El Moreno, TAPS Fish House & Brewery - Brea, Brea, CA
銅賞: Saint Patrick’s Black, Saint Patrick’s Brewing Co., Littleton, CO

カテゴリー 48 Australian- or International-Style Pale Ale - 84 エントリー
金賞: Triumvirate, Reuben’s Brews, Seattle, WA
銀賞: Breakside Lunch Break ISA, Breakside Brewery, Milwaukie, OR
銅賞: Bosque IPA, Bosque Brewing Co., Albuquerque, NM

カテゴリー 49 German-Style Koelsch - 75 エントリー
金賞: Claritas, Mike Hess Brewing Co. - North Park, San Diego, CA
銀賞: Feder Monde, All Rise Brewing Co., Chicago, IL
銅賞: Straub Kolsch, Straub Brewery, St. Marys, PA

カテゴリー 50 German-Style Altbier - 56 エントリー
金賞: 90 Shilling, Odell Brewing Co., Fort Collins, CO
銀賞: Little Red Cap, Grimm Brothers Brewhouse, Loveland, CO
銅賞: Breakside Will’s Alt, Breakside Brewery - Pub Brewery, Portland, OR

カテゴリー 51 German-Style Sour Ale - 78 エントリー
金賞: Volkssekt, Bend Brewing Co., Bend, OR
銀賞: Gosebusters, Noble Ale Works, Anaheim, CA
銅賞: Original Ritterguts Gose, Ritterguts Gose, Borna, Germany

カテゴリー 52 South German-Style Hefeweizen - 100 エントリー
金賞: Weihenstephaner Hefeweissbier, Bayerische Staatsbrauerei Weihenstephan, Freising, Germany
銀賞: Premier OB Weizen, Oriental Brewery Co., Icheon-si, South Korea
銅賞: Baumgartner Weisse Hell, Brauerei Jos. Baumgartner, Schaerding, Austria

カテゴリー 53 German-Style Wheat Ale - 62 エントリー
金賞: Franziskaner Weissbier Royal, Spaten-Franziskaner-Braeu, Muenchen, Germany
銀賞: Weihenstephaner Kristallweissbier, Bayerische Staatsbrauerei Weihenstephan, Freising, Germany
銅賞: Plank Original Hefeweizen, Brauerei Michael Plank, Laaber, Germany

カテゴリー 54 South German-Style Weizenbock - 33 エントリー
金賞: Ladenburger Weizenbock Hell, Brauerei Ladenburger, Neuler, Germany
銀賞: Plank Heller Weizenbock, Brauerei Michael Plank, Laaber, Germany
銅賞: Plank Dunkler Weizenbock, Brauerei Michael Plank, Laaber, Germany

カテゴリー 55 Belgian-Style Witbier - 78 エントリー
金賞: Hoegaarden Wit, Hoegaarden Brewery, Inbev Belgium, Hoegaarden, Belgium
銀賞: Gentleman’s Wit, Camden Town Brewery, London, United Kingdom
銅賞: Plum Island White, Newburyport Brewing Co., Newburyport, MA

カテゴリー 56 French & Belgian-Style Saison - 116 エントリー
金賞: Classic Saison, Blackberry Farm Brewery, Walland, TN
銀賞: La Saison du Tracteur, Microbrasserie Le Trou Du Diable, Shawinigan, Canada
銅賞: Soleil Saison, 12Degree Brewing, Louisville, CO

カテゴリー 57 Belgian- and French-Style Ale - 42 エントリー
金賞: Barrel Aged Woodthrush, Little Fish Brewing Co., Athens, OH
銀賞: Farnam House Biere de Garde, Farnam House Brewing Co., Omaha, NE
銅賞: Domaine DuPage, Two Brothers Brewing Co., Warrenville, IL

カテゴリー 58 Belgian-Style Pale Ale or Blonde Ale - 60 エントリー
金賞: La Trappe Trappist Blond, Bierbrouwerij de Koningshoeven, Berkel-Enschot, Netherlands
銀賞: Raise the Roost, Portland Brewing, Portland, OR
銅賞: Golden Ghost, Lost Highway Brewing, Denver, CO

カテゴリー 59 Belgian-Style Sour Ale - 46 エントリー
金賞: Oude Geuze Boon Black Label, Brouwerij Boon, Lembeek, Belgium
銀賞: Lindemans Oude Kriek Cuvee Rene, Lindemans Brewery, Vlezenbeek, Belgium
銅賞: Red Angel, Wicked Weed - Funkatorium, Asheville, NC

カテゴリー 60 Belgian-Style Flanders Oud Bruin or Oud Red Ale - 36 エントリー
金賞: Yearling, Eagle Rock Brewery, Los Angeles, CA
銀賞: Oude Tart, Bruery Terreux, Placentia, CA
銅賞: 2014 Vintage Blue Sunday, New Holland Brewing Co., Holland, MI

カテゴリー 61 Belgian-Style Dubbel or Quadrupel - 73 エントリー
金賞: Sanitarium, Bier Brewery and Taproom, Indianapolis, IN
銀賞: Hertog Jan Dubbel, Hertog Jan Brouwerij, Arcen, Netherlands
銅賞: Three Philosophers, Brewery Ommegang, Cooperstown, NY

カテゴリー 62 Belgian-Style Tripel - 76 エントリー
金賞: Bedotter, Iron Hill Brewery & Restaurant - Lancaster, Lancaster, PA
銀賞: 33 Acres of Euphoria, 33 Acres Brewing Co., Vancouver, Canada
銅賞: Gnomegang, Brewery Ommegang, Cooperstown, NY

カテゴリー 63 Belgian-Style Pale Strong Ale - 48 エントリー
金賞: Treachery, 12Degree Brewing, Louisville, CO
銀賞: Sanctuary Golden Strong Ale, Gemini Beer Co., Westminster, CO
銅賞: Deceit, Funkwerks, Fort Collins, CO

カテゴリー 64 Belgian-Style Dark Strong Ale - 37 エントリー
金賞: The Sixth Glass, Boulevard Brewing Co., Kansas City, MO
銀賞: Four Swords, Deep Ellum Brewing Co., Dallas, TX
銅賞: La Grivoise de Noel, Microbrasserie Le Trou Du Diable, Shawinigan, Canada

カテゴリー 65 Other Belgian-Style Ale - 43 エントリー
金賞: Supernatural, Crooked Run Brewing, Leesburg, VA
銀賞: Chump Change, Oak Highlands Brewery, Dallas, TX
銅賞: Sugarfoot Belgian Table Beer, Spangalang Brewery, Denver, CO

カテゴリー 66 English-Style Mild Ale - 38 エントリー
金賞: Song In Your Heart, Discretion Brewing, Soquel, CA
銀賞: Triple Crown Brown, The Mitten Brewing Co., Grand Rapids, MI
銅賞: Brockwell, Heist Brewery, Charlotte, NC

カテゴリー 67 English-Style Summer Ale - 30 エントリー
金賞: James Squires The Swindler Summer Ale, West End Brewery, Thebarton, Australia
銀賞: Pacific Ale, Stone & Wood Brewing Co., Byron Bay, Australia
銅賞: True Blonde Ale, SKA Brewing Co., Durango, CO

カテゴリー 68 Ordinary or Special Bitter - 36 エントリー
金賞: Amber, Dry Dock Brewing Co. - North Dock, Aurora, CO
銀賞: Sawtooth Ale, Left Hand Brewing Co., Longmont, CO
銅賞: Broken Dial, Harviestoun, Alva, United Kingdom

カテゴリー 69 Classic English-Style Pale Ale - 33 エントリー
金賞: Caldera Ashland Amber, Caldera Brewing Co., Ashland, OR
銀賞: Puddlers Row ESB, Conshohocken Brewing Co., Conshohocken, PA
銅賞: Breakside ESB, Breakside Brewery - Pub Brewery, Portland, OR

カテゴリー 70 Extra Special Bitter - 68 エントリー
金賞: ESB, Bier Brewery and Taproom, Indianapolis, IN
銀賞: End of Summer Beer, Mother Earth Brew Co., Vista, CA
銅賞: Old Jalopy Pale Ale, Powell Street Craft Brewery, Vancouver, Canada

カテゴリー 71 English-Style India Pale Ale - 41 エントリー
金賞: Independence Pass Ale, Aspen Brewing Co., Aspen, CO
銀賞: Punjabi Pale Ale, CooperSmith’s Pub & Brewing, Fort Collins, CO
銅賞: Big Wave Bay IPA, Hong Kong Beer Co., Chai Wan, Hong Kong

カテゴリー 72 Scottish-Style Ale - 41 エントリー
金賞: Kilt Lifter, Four Peaks Brewing Co. - Wilson Street, Tempe, AZ
銀賞: Druthers 80 Shilling, Druthers Brewing Co., Albany, NY
銅賞: Maltopia Scotch Ale, Hermitage Brewing Co., San Jose, CA

カテゴリー 73 English-Style Brown Ale - 50 エントリー
金賞: Boar Brown, Pig Pounder Brewery, Greensboro, NC
銀賞: Sweet George’s Brown, Dillon Dam Brewery, Dillon, CO
銅賞: Brewers Special Brown Ale, New English Brewing Co., San Diego, CA

カテゴリー 74 Brown Porter - 66 エントリー
金賞: Capella Porter, Ecliptic Brewing, Portland, OR
銀賞: Polygamy Nitro Porter, Utah Brewers Cooperative, Salt Lake City, UT
銅賞: Blue Nose Brown, Red Leg Brewing Co., Colorado Springs, CO

カテゴリー 75 Robust Porter - 92 エントリー
金賞: P.M. Porter, BJ’s Restaurant & Brewery - West Covina, West Covina, CA
銀賞: Gaspar’s Porter, Florida Beer Co., Cape Canaveral, FL
銅賞: Stranger than Fiction Porter, Collective Arts Brewing, Hamilton, Canada

カテゴリー 76 Sweet Stout or Cream Stout - 63 エントリー
金賞: Chocolate Milk Stout, Boxing Bear Brewing Co., Albuquerque, NM
銀賞: Buried at Sea, Galway Bay Brewery, Galway, Ireland
銅賞: Udder Love, Beachwood BBQ & Brewing, Long Beach, CA

カテゴリー 77 Oatmeal Stout - 67 エントリー
金賞: Scaredy Cat, Vintage Brewing Co., Madison, WI
銀賞: Stumblers Stout, Columbia River Brewing Co., Portland, OR
銅賞: Sasquatch Shadow, Elk Horn Brewery, Eugene, OR

カテゴリー 78 Scotch Ale - 70 エントリー
金賞: Clan Warrior Scotch Ale, Odyssey Beerwerks, Arvada, CO
銀賞: AleSmith Wee Heavy, AleSmith Brewing Co., San Diego, CA
銅賞: Glasgow Butcher, Crooked Ewe Brewery & Ale House, South Bend, IN

カテゴリー 79 British-Style Imperial Stout - 53 エントリー
金賞: Arch Devil Imperial Stout, DevilCraft, Shinagawa-ku, Japan
銀賞: Russian Imperial Stout, Iron Hill Brewery & Restaurant - Media, Media, PA
銅賞: Corvo Negro, Novo Brazil Brewing Co., Chula Vista, CA

カテゴリー 80 Old Ale or Strong Ale - 55 エントリー
金賞: Ninja Pirate, Black Lotus Brewing Co., Clawson, MI
銀賞: Heini’s Good Cheer, Roundabout Brewery, Pittsburgh, PA
銅賞: Irish Walker, Olde Hickory Brewery Co., Hickory, NC

カテゴリー 81 Barley Wine-Style Ale - 71 エントリー
金賞: 2013 10&2 Barleywine, Fifty West Brewing Co., Cincinnati, OH
銀賞: Old Bounder, Boundary Bay Brewery, Bellingham, WA
銅賞: Stormwatcher’s Winterfest, Pelican Brewing Co. - Pacific City, Pacific City, OR

カテゴリー 82 Irish-Style Red Ale - 66 エントリー
金賞: Reilly’s Red, Devils Backbone Brewing Co. - Outpost, Lexington, VA
銀賞: Piper Down, Ballast Point Brewing & Spirits, San Diego, CA
銅賞: Red Molly, Pale Fire Brewing Co., Harrisonburg, VA

カテゴリー 83 Classic Irish-Style Dry Stout - 42 エントリー
金賞: Minoh Beer STOUT, A·J·I Beer, Minoh, Japan
銀賞: Irish Stout, Carver Brewing Co., Durango, CO
銅賞: O’Connor’s Dry Irish Stout, O’Connor Brewing Co., Norfolk, VA

カテゴリー 84 Export Stout - 52 エントリー
金賞: Fade to Black, Volume 1, Left Hand Brewing Co., Longmont, CO
銀賞: Spetsnaz, The Grumpy Troll Brewpub, Mount Horeb, WI
銅賞: Dirty Frank Stout, River’s Edge Brewing Co., Milford, MI

カテゴリー 85 Golden or Blonde Ale - 82 エントリー
金賞: Power & Light Pale, Independence Brewing, Austin, TX
銀賞: Squatters Chasing Tail Golden Ale, Squatters Pub Brewery, Salt Lake City, UT
銅賞: German Blonde, Bemidji Brewing Co., Bemidji, MN

カテゴリー 86 American-Style Pale Ale - 167 エントリー
金賞: Pistol River Pale, Arch Rock Brewing Co., Gold Beach, OR
銀賞: Pale Ale, North High Brewing, Columbus, OH
銅賞: Knotty Pine Pale Ale, Lumberyard Brewing Co., Flagstaff, AZ

カテゴリー 87 American-Style Strong Pale Ale - 118 エントリー
金賞: Lucky Day, Central Coast Brewing Co., San Luis Obispo, CA
銀賞: IPA 2016, Yo-Ho Brewing Co., Saku, Japan
銅賞: Paladin, Wicks Brewing Co., Riverside, CA

カテゴリー 88 American-Style India Pale Ale - 275 エントリー
金賞: I Love It!, Noble Ale Works, Anaheim, CA
銀賞: IPA, Great North Aleworks, Manchester, NH
銅賞: Santilli, Night Shift Brewing, Everett, MA

カテゴリー 89 Imperial India Pale Ale - 181 エントリー
金賞: Hop JuJu Imperial IPA, Fat Head’s Brewery - Middleburg Heights, Middleburg Heights, OH
銀賞: Trebuchet, Second Street Brewery, Santa Fe, NM
銅賞: Nobility, Noble Ale Works, Anaheim, CA

カテゴリー 90 American-Style Amber/Red Ale - 96 エントリー
金賞: Epiphany Red Ale, Iron Springs Pub & Brewery, Fairfax, CA
銀賞: Sabre-Toothed Squirrel, Smog City Brewing Co., Torrance, CA
銅賞: Beast of Bray Road, Second Salem Brewing Co., Whitewater, WI

カテゴリー 91 Double Red Ale - 51 エントリー
金賞: Summit Sunrise, Denver Beer Co. - Canworks, Denver, CO
銀賞: Valentinus IPA, Iron Hill Brewery & Restaurant - Wilmington, Wilmington, DE
銅賞: Toaster Pastry, 21st Amendment Brewery, San Leandro, CA

カテゴリー 92 Imperial Red Ale - 37 エントリー
金賞: Blood Junkie, Three Weavers Brewing Co., Inglewood, CA
銀賞: December Nights Imperial Red, Thorn Street Brewery, San Diego, CA
銅賞: Wreak Havoc, Bootstrap Brewing, Niwot, CO

カテゴリー 93 American-Style Brown Ale - 81 エントリー
金賞: Granola Brown Ale, Black Hog Brewing, Oxford, CT
銀賞: Open Road Brown Ale, Troubled Monk Brewery, Red Deer, Canada
銅賞: Upslope Brown Ale, Upslope Brewing Co. - Flatiron Park, Boulder, CO

カテゴリー 94 American-Style Black Ale - 67 エントリー
金賞: Turmoil, Barley Brown’s Brew Pub, Baker City, OR
銀賞: Carlton, Melvin Brewing - Jackson, Jackson, WY
銅賞: Midnight Moonlight, Fat Head’s Brewery - Middleburg Heights, Middleburg Heights, OH

カテゴリー 95 American-Style Stout - 51 エントリー
金賞: The Defender, Haymarket Pub & Brewery, Chicago, IL
銀賞: Kilgore, Beachwood BBQ & Brewing, Long Beach, CA
銅賞: P2P, 10 Barrel Brewing Co. - Boise, Boise, ID

カテゴリー 96 American-Style Imperial Stout - 62 エントリー
金賞: Blot Out the Sun, Three Floyds Brewing Co., Munster, IN
銀賞: HoliDAVE, Artifex Brewing Co., San Clemente, CA
銅賞: Happy Ending, SweetWater Brewing Co., Atlanta, GA

受賞したビール関係者の皆様、おめでとうございました!!

[関連リンク]
World Beer Cup(公式サイト)

どうも、麦酒男です。 グラスにビールを注いだ時、グラスの内側に気泡が付いちゃうことが ありませんか? たとえばこんな感じです↓↓ これはグラスについた汚れや油、埃によるもので、 意図せずにガスが抜けるし、ビールの泡自体も粗くなって、 ビールが美味しくなくな ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

グラスにビールを注いだ時、グラスの内側に気泡が付いちゃうことが
ありませんか? たとえばこんな感じです↓↓

気泡ビール

これはグラスについた汚れや油、埃によるもので、
意図せずにガスが抜けるし、ビールの泡自体も粗くなって、
ビールが美味しくなくなってしまう要因になります。

青島ビール

ビアバーに行って、こんな状態でビールが出てきたら、
そのビアバーは信用ならない、と云っても過言ではありません。

綺麗なグラス

さて、お店だったら仕方がないですが、家のグラスは
自分でどうにかできるので、今回は気泡のつかないグラスの洗い方を
書いてみたいと思います。(ただし、食洗機は除く…)

まず用意するのは、普通の食器を洗うスポンジです。
よくビールグラス専用のスポンジを使う、という人もいますが、
正直、それは必要ないと思います。他のものと一緒でOKです。
ただし、古くなったスポンジは換えた方がいいですよね。
二人暮らしのうちの場合、ひと月に1回くらいスポンジを換えています。

スポンジ

まず、グラスを軽く水で流したら、スポンジに洗剤をつけて泡立てます。
結論から言えば、この泡が大事なので、しっかりと泡立てましょう。

泡立てて

あとはたくさんの泡でやさしく洗っていけばOKです。

たくさんの泡で

中は泡を回すように柔らかく…

中は柔らかく

口をつける部分は油が残ることも多いので、ちょっと強めに洗います。

淵は強めに

グラス全体に泡が行きわたったと思ったら、水でしっかりと流します。淵は丁寧に。

あとはしっかり流して…

次もポイントです。グラスは逆さにして自然乾燥させます。
この時、グラスの口を塞いでしまうと水滴がグラスの中に残ってしまうので、
写真のようにグラスを塞がないように乾燥させるのがいいです。

自然乾燥

洗った後の水切りの棚ですが、うちではこんなの使ってます。
見ているとピンきりありますが、リーズナブルなこれで十分だと思います。



ちなみに、洗ったグラスですぐにビールが飲みたいという場合には、
できるだけ冷たい水でグラスを流して、軽く振って水を落としたグラスがいいです。
グラスの内側を布や紙で拭いてしまうと、その繊維が残って気泡の元になるので注意が必要です。

泡もこまやか

ということで、洗剤を使ってたくさんの泡で洗う → 自然乾燥、という流れで
自宅でも気泡のつかない綺麗なグラスが用意できます。
家のビールはどうもグラスの内側に気泡がついちゃうなぁ、っ方は
ぜひ洗い方から変えてみてはいかがでしょうか?

[関連リンク]
家でもうまいビールを飲むための8つの教え(生ビールブログ)

どうも、麦酒男です。 年末年始、いろいろなお酒を飲むことが多かったですし、 毎日のように二日酔いでした… 反省はしてません。 さて、いろいろなお酒を飲むと(通称・ちゃんぽん)悪酔いしたり、 二日酔いになりやすい、なんて言われていますが、どうしてでしょうか? ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

年末年始、いろいろなお酒を飲むことが多かったですし、
毎日のように二日酔いでした… 反省はしてません。
さて、いろいろなお酒を飲むと(通称・ちゃんぽん)悪酔いしたり、
二日酔いになりやすい、なんて言われていますが、どうしてでしょうか?

泥酔男

一般的には…



ちゃんぽんすると何杯も飲むので、全体的な酒量が増えているから
というのが一般的に説明されている理由だと思います。お酒の種類が変わることで
飲み口が変わり、どのお酒も1杯目のテンションで飲んじゃう、とかね。

僕の考えは違います



ただし僕の考えは違っていて、お酒の得意不得意が原因ではないかと思っています。
もちろん、睡眠時間などによる体調はあると思いますが、それ以外でね。

いろいろなお酒がありますが、お酒の種類によって相性ってありませんか?
例えば僕の場合、テキーラや焼酎は、翌日に残りにくいですが、
日本酒やワインは2杯以上飲んだ場合、かなりの確率で次の日に残ります。
(まあ、テキーラとワインでは飲む量が違いますけどね…)

いろいろなお酒

つまり、人それぞれに(体質によって)、処理が得意なお酒、不得意なお酒が
あるんじゃないかと思っています。
僕の場合は…
テキーラ>焼酎>泡盛>ビール>ウイスキー>ワイン>日本酒
みたいな感じでしょうか。日本酒は大好きですが、
二合も飲めば、次の日に残ることを覚悟しなければなりません。
(チェイサーをしっかり飲んでいても、なんですよねぇ…)

得意×不得意=不得意



得意なお酒のちゃんぽんであれば、そこまで影響はないんじゃないかと
考えています。ちゃんぽんはだいたいの場合、いろいろなお酒を飲むわけで、
その中に不得意なものが入っていると、カラダ的にはそれがボトルネックになって、
処理が遅れてしまうのではないかと思うんですよね。
僕にとっては、それが日本酒であり、ワインであり…

日本酒 二世古

何がいけないのか…?


そのお酒が不得意な理由は、その人の体質によって違うと思います。
果実のお酒がダメなのか、醸造酒がダメなのか、炭酸がダメなのか…
それは個人個人で違うと思うので、注意して飲むことが大切なのかな、と思います。
例えば、苦手なお酒、もしくは組み合わせが分かったら、それを避けて
ちゃんぽんでいろいろなお酒を楽しめるわけですからね。

まずはお酒と自分と向き合おう



無理をして飲む必要はありませんが、機会があればお酒を組み合わせて飲んでみて、
どういう飲み方が自分に合わないのか、検証してみるのもいいかもしれません。
お花見のシーズンともなれば、みんなでお酒を持ち寄っての宴会で
いろいろなお酒を飲むことになるかもしれないですし…
気になる方は、忘新年会の疲れが取れたら、お早めに!

あ、大事なことを書き忘れていました。上記は僕の実感に基づくことで
医学的、科学的根拠は今のところ、全くありませんので悪しからず。
Have a nice beer!

[関連リンク]
二日酔いを防止する7つの対策(生ビールブログ)


どうも、麦酒男です。 僕が本格的にビールに興味を持ち始めて約2年、 2002年に行ったインタビューを再編集、2回に分けて掲載します。 (13年前、ビールの伝道師へのインタビュー その1) ビールに関することって、まだまだ勘違いが多そうで、 おいしく飲むための知識はま ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

僕が本格的にビールに興味を持ち始めて約2年、
2002年に行ったインタビューを再編集、2回に分けて掲載します。
(13年前、ビールの伝道師へのインタビュー その1)

ビールに関することって、まだまだ勘違いが多そうで、
おいしく飲むための知識はまだまだ深められそうです。
ということで、ビールの伝道師・佐藤さんへのインタビュー後編です。

ビールの伝道師 佐藤清一さん インタビュー





































































































































































タカバシ 先日はじめて知ったんですけど、同じサッポロ黒ラベルでも、その時々で、全部同じものができてるわけじゃないっていう… コーラとかどうかわからないんですけど、消費者は「いっつも同じ味!」というふうに、思っていると思うんです。ビールもそう思っていたんですよ、いつも同じ味って。消費者としては、出来がいいとか出来が悪いっていうことはないと思っていたんですけど、それが実はあるもんで、ちょっとずつ調整をしていたり。例えば、ホップの量を変えたりとか、産地を変えたりとか、調整しているというのは…
佐藤さん いや~、今のちょっと違うんですよ。ちょっと違うという意味は、今、言われたことは間違っているんじゃなくて… たとえばワインは、その年の葡萄の出来によって、味がちがいますね。ビールは一切、原料の出来によって… 大手のビールは、原料の違いがあっても出来上がったビールは必ずいつもと同じにするというのが至上命令。品質至上命令なんですよ。技術者が、必死になって考察し、ビールの品質の維持・向上に努めているわけですよ。年間格差がないようにね。もっというと、日間格差も、月間格差も、年間格差もない。とにかく格差がない、すなわち品質のバラツキが少ないビールが、一番大事なんですよ。
タカバシ かなり苦労をされるものですか?
佐藤さん それはものすごく苦労します。ただ、そうはいってもですね、意識的に微調整することはあります。例えば、わかりやすくいうと味の表現方法のひとつとして「コク」と「キレ」って言葉がありますよね。ある時は、コク・旨味を重視する造り方。他方ではキレ、軽い感じの造り方。たとえば、某社の某銘柄が、変わることがあるわけです。意識的に変えていることがあるわけですよ。逆に、方針があって、絶対に格差をなくしたい時は、徹底的にやっています。製造原料を含めてね。でも、基本的に少し、年によって変えていきます。軽いものをもってきたり、濃いものをもってきたり。でも、一番のポイントは、いわゆるビールの鮮度なんですよ。
タカバシ ええ、それもねぇ、全然気づかなかったんですけど。
佐藤さん それが、一番のポイントなんです。これだけは技術者もどうにもならないところです。
タカバシ そうですね。
佐藤さん 時間を含めてね。で、さっき言ったピルスナーウルケルもレーベンブロイも、製造年月日が大切だと思ったんですけど… 経時変化影響が大きいんですよね。時間を経ることによって品質が変わるということなんですが… ですから、新しいものはおいしい!という事は言えるんですね、ビールの場合は。
タカバシ はい。
佐藤さん 日本酒もそうなんです。ビールは、センティシブ、デリケートだから、新鮮なのがおいしいんです。新しければ新しいほどいいと、徹底してるんですね。で、日本酒も基本的に同じなんですよ。でもなぜか、日本酒業界は造るほうも売るほうもあまり言わないんですよ。
タカバシ 新しい方がおいしいということをですか?
佐藤さん 皆さんは頭の中では知っているけれど、あまり言わないように思います、おいしいって。なぜかっていうのは、追及しませんけどね。ビールはね、みんながね、ビールを造る人も、売る人も、工場の人も、一般の女性従業員まで、事務員までもね。ビールは新しい方がおいしい!って言うんです。工場見学者を含めて、いろんなところで、徹底してやってるわけですよ。日本酒も違わないんだけど、あまり言わない。ごく限られたほんの少ししか言わない。それがね、ビールと日本酒の違いがあるような、気がするんですよね。
タカバシ 日本酒も、僕は全然知らなかったので、お話を聞くまでは、結構、一升瓶の中で、熟成されたりするのかなぁ~、ぐらいのことを思ってました。
佐藤さん ビールは経時変化が大きいんですけど、日本酒も経時変化が大きいんですね。
タカバシ 逆に徐々においしくなるのかな、ぐらいに思ってました。
佐藤さん いかにできあがったビールをおいしく飲んでもらうか? という努力はね、業界を含めて、まだ不十分なんですよ。ビールも日本酒も。
タカバシ そうですね。基本的に今、日本で流通しているのは、ほとんど生ビールだ、っていうのことをわかっている人がほんとに少ないな、って。
佐藤さん その辺からはじまりますよね。飲んではいるんだけどね~。よく知らないでビールを飲んでいる人が多いといえるかもしれません。
タカバシ 瓶と生、どちらにしますか? 両方とも生なんだけどなぁ、っていうのが多いですよね。
佐藤さん まったくその通りですよね。実際には瓶と樽の生よりは缶ビール、これも生なんですが、この消費比率が増えています。
タカバシ お店で飲むのは生ビールで、缶とか瓶で売っているのは生じゃないって、僕も思ってたんで…
佐藤さん ただね、基本的に、最近はもう、樽も缶も瓶も、中身同じなんだけど、ひとつ、違いの可能性があるのは、鮮度ですよ。樽の方が、飲み屋とかビヤホールとか、鮮度がいいですよね。瓶とか缶とかのほうが、樽に比べるとちょっと鮮度が落ちますかね。おいしい、おいしくないにつながる可能性があるわけですよね。
タカバシ おいしく飲める缶ビールですが… 缶のうしろに書いてありますよね。何ヶ月ぐらいまで、おいしく飲めるっていうのは…
佐藤さん 敢えて言わせて頂くと、だいたいひと月以内が理想的です。3ヶ月以上過ぎたビールは、避けたほうがいいかもしれませんね
タカバシ 探してみると、1ヶ月で買えるビールっていうのは、まわりのコンビニエンスストアでも結構なくて。
佐藤さん 買えない事が多いですね。昔はね、どんながんばっても、造ってから飲めるまで、工場を出て、卸屋さん入って、卸屋さんから小売りに行って、小売り屋さんから、飲めるまで、ひと月ぐらいかかってたんですが、今はね、早ければ一週間から二週間くらいでいいんじゃないですかね。だから、ひと月ぐらいでも飲めるんですけど。まぁ3ヶ月ぐらいまでがおいしく飲めるんです。
タカバシ 鮮度っていうのは、ビールを飲む方は気にしていないと思うんですよね。まだそこまで…
佐藤さん そうですね。業界の営業の人は、随分とみなさん、気をつけて呼びかけるんですけど、なかなか徹底しませんね。
タカバシ あと泡! 泡を立てたほうがいいって事を僕は知らなかった。こんなに泡ばっかりつけやがって、って今までは思ってたんですが、泡があった方がいいんだっていう…
佐藤さん ビールには大事なことが二つあります。上手に注ぐとおいしく飲めるという話は先ほど出ましたね。実際においしく飲めるということで、現象面の事実として、それを皆さんひとりひとりがわかる。それは、飲んで確認できるということです。僕は技術屋だから、理由が気になるわけですね。それでわかってきたことは、もともと泡っていうのは、蓋の役目もしていてね、ビールの酸化を防ぐとか、泡のガスの抜けるのを防ぐとかっていうのがあるんですよ。そこがね、化学屋だし、醗酵屋だから、まぁあたりまえだと、っていうことだったんだけど、認識がちょっと不足していましたね。ビヤホールの場合、せいぜい注がれてから飲むまで、3分から5分でしょ。経時変化としての3分から5分の時間は、泡が立っても立たなくても、あんまり影響ないと思っていたんだけど、そうではなかったんですね。3分から5分の間でも、きめ細かないい泡があるかないかで、酸化とかガス抜けとか温度上昇とか、ものすごい影響があるんですね。それがはっきりわかったわけですよ。だからね、当初、泡は大変重要であることを造る立場でばっかり考えていたんだけど、おいしく飲むことを考えると、いっそう泡が大切だ、ということがハッキリしてきたんですね。その次にね、きめ細かな泡と粗い泡の話になってくるんだけど、なぜ、きめ細かい泡と粗い泡が出来るのか、というところで、注ぎ方によって違ってくるわけです。まぁ、瓶、缶、樽などの容器にも関係してくるんですけどね。結局、ビールには炭酸ガスがあるわけですね。炭酸ガスの量っていうのは、1リットル中、約5グラム入っているわけですよ。0.5%重量ですね。炭酸ガスの抜き方によって、泡が違ってくるんですよ。で、一般的にガスの抜き方は10%から20%ぐらい、あるいは、25%ぐらいまでの抜き方であれば、きめ細かい泡ができやすいんですね。3割ぐらいになると、だいたい粗い泡になってくる、ということがわかってきました。それがひとつと… 炭酸ガスの含有量が多い方が、苦味を強く感じるということなんですよ。意外とこれを知っている人は少ないかもしれません。技術屋の中でも知らない人が多いのかもしれない。で、これをいうとね、優秀な技術屋の中には、変な顔をする人もいるんですよ。要するにね、ビールはもともと、ガスが多めに入っているんですよ。缶詰め、瓶詰め、樽を含めてね。注ぐ前と注いだ後で、ガスが抜けて炭酸ガス減りますね。それによってビールの味が変わると、その味でも特に舌で感じる苦味が変わるんです。で、ガスが抜けた方が、ガスが少ない方が、苦味を弱く感じる。これを指摘する人は少ない。非常に少ないといえます。
タカバシ ちょっと話がずれるんですけど… 今の発泡酒とかって、結構うまく注いだつもりでも、泡が粗いんですよ。あれはどうしてなんですかね。
佐藤さん 実際の現象面からはビールと差はないと思いますが、理屈としては、ガスが少し抜けやすいからかもしれません。
タカバシ 発泡酒はガスが抜けやすい、というのは?
佐藤さん その話をするとむずかしくなりますが、要するに、麦芽の使用率が少ない、麦芽の使用量が少ない分、泡の成分が少ないんですよ。
タカバシ なるほど。
佐藤さん 泡の成分が少ないって事は、炭酸ガスの保持力が少ないんです。一番の例は、サイダー、シャンペンとビールの違いがわかりやすいです。シャンペン、サイダーっていうのは、すぐにガスが抜けますよね。ビールは、抜けづらいですね。それは、よくいうんだけど、マッチに火をつけてグラスの上に持っていってみてください。まず消えないから。サイダー、シャンペンは、マッチを持っていきますと、消えてしまいます。ということは、ガスの保持力、ガスを逃がさない力が強いって、泡持ちに関係するわけですよね。その点、ビールと発泡酒は少し違う可能性があるかもしれないだけです。ビール会社各社は、お互いに、泡持ちがよくなるようにがんばっていますが、これはどうしても、微妙な差といえるかもしれません。
タカバシ なるほど。
佐藤さん だから、麦芽の使用率が高くなってくると、その変化として一般的には泡持ちがよくなってきますね。
タカバシ 最近、その発泡酒がいっぱい出ているじゃないですか。ビールはスタンダードな存在でいつもの銘柄があって、発泡酒はどんどん棚が変わるっていう感じがするんですけど… あの動きっていうのは、どうご覧になっていますか?
佐藤さん 僕はね、発泡酒はね、もう、市民権を得たと思うんですよ。と申しますのは、昨年、平成13年度も30%越えているんですね、このデフレ下で。ビール全体の3割が発泡酒なんですよ。だから、発泡酒としてでなく、ビールとしてね。ただ、発泡酒というのは、安いだけでおいしくないと考えるのはとんでもない話でね。麦芽使用率は少ないんだけど、その割にビール各社が必死になって造っているんですよ。ビールと全く同じとは言えませんけども、限りなく近づいてきています。値段を考慮すると、僕は、ビールとして扱っていいと思います。ただね、マスコミをみると、税金を取るなとか、その辺の論点が違うんですよ。品質とか、おいしく飲むものとか、そういう話が全部飛んでいるんですよね。ああいう情報を気にかけずに、値段と品質を考えれば、僕は、まさしく発泡酒はビールだと思います。現に欧米、アメリカもそうでしょ。日本の発泡酒みたいなビールもかなり多いんです。アメリカのビールは、発泡性穀物飲料といわれるくらいコーンスターチの使用量が多いんだから。ヨーロッパでも、例えばベルギーにもあります。ドイツだけ例外ですね。副原料を使わずに、大麦だけ使えっていうね。っていうのは、それは16世紀のビール純粋令っていうのがあるんだけど… あれも特にドイツだけの現象でしてね。もうあれは確かに大麦だけ使ってビールを造るという、品質の向上にはなっているんだけど。なぜかっていうとビールを造るときには、大麦だけ使えっていって、裏を返せば小麦を使うなということなんですが… 当時、小麦がビールに使われると、パンを作る為の小麦が不足するんでね、特に穀物不作の時にはね、やむを得ずそうしていた。消費者保護ですよね、パンが食べれるように。使い方さえ良ければ、副原料を使うのは、むしろ当たり前なんですよ。しかも日本人は、割と淡泊な味が好きですから。発泡酒はちょっと麦芽が少なめなんだけど、品質さえ良ければ、おいしければね、ビールでいいと思ってます。












































































タカバシ 僕、佐藤さんの本を読んでおもしろかったのが、ビール飲んだ後、ラーメンが食べたくなるのはどうしてか、とか。そういう話題でビールに興味を持つ人も多いんじゃないかな、って。
佐藤さん そうかもしれないですね。ああいうビールの事を何でも知っている人は少ないんですよね。あれも京都大学の先生の言われたことなんだけど、なんでビールやお酒を飲んだ後に、ラーメン食べたくなるかなんてわかんなかったんですよね。ラーメンに限らず、お酒を飲んだ後に甘いものを食べたくなるという人間の生理面からも正常でして、そういう人もいるんですよ、むしろ多いんじゃないでしょうか。僕自身がそうでした。かつてはお酒を飲んだ後に甘いものを食べていると先輩・上司に怒られましたけどね。僕はたまたま親父が甘いもん好きだったから、酒飲みながらね、親父の遺伝かと思ってさ、先輩に怒られても、しょうがないなぁと思って、おとなしくしていたんですよ。
タカバシ ただ、アルコール摂った後の炭水化物は太ります。
佐藤さん 問題はそこなんですよ(笑)。ビールに限らず、お酒はエネルギー源としてすごくカロリーがあるわけで、さらに甘いものを食べてカロリー摂るとカロリーオーバーで太るんですよね。麺類もお茶漬けも甘いものの仲間なんです。
タカバシ それで失敗するんですよね。ちょっと話題は変わりますが、お酒の失敗ってありますか?
佐藤さん いやぁ、しましたよ、私自身は今もまだ変わってませんよ。ただ、昔はですね。酒を飲むと本音を言いますよね、割とね。翌日「おまえは酔ってこう言った、こう言った」と言われる。やっぱりまわりにいる先輩上司が言うんですね。で、言われた時に「そうか、私は言ったか。言ったからには、う~ん、責任とる!」と。「しまった!!」という事もよくあるんだけどね。でも、それはまぁ一生懸命努力すると、上も下もまわりも理解してくれますね。今は「そういう失敗すると許さない!」っていう雰囲気がある。
タカバシ あ~、そうかもしれません。
佐藤さん それが最近ちょっと気にかかっていますね。僕は今言ったように「失敗した」と思ってもね、意地があるからね、失敗したと思ってもね、良い意味で自分の我を通す、日常生活とか仕事の面でね、なんとしても言った責任をとるために、次々とがんばる。するとまわりがなんとか理解をしてくれるんで、意外と最後は許してくれたと。甘えるわけではないんだけどね。今はそれと違うところがある。だから結局本音を言えなくなっちゃったんですよ。
タカバシ 佐藤先生の世代からみて、今の例えば10代、20代ぐらいまでってどう映りますか? 自分の若い頃と比べて…
佐藤さん 基本は同じでしょう。ただ、正論とか言いたいことがなかなか言えなくなってきている。これは言わない方にも責任があるけど、言わせないというムードもあって、こちらにも責任はある、という議論もありますね。僕らの場合は、若者のヤングパワーでやってきたというか。それに対してね、まわりも理解してやろうという気持ちがありましたね。酒の席を含めてね。だから「今日の酒の席で言ってやろう」とか「酔っぱらったら言ってやろう」とかさ、そういうチャンスがあったわけですよ。古い殻を破ろうという、チャンスが幾つかあったから。上にもそういう理解者もいたし、そういうムードもあったからできたんですよ。今はそれもないでしょう。昔はそういうことして偉くなる人がいっぱいいたんですよ。
タカバシ 先生のお話を聞いてて思ったんですけど、例えばあれですね、植木等のお気楽な…
佐藤さん サラリーマン?
タカバシ サラリーマンの世代、ですか。その時って?
佐藤さん そうですね。しかしサラリーマンは決して気楽であるとは言えませんよ。
タカバシ あの時って、プラスの勘定しかしない感じ? マイナスがいくらあってもいいから、プラスがあればとりあえず業績を認めてくれるような… 今ってプラスは置いといて、マイナスだけで計算されちゃうような感じがする。
佐藤さん それはね、今いったことは正しいと思いますよ。あの頃はね、高度成長だから何やっても何でもプラスになることが多かった。株でもそうだ。なんでもうまくいったんです。全体の株が上昇傾向であれば、誰が何をやっても絶対儲かったり、うまくいったんです。
タカバシ うまくいってしまう…
佐藤さん そんな時はみんなうまくいってしまうんです。そうすると上に立った人ほど、偉くなった人ほど、自分がやったと思う、錯覚なんですよ。いなくてもいいのに、そういう人たちは。いなくても、むしろいない方がもっとうまくいったかもしれないというのは言い過ぎかもしれませんけど。でも、これだけやったっていう、非常に間違った認識をもっている人がいるわけです。成功体験って本来良いものでしょ。ただ今になって、成功体験が悪い方に行っている事が多い。つまり、高度成長時代に何でもうまくいったから、うまくいったのは、自分のおかげだと思っている、偉くなった人ほど。これは、問題が多いですね。
























佐藤さん 銀座7丁目の海老原さんがやっているような上手なビールの注ぎ方を、そういうビヤホールがもっと増えてほしいんですよ。そうすると…
タカバシ 悪いところが淘汰されますかね。
佐藤さん そう、おいしくないところがなくなってね、いつでもおいしく飲める、そうなってほしい。いつでもおいしく飲めるビアホールがいっぱいあれば、必ず全体でビールの消費が増えて、一人一人が飲む量も増えるし、個人も国もよくなるし、楽しくおいしく飲んで、至福の時間も過ごせる時間も増える、おいしいと思うんですがね。ビール会社もわかってないところがあるんですよ。僕が本を書いたのは、あれは… ビール業界用に書いた、といえるかもしれません(笑)
タカバシ 今まで、お話を聞いていると、ビールっていうのはまだまだ発展途上ですね。
佐藤さん そうですよ、発展途上です。まだまだいけますよ。美味しさを追求し、楽しいことをわかっていただいて、美味しく飲んでもらって三位一体。造る方と注ぐ、飲む方で、三位一体でかなりおいしく飲める。結局ね、最後に一番大事なことは… ビールを注ぐパートは、ビヤホールではお店の人ですが、家庭では自分なんですよ。だからこそ、おいしく注ぐこと、これを忘れなければね、もっともっと美味しく飲んでいただいて、皆さんが、ビールっておいしいんだなって、もっと飲もうかなって事で日常生活がもっと楽しくなるし、消費量も増えるし、いいなと思うんですね。それが私のビール観。今もそうなんだけど、これからもそうなんですが、持論なんです。そのための伝道師を続けようと思っています。





13年前のインタビュー、時の流れはそんなに感じずに読めたのでは
無いかと思いますがいかがでしょうか?
当時、「ビールは至福飲料」という佐藤さんの言葉にとても感銘を受けました。
難しくするものではなく、とにかく楽しく飲めるお酒がビールであり、
そのための活動を僕も続けて行こうと、今回改めて思いました。
高度成長期の日本のお話も面白かったなぁ…



どうも、麦酒男です。 僕が本格的にビールに興味を持ったのは2000年くらい、 今から15年前のことでした。まずはビールの本を読んでみたのですが、 当時、その作者の方にインタビューをさせていただくことができました。 そのインタビューを最近になって読んでみて、 今でも ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

僕が本格的にビールに興味を持ったのは2000年くらい、
今から15年前のことでした。まずはビールの本を読んでみたのですが、
当時、その作者の方にインタビューをさせていただくことができました。
そのインタビューを最近になって読んでみて、
今でも面白かったのと、今でも通じるお話が多かったので、
2回に分けてこのブログで掲載させていただきます。

2002年、両国でビールを飲みながら行われたもので、
サッポロビールで工場長をされたことのある
ビールの伝道師・佐藤清一さんへのインタビューです。

ビールの伝道師 佐藤清一さん インタビュー




































































































































タカバシ もともと僕がビールを勉強しようと思ったのは、数年前なんです。コーヒーブームみたいのがあって、その時はコーヒーをうまく入れることができると女の子にもてるんじゃないかって感じだったんですけど、個人的に次はビールじゃないかなぁ、と。それで佐藤さんの本『のどがほしがるビールの本』に出会って「是非、お話させていただきたいな」と思った事から今に至ります。佐藤さんがビールに関わるようになったのは、いつからなんですか?
佐藤さん 元々、僕は技術屋です。大学で農芸化学を専攻していたんですけど、自分の大学時代に学んだ事が無駄にならないというところでビール会社を選んだんですね。それから工場勤務でビール造り専門でしたね。で、工場で造ってる時にも工場見学者が来られるんですね。そこで、おいしいビールの飲み方というお話をするんですけど、おいしいビールの飲み方っていうのは、グラスの洗い方から始まるんですね。洗い方があって、注ぎ方があって、飲み方があって… 最初の頃は、ただ自分は造る方だったのであまり熱心にそっちを極めようとは思わなかったんですが、10年程前に九州の工場に勤めていた時に「限りなくビールをおいしく飲む会」というグループが北九州市の門司区にある工場に来られまして、「ビールは注ぎ方によって、まずいビールもうまくなる」って言うわけですよ。これがね、カチンときて…。僕らはビールを一生懸命造っていて、出来たてのビールが一番うまいんだと信じてやまない。まずいビールが注ぎ方でおいしくなるなんてのは、僕に言わせると非常におかしいんです。ただね、それはまあ、よく考えると「ビールは注ぎ方次第でおいしくもなるし、まずくもなる」と解釈すればいいんですよ。
タカバシ 「まずい」というのが余計なだけで、ビールは注ぎ方によってうまくなるって事ですね。
佐藤さん そうそう。「限りなくビールをおいしく飲む会」のメンバーの方は東京の方だったので「東京に転勤になったらまた会いましょう」なんて事で、後に東京で会いまして…。一緒にビールを飲んでいて、体でそれを感じたんですね。元々、「限りなくビールをおいしく飲む会」の皆さんは、東京駅・八重洲口の“灘コロンビア”というところでビールを飲んでいたんです。そこには新井さんという注ぎ手の名人がいたんですよ。ビールを注ぎながら、どんどん泡をそぎ落として、きめ細かい泡だけ残してビールを注ぐんです。ところがね、それをやるとビールのロスが、非常に多いんですね。しかし泡が本当に綺麗な泡で、マッチ棒が立つんですね。そういうようなところで飲んでいた皆さんだから、注ぎ手によって味が変わることを知っていたんですね。“灘コロンビア”の新井さんが亡くなって、銀座7丁目の海老原さんのビールを飲む会に変わってきたんですよ。銀座7丁目のビヤホールには、注ぎ手が1組3人いるんですが、注ぎ手によってビールの味がみんな違うといっても過言ではない。味は、海老原さんのビールが絶対おいしいといわれていたわけですよ。それでなんとなく、だんだんわかってきまして…。そのうちに、本社で僕は「ビール製造本部」というところで、はじめは、「ビール工場建設委員会」という仕事をやっていたんですけど、その時、だんだんビールが上向きから、横ばいというか…
タカバシ 売れ行きがですか?
佐藤さん そうです、売れ行きがね。それで、これは新しいビール工場をつくるというよりは、むしろ、工場全体のあり方を見つめ直さなきゃなと、ということで、その後、ずっとそういう仕事をしていたのですが、たまたま平成6年に恵比寿ガーデンプレイスができあがったんですね。その時に恵比寿麦酒記念館というのができて、館長になれ!といわれたんですが兼務でして… 通常の仕事をしながら兼務しろって事を言われて… その時に、いろいろマスコミの皆さんと、付き合う機会が増えたんですね。やっぱりラジオとかテレビとか、原稿依頼とかね… 申し込まれた時に準備を含め、今までの知見・経験を資料としてまとめてみる気になって… 特に、ビールは注ぎ方によって味は変わりますよ、ということがはっきりしていましたし、その話を中心に始めたわけです。もうひとつ大事なことは、ビヤホールでは海老原さんははじめ、上手に注がれたビールがおいしいんですけど、でも、普段ビヤホールに行かなければ、缶ビールが多いんですよ。缶ビールは、直接缶から飲んだ場合と、注いで飲んだ場合とえらく味が違うわけですね。恵比寿麦酒記念館に来てから、皆さんにいろいろと、こういう話をしてみると皆さん興味を持たれまして、だいたい7〜8割の方は味の差がわかるんですね
タカバシ それはすごいですね!
佐藤さん たとえば、缶から直接飲んだほうがいい!と言う人は、ほぼゼロですね。それまでは消費者の方は、ビールの味がわからんと言われていたのですが、僕はそうは思わないんですよ。消費者の方は、ビールの味がわかっているんです。
タカバシ それは生産する人の中で、消費者はわからないと言われているのですか?
佐藤さん なぜ一般消費者の方がビールの味がわからないと言われているかというと… 工場などでビールの銘柄当てをする事があるんですよ。一般の方はビールの銘柄当てをやっても当たらない。だからわからん!という非常に短絡的なんです。ところが、ビールの銘柄当てって… 同じ利き酒でも、ビールの銘柄当ては利き酒の中でも一番むずかしい技術が必要なんですよ。専門家でもね、ビールの銘柄当てをやっても、なかなか当てるのが難しいことがある。一般の方はなかなかわからないですよ。ただ、缶ビールから飲んだ場合と注いだ場合では、明らかに味が違うことは、ほとんどの人がわかるわけですよ。特に女性と若い男性が。もう一つね、これ非常に申し訳ないんだけど、中高年の人で「俺はビールに詳しい」っていう人ほど、あやしいんですよ。
タカバシ (笑)
佐藤さん なぜかっていうとね、結局、そういう人たちは頭で飲んでいるんです、イメージで飲んでるわけですよ。自分の舌で飲んで、確かめていないんですね。このへんもだんだんわかってきたわけです。案外、消費者の皆さんは、しっかりと味を識別されているんではないかと。そういう時に気づいたのが、まずビール新製品発売の問題。新製品を出しますでしょ。かつてはキリンさんを含め、ビールの新製品をいっぱいつくったことがある。そのうえ、やっぱりね、特に女性はねぇ、新製品を飲むんですね。飲んでいつものビールとは違うっていうことに気がつく。定番ビールっていうと、サッポロだったら黒ラベル、アサヒはスーパードライ。キリンはラガー、サントリーはモルツ。これらの定番ビールと比べると、新製品は違うっていう人が、結構いるんですよ。6割か7割の人は、違うんじゃないかなって思っている。特に女性はね、自分で飲んでみて確かめて、違うんじゃないかなって。でも、若い人を除く男性の皆さんは違うんですよ。ひどいのになると、ラベルだけ違って、中身は同じだという人が結構多いんですね。男性の方の中にはね。
タカバシ …ちゃんと識別できてないんですね。
佐藤さん だんだん、僕はね、中高年の男性の方々に、不信感を持ちはじめまして…。僕はビールの伝道師みたいな感じでね、ボランティアみたいな、おいしい飲み方を広めていこうという気になりました、その辺りから。まずは楽しい事が一番はじめで… ほんと、楽しいことが! 話も飲み方もそうでしょ。利き酒ではないんだから、ということだよね。まぁ、おいしい飲み方を… 本当においしいビールの飲み方を、皆さんに知ってもらいたいという気持ちでね、今でもいます。
タカバシ 僕の中で“佐藤清一語録”っていうのがあるんですけど…(笑)
佐藤さん 語録ね。(笑)
タカバシ ビールは至福飲料だ」っていうのが…
佐藤さん あっ、そうそう。
タカバシ あれは佐藤先生の言葉ですか?
佐藤さん えっ、あれはね、オリジナルではないんだけど… まぁ、私のオリジナルに近い形になってますね(笑) 結局ね、僕はずーっと長い間、ビールを造ってきましたけど… 皆さんにおいしい飲み方を提供していくビールの定義みたいなものがあったんです。ひとつは「ビールは止渇飲料である」と。止渇飲料というのは、喉の渇きを止めるっていう「止渇」ですね。他は「致酔飲料」、酔いに至る、酔うためのもの。かたや喉の渇きをいやすためのもの。で、今の話を聞くと、どうかと思うわけね。それで調べていくうちに、ビールは決して止渇飲料ではないと思いまして… 違うんですよ、むしろ逆なんですよ、ビールは。利尿作用があって、どんどん尿として排出しますから、水分補給にならないわけですね。基本的に正しいとは言えないんですよ、止渇飲料っていうのは。今まで、我々が信じて、正しいと思っていたことが、正しくないよということで、大変なことになったわけです。次に、酔いの問題は大事で、文化の問題。飲酒文化が絡んでくるんですけれど。なぜ、ビールは酔わなければいけないのか? つい、酔いを求めるんですよ。私も昔はそうでしたが… それは日本酒のこれまでの伝統的なお酒の飲み方からきてると思うんですよ。ここからが重要になってきますよ。日本人は歴史的にみても、もともと酔うために日本酒を飲んでいたのね、なんでも。ハレの日、すなわち慶弔など、お祝いでも、悲しいことでも、なんでも酒飲んで酔っぱらう。そういうルーツ、飲酒文化のようなものがあるというのがわかってきて、日本人の日本酒による飲酒文化、お酒を呑んで酔っている飲酒文化、っていうのがビールにも伝わってきているんではないかとね。それで、ビールを飲んでも酔わなきゃだめ!というのはどうかと思うようになってきています。
タカバシ なるほど。確かにせっかく飲んだんだから酔わないと、っていうのはあります。
佐藤さん 酔わなきゃ納得しないんだね、みんな。私もあったんだけどね(笑) それは「どうもあやしい」と調べているうちに。それじゃあ、酒は酔うために飲むんではなくて、何の為に飲むのか? それは日常生活を楽しむ為ですよ! おいしく、ビールとか全般にお酒ね、おいしく飲んで、楽しんで、至福の時間を過ごす、しかもゆったりとね、というのが本来のビールの飲み方ではないかなというのが、私の今のところの結論なんですね。それは今でもずっと変わってませんね。
タカバシ もともとビールは学生の頃からお好きだったんですか?
佐藤さん いや、僕はね、学生の頃はビールは全然飲まなかったんですよ。当時ビールは高級品でしたからね。ただね、何となく、お酒そのものは、嫌いじゃなかったですけどね。だから、ビール会社に入ったのも、大学時代に学んだ事というのもあったけれど、ビールに限らずお酒は好きだったから、酒の会社に就職することは迷わなかったですね。
タカバシ 一番お好きなのは、お酒はやはりビールですか?
佐藤さん ビールです。私、ビール教室をあちこちでやっていますけれども、ビール教室に集まられる方は、皆さん、ビールが好きな方なんですね。ビールに興味があってね、「ビールのお店をしてみたい」という方もいらっしゃって、楽しいんですけども… だんだん、話していくうちにわかるのは「俺はビールだけ、私はビールだけが好きだ、他は飲まないっ!」という人は、まずいませんね。ビールは好きだけど、他のお酒も好きだ、という人が多いんですよ。それが、一般的なような気がするんですよ。私の場合は、ビールが一番好きなんですけど、その次になにが好きかと言ったら日本酒なんですね。お酒には、醸造酒と蒸留酒があって、醸造酒というのは、ビールとワインと日本酒などですよね。蒸留酒というのは、ブランデー、ウイスキーとか焼酎などですけど… まぁ、醸造酒の方がいいってことですかね。ただ、ワインまでいきますとね、そりゃあ、もう広がりすぎてしまうんで… ますはビール、その次が日本酒、一応ね。手をつけすぎずにワイン、というところでしょうか…(笑)
タカバシ 今まで、銘柄でいうと何種類ぐらいのビールを飲んだか、数えた事があります?
佐藤さん いやぁ…
タカバシ 逆に多分、飲んだことのないビールを数えたほうが、早いですよね?
佐藤さん いやぁ… あの、まぁ、世界には銘柄として、1万とか2万とかいわれてますね。ベルギーだけでも、700から800ぐらいの銘柄があるわけですよね。海外に行って、極力飲むようにしているんだけど。そうですね~、どのくらい飲んでるんでしょうねぇ~。200~300じゃないですか? そんなもんだと思いますよ。結局ね、いろんな国に行って飲んでても、どうしてもね… ちょっと問題あるんだけど、有名銘柄しか飲まないんですよ、日本人の悪い癖かもしれないんですけどね。ですから案外ね、数が少ないかもしれない。ただ、同じ銘柄を何回も、繰り返して飲んでますね。
タカバシ なるほど。じゃあ、そこで味の違いがわかる…
佐藤さん わかる、わかる。ですから、同じ銘柄… 例えば、チェコのピルスナーウルケルという、有名なビールありますね。私は、ピルゼンで飲んだことはないんですよね~、チェコでは飲んだことがあります。また日本では何回も飲んでます。非常に美味しい時と、そんなに美味しくないと感じる時がある。現地で飲むと、なんでもおいしいんです、はっきりいって! 現地は、その場で造って、そこで飲むからね、現地ではおいしい! 日本で飲むとね、おいしくない事があるんですよ。レーベンブロイというビールは南ドイツのビールで、ホップが効いてコクがあって旨味があっておいしいです。最近意外に、軽い淡泊なアメリカンタイプに近くなってきている感じるものもありましたね。ところが、こないだ飲んだ缶ビールのレーベンブロイは、ものすごくおいしかったんですね~。ああいうこともあるんですよね。ですから、ひとつの同じ銘柄も飲んでいくと、すごくおいしい時とちがう時がありますね。海外のビールって、そういうことがあるんですよ。ただし、日本のビールはこのような味のバラツキは非常に少ないのが特徴です。





























































タカバシ 中世のヨーロッパの話なんですけど。みんな自家製でビールを造っていたという話を伺ったんですけど…
佐藤さん そうですね、はい。ただし、それはビール歴史上では、12世紀後半から16世紀にかけての一時期ですね。
タカバシ 中世ヨーロッパの女性は、お嫁さんにいくときの条件として、ビール造り、今でいうと… おいしい料理を作れるとか、あるじゃないですか。
佐藤さん そうそう、おっしゃるとおり。上手なビール造りは嫁入り条件の一つになっていたと言われています。
タカバシ それは、ビール好きにしてはおもしろい基準というか… しあわせだなぁ~っていう。
佐藤さん そういう生活を楽しむ為の、今言った食事と同じですよ。と同時に、醸造権という権利は、市民のものだっていう意識があるわけですね。一部の会社とか、国の管理に入ってなくて、俺達のもんだ、っていう感覚、家のもんだっていう意識ですね。それに基づいたビールの造り方、ビールの飲み方があるという。日本では、そういうものが全くないので。
タカバシ こうなると、止渇飲料とか、到酔飲料とかというよりは…
佐藤さん 日常生活の為ですよ。栄養補給の為、生活を楽しむ為、至福飲料ですよね、この頃から。私はそう思います。
タカバシ ビールに対する誤解っていうのは、日本人は結構あると思うんですよね。
佐藤さん いや~、よく日本人は知識は豊富だと言われるけれどね、非常に偏った知識が多すぎますね。特にビールに関してはね。だから私は、ビールの伝道師になろうと思っているんだけど。
タカバシ 例えば、冷たいビールがおいしいって言う。夏とかもう、キンキンに冷えたビールがいいっていう… それも違うんだっていうのも、はじめて聞いたんですよ。
佐藤さん そうなんですよね~。それはですね、飲み頃・食べ頃の温度というのがありましてね。この温度が一番おいしく飲める、おいしく食べれるという温度があるんですよ。そうすると、だいたいビールの場合は、それが6℃から8℃ぐらいですよね。ですから、それは決まっているのではなく、こうだって決まっているのではなく、おいしいからなんですね。ところが、5℃から3℃以下になるとおいしさを感じなくなる。ただ冷たいだけで、旨味とかおいしさをぜんぜん感じなくなる。そうすると、6℃から8℃で飲んだ場合と、3℃から5℃で飲んだ場合と、さっきの缶ビールで注いだ場合とそうでない場合で、しっかり差がでましてね、7割から8割がた… 「俺は絶対これだ!」という人は別ですよ。だいたい比較しまして、みんな6℃から8℃の方がおいしいといいますね。
タカバシ 日本酒で考えたら、そんな冷やしすぎてもおいしくないだろうとは思うんですよ。でも、ビールは凍る直前がおいしんだ、みたいなところがあるじゃないですか。
佐藤さん それはみんな、頭で飲んでいるからですね。今でもビヤホールでね、冷えてないって怒るお客さんが時々いるそうですよ。それは間違いなのね。間違いが多いですね、ビールの場合。



インタビュー その2に続きます。



どうも、麦酒男です。 日本のビールはほとんどが生ビールです!と言い切って6年が経ちました。 最近もそれが変わることなく、ほとんどが生ビールだと思っていました。 が、しかし! 最近、ローソンでビールを買ってきたのですが、 その中に生ビールは少ないという事実に気 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

日本のビールはほとんどが生ビールです!と言い切って6年が経ちました。
最近もそれが変わることなく、ほとんどが生ビールだと思っていました。

が、しかし! 最近、ローソンでビールを買ってきたのですが、
その中に生ビールは少ないという事実に気が付きました。

さて、下の写真のビールの中で生ビールじゃないものが
どれかお分かりになりますでしょうか?

生ビールはどれだ?

そもそも生ビールというのは、非加熱処理のビール、つまり加熱処理していない
ビールのことで、大手メーカーの工場で酵母をろ過したビールはもちろん、
酵母入りのクラフトビールも生ビールと云えます。
瓶に入ってようが、缶に入ってようが、生ビールですし、
加熱処理をしていれば、ジョッキに注いでも生ビールではありません。

缶や瓶であれば、生ビールかそうでないかは比較的わかりやすいです。
パッケージにある表記を見ればいいんですね。ということで…

サッポロ黒ラベルは、<生>非加熱処理と書かれています。

サッポロ 黒ラベル

生ビールの場合は、こんな感じで生ビールって書かれているんですね。

続いて、よなよなエール…

よなよなエール

ビールです。

僕ビール、君ビール。…

僕ビール、君ビール。

ビールです。

グランドキリン…

グランドキリン

ビールです。

なんと、生ビールはサッポロ黒ラベルだけでした!
先日いただいたキリンビール まろやかエール<無濾過>も
無濾過ではありますが、生ビールじゃなかったということでした。
酵母は加熱処理されていたという… なんだかちょっとモヤッとしましたが、
生だとか生じゃないとかは、このご時世、味に関係ないのでしょうね。
むしろ通販で買えるクラフトビールに関しては、生ビールってほとんどないのかも…

それにしても、どうしてそこまで生にこだわるのかって…?
このブログが生ビールブログだからですよ!!
(もちろん、これからも生じゃないビールも取り上げますけども…)


どうも、麦酒男です。 クラフトビールというキーワードを目にする機会が増えた最近ですが、 その魅力のひとつがスタイルの多様性です。 今までの大手メーカーのビールは、ピルスナーを中心としたものでしたが、 果たして自分の好みのビールはどんなスタイルなのでしょうか? ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

クラフトビールというキーワードを目にする機会が増えた最近ですが、
その魅力のひとつがスタイルの多様性です。
今までの大手メーカーのビールは、ピルスナーを中心としたものでしたが、
果たして自分の好みのビールはどんなスタイルなのでしょうか?

そんな好みのスタイルを探すのに、役立ちそうなページがありました。
これが Craftbeer.com の Beer Styles です。

Beer Styles

このページですが、気になるビールのスタイルを検索できるというもので
画面中程にある BEER STYLE FINDER を ON にすると
色、苦味、アルコール度数 からスタイルを選ぶこともできるんです。

BEER STYLE FINDER

画面下に出ている各スタイルのビール画像をクリックすると
スタイルごとのプロフィールを見ることができます。

Style Guide

そのスタイルの特徴や原材料、どんなグラスが適しているのか、
最適な温度、一緒に食べるのにおすすめの食事あたりも書かれています。
英語の勉強がてら、ビールを飲みつついろいろ見てみると面白いですよ!

ちなみにこのサイト、アメリカのサイトなのですが、
ドイツにもドイツビールのスタイルを解説しているサイトがありましたよ。
日本でもそのうちビールスタイルを写真付きで解説してくれる
サイトやアプリが出てくるかもしれませんね。期待!

[関連リンク]
Beer Styles(Craftbeer.com)


どうも、麦酒男です。 クラフトビールの話題が増えていますが、クラフトビールだから 美味しいわけではなく、うまいビールはどれもうまいものなんです。 せっかくのビールなら、家でも美味しく飲みたいじゃないか! ましてや、ちょっと高めのビールを買ったならなおさらです ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

クラフトビールの話題が増えていますが、クラフトビールだから
美味しいわけではなく、うまいビールはどれもうまいものなんです。
せっかくのビールなら、家でも美味しく飲みたいじゃないか!
ましてや、ちょっと高めのビールを買ったならなおさらです。

家でもおいしいビールを!

ということで、家でも美味しくビールを飲むポイントを紹介したいと思います。


1.新鮮なビールを買うべし


ビールはとても繊細な飲み物です。お店で飲む樽生と家で飲む缶ビールに
味の違いを感じるのも、いろいろなことに影響を受けるからなのです。
様々な要素がある中で、もっともお店と家で違うのが、ビールの鮮度です。
おいしいビールを求めるのであれば、製造から1ヶ月以内のビールを買いたいです。
基本的にほとんどのビールは出来立てが美味しいのです。

賞味期限

2.ビールの温度に気をつけるべし


「キンキンに冷えた」なんていいますが、ビールに関わらず、
しっかりと味覚を感じられる温度というものがあります。
暑い夏には、凍る寸前のビールがおいしく感じられることもありますが、
味ではなく冷たい飲料を飲む心地よさが勝っている場合もありそうです。
日本の代表的なビールがおいしく感じられるのは、だいたい4~6度くらい、
ベルギービールやクラフトビールだったら、4〜12度くらいまでと
ビールによって美味しい温度の幅がかなり広いです。
ビールごとの適温を見極め、そのビールらしさを味わいましょう。

3.グラスに注いで飲むべし


グラスに注いで飲むことはとても重要です。
ビール工場で缶や瓶にビールを詰める時、ちょっと多めにガスを入れています。
なので、直接缶から飲むと、余計なガスも一緒に飲む事になってしまい、
お腹が膨れるだけでなく、雑味を感じてしまいます。
また、「香り」を楽しむビールが増えてきていますが、
飲み口の狭い缶やボトルでは、その香りを楽しめません。
ビールはグラスに注ぐことで完成すると考えてください。
また、グラスの形は、飲み口の部分が若干狭くなっていると、
泡が消えにくく、クリーミーな泡でもこぼれないのでオススメですし、
香りを楽しむビールの場合は、ワイングラスのように
グラスの中に空間を作れるものがいいかと思います。

6970d02f.jpg



4.泡の消えにくい綺麗なグラスで飲むべし


日本の大手メーカーのビールは、ピルスナーと呼ばれる
泡もちのいいスッキリとしたビールです。
泡が特徴とも言えるのですが、その泡をしっかりと立てるためには、
埃や汚れは禁物です。グラスに付着した汚れや埃は、
キメ細やかな泡を作るのを邪魔しますし、泡が消えやすくなってしまいます。
グラスは洗剤でしっかりと洗った後、逆さにして自然乾燥させるのがベストです。

[関連リンク]
美味しいビールを飲むためのグラスの洗い方(生ビールブログ)

グラス

5.ビールは泡を立ててゆっくりと注ぐべし


「早く飲みたい!」という気持ちもわかりますが、
しっかりと泡を立てながら注ぎ、焦らずにおいしいビールを注ぎましょう。
(ただし、ビールのスタイルによっては泡を立てない方がいいものもあります)
キメ細やかな泡は飲み口をスッキリさせるだけでなく、泡もちを良くし、
ビールの酸化を防ぐ蓋の役割をしてくれます。
最初はグラスの底めがけてビールを注ぎ、
グラスの半分くらいが泡になるくらい泡を作ってください。

6.グッと喉に流し込むように飲むべし


ビールの泡は酸化を防ぐ蓋の役割です。
泡は上唇で押さえて、中のグラスの中の液体を飲むようにしましょう。
そのためにはある程度の角度までグラスを傾ける必要がありますが、
その角度で一気にビールを喉に流し込む飲み方がビールの正しい飲み方です。
ぜひ喉ごしまで楽しんでください!
間違っても、泡を舌で転がして味わう、なんてことをしてはいけません。
綺麗なグラス、泡、うまい飲み方が揃った時、エンジェルリングが誕生します。
自分の家でエンジェルリングができたなら、ビアホームまであともう少しです。

エンジェルリング

7.ほどよい塩分の肴を用意するべし


ビールは他のお酒に比べてカリウムが多く含まれています。
ビールを飲むとカリウムが体内のナトリウムとくっついて
排泄されてしまいます。そうなるとナトリウムも摂取しなくては
ナトリウム不足になってしまいます。
ビールを飲むとしょっぱいものが食べたくなるのは、
体がナトリウムを欲しているからだったんです。
日本の大手メーカーのビールだったら枝豆がオススメですが、
クラフトビールに合わせるなら、茹で落花生の汎用性が高くてオススメです。

岩崎IPAと茹で落花生

8.体調を整えておくべし


そして最後はなんといっても体調です。
健康でないと「おいしい」と感じることはできませんよね。
しっかりと睡眠をとって、ご飯を食べて、健康第一でビールに臨みましょう!
それでは、家でもおいしいビールを楽しみましょう!

Have a nice BEER!

Have a nice beer!



どうも、麦酒男です。 まだまだ沖縄ではクラフトビールが飲めるお店は多くないので 通販でクラフトビールを買っています。 クラフトなので、ビールの値が張るのはもちろんなのですが、 沖縄なので、送料もバカ高いことが多いんですよね。 そこで最近、よく利用しているのが ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

まだまだ沖縄ではクラフトビールが飲めるお店は多くないので
通販でクラフトビールを買っています。
クラフトなので、ビールの値が張るのはもちろんなのですが、
沖縄なので、送料もバカ高いことが多いんですよね。
そこで最近、よく利用しているのが津田SAKE店です。

津田SAKE店

アメリカ、ヨーロッパ、日本のクラフトビールが揃う


津田SAKE店のラインナップですが、日本のクラフトビールはもちろん、
アメリカやヨーロッパのクラフトビールも充実しています。
インポーターで云えば、ナガノトレーディングやウィスク・イーの商品が
入っているので、ストーンやブリュードッグ、ミッケラーのビールを
取り扱っています。あとはAQベボリューションとか枯れずのビアとか
扱ってくれたら、アメリカに関してはすごいことになりそうです。

クール便の料金が安い


クラフトビールにとっては必須のオプションがクール便での発送ですが、
津田SAKE店では、クール便の対応がリーズナブルに可能です。
お値段なんと200円。安心してビールを買えるというわけです。

ちなみに、ブリュードッグの「こんにちは狐 柚子IPA」ですが、
津田SAKE店では2本で1,382円、カクヤスでは1本で646円と
若干、カクヤスの方がお安くなっています。
カクヤスは購入金額が2,500円以上で送料無料だし!



なんですけど、カクヤスはクール便に対応していなかったりします。
買うお酒によって使い分けたいですね。

10本買うと送料が無料に!


沖縄住民にとってうれしいのが、商品の数に応じて送料が安くなるということ。
10点以上買うと送料が無料になります。他の通販だと沖縄への送料が
3,000円オーバーなんてこともあるので、これは遠ければ遠いほどメリットに
感じられるんじゃないかと思います。送料の分、ビールが飲める!
ちなみに、酒のやまいちでも購入金額が1万円を超えると
送料が無料になります。(ただし、沖縄を除く…
なので、沖縄以外の方はやまいちさんも見てみてもいいかもしれません。

ということで、クラフトビールをまとめ買いしている僕ですが、
まとめ買いしているだけに、荷物が届いた日の冷蔵庫は大変です。

冷蔵庫

いやぁ、サイトを見てたら、また欲しいビールが見つかりました…
家にあるビールを早く飲んで、また新しいビールを買わなければ。

[関連リンク]
津田SAKE店(楽天市場)
酒のやまいち
なんでも酒やカクヤス(公式サイト)


スリーフロイド×ミッケラー コラボビール 樽熟成ウィートバーレーワイン
10.4度 375ml 1,831円



どうも、麦酒男です。 先日の健康診断で尿酸値が7.3になってました。危ないです。 そんな時に出会ったのがこのアプリです。その名も「痛風」! iPhone、iPad で使えるアプリなのですが、痛風に関する簡単なメモと BMI値の計算、そしてプリン体の含有量を調べることがで ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

先日の健康診断で尿酸値が7.3になってました。危ないです。
そんな時に出会ったのがこのアプリです。その名も「痛風」!

iPhoneアプリ 痛風


iPhone、iPad で使えるアプリなのですが、痛風に関する簡単なメモと
BMI値の計算、そしてプリン体の含有量を調べることができます。

痛風とは?

BMI値自体は、体重(kg)÷(身長(m)×身長(m)) で計算できるものですが、
まあ、数値を気にするところからスタートかなぁ、と。

あなたのBMI値は?

そして、痛風にならないために超重要なのが食べ物のプリン体含有量ですよ。

種類別リスト

種類別に探すメニューと含有量別に探すメニューがあります。
含有量別のページは下に行けば行くほどプリン体が多いものですが…

含有量リスト

ビール酵母がありました…

ビール酵母!?

ほんと、酵母を濾過していないビールを飲む時は要注意ですよ。
100g あたりの含有量ということなのですが、ビール330ml くらいだと、
どんなもんなんでしょうね。いずれにしてもチェイサーの水は必須ですね。

ということで、痛風にならないためのアプリ、痛風でした!
忘れないためにも iPhone のホーム画面に置いておきたいものです。

[関連リンク]
痛風(iTunes プレビュー)


痛風はビールを飲みながらでも治る!改訂版/納光弘 594円


どうも、麦酒男です。 先日(2014年7月16日)、キリンビールが 『SPRING VALLEY BREWERY(スプリングバレーブルワリー)』 というプロジェクトを発表しました。ニュースリリースには 「クラフトビールづくりに挑戦します」と書かれています。 最近、マスメディアでも“ク ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

先日(2014年7月16日)、キリンビールが
『SPRING VALLEY BREWERY(スプリングバレーブルワリー)』
というプロジェクトを発表しました。ニュースリリースには
「クラフトビールづくりに挑戦します」と書かれています。

クラフトビール造り

最近、マスメディアでも“クラフトビール”という言葉を見かけますが、
そもそもクラフトビールって何なのでしょうか?
大手メーカーのものではなく、かつ大量生産されていないビールのことでしょうか?

日本でクラフトビールの定義は…
日本では酒税法により、ビールや発泡酒といった区分けがされています。
ただ、クラフトビールという言葉に関しての定義はありません。
故に、各団体、各個人の理解でクラフトビールという言葉が使われています。

以前、日本では地ビールブームがありました。その当時は、
大手メーカーのビールではない、小規模な醸造所のビールが地ビールと呼ばれ、
マスメディアにも取り上げられていました。地ビールという呼称は、
地酒という言葉からインスパイヤされたものではないかと思いますが、
地酒はその土地で獲れた米と水を使っているのに対して、
ビールの原材料はほぼ輸入したもので、多少、違和感のあるものでした。
そして、日本の地ビールブームは「高い・まずい・賞味期限短い」と
大手メーカーと比較してのデメリットが目立ち、終焉をむかえたわけです。

そんな中、最近、海外でも通じる言葉で、かつ過去の印象を払拭すべく、
地ビールではなく、クラフトビールと呼ぼうという動きが出てきました。

アメリカでは定義されているクラフトビール
さて、日本ではクラフトビールの定義はありませんが、アメリカでは
Brewers Association という団体があり、そこで定義されているそうです。
Beer Study Group によると、Small、Independent、Traditional という
3つの条件があるそうですが、詳しくは Beer Study Group をご覧ください。

ブルーパブ レディーフェイス


クラフトビール -CraftBeer- と英語である以上(数値的な違いはあるにしても)
ある程度、アメリカの定義に沿ったものであるべきだと僕は考えます。

代表的なサイト『クラフトビール東京』では、クラフトビールの定義を
『小規模なビール醸造所でビール職人が精魂込めて造っているビールです。
ビール職人が造り出す高品質なビールを「手工芸品(Craft)」に例えて、
クラフトビールと呼びます。』としています。

ラーメンで喩えてみると…
誰が作っているのかわかりやすい、むしろそれを売りにしているお店と、
それがわからないチェーン店があると思うんですね。
前者がクラフトビール、後者が大手メーカーという感じでしょうか。

ラーメンつけ麺?

クラフトビールの中でも、今や大手と言ってもいいブルームーンあたりは
ラーメンで云えば、一風堂のような感じなのかもしれません。
(異論は認めます。というか、ラーメン以外でも考えると面白いかも)

キリンビールのサイトにも開発担当者の名前と写真
果たしてキリンビールの小規模醸造設備で造られたビールが
クラフトビールと呼べるのか、それはわかりませんが、
プロトタイプを販売するサイトでは、開発担当者の名前と写真を出し、
クラフトビール的なアプローチをしていることはわかります。蒲生さん責任重大!
(実は、日本のクラフトビールメーカーでは、
こういったアプローチはなかなか少ないんですけどね)

スプリングバレー プロトタイプ

日本でクラフトビールが一般名詞化するか?
日本でも関係者の間ではクラフトビールがブームになりつつあると
言われてきましたが、ビールという商品の特性上、テレビでの露出が少なく、
(TV番組のスポンサーは大手メーカーであることが多いため)
なかなか多くの人の目に触れる機会がありませんでした。

クラフトビール メニュー

近年、雑誌やラジオあたりでは露出するようになってきましたが、
やはり多くの人に認知されるにはテレビの力が必要です。
大手メーカーであるキリンビールが“クラフトビール”を
アピールすることによって、その言葉にも光が当てられ、
クラフトビールの世界が広がっていけばいいなぁ、と思います。

クラフトビールで乾杯

生ビールブログ的クラフトビールとは?
いろいろと書いてきましたが、生ビールブログ的には、
誰がレシピを考えたのかがわかる等、醸造スタッフと消費者(飲み手)の
距離感が近いもの、という条件が一番重要な気がしています。
ビールはコミュニケーションツールとして素晴らしいものだと思いますが、
造り手と飲み手のコミュニケーションもうれしいものです。
近いからこそ、手造りの熱を感じられる、それがクラフトビールだと思います。

▼こちらの記事もあわせてどうぞ
クラフトって想いだ!


【送料無料】人気のクラフトビールがセットになりました! 3,888円

どうも、麦酒男です。 先日、アメリカはデンバーで2年に1回行われるビールの祭典、 ワールドビアカップが開催されました! 世界各国のブルワリーがエントリーし、ビールのチャンピオンを決める このイベント、今回は58カ国、1,400以上のブルワリーから 4,754ものビールがエ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

先日、アメリカはデンバーで2年に1回行われるビールの祭典、
ワールドビアカップが開催されました!

世界各国のブルワリーがエントリーし、ビールのチャンピオンを決める
このイベント、今回は58カ国、1,400以上のブルワリーから
4,754ものビールがエントリーされたということです。

World Beer Cup stats

2年前は57の国、828のブルワリー、4,014のビールだったので、
参加したブルワリーの数が倍近くになっていますね。
日本のブルワリーですが、前回は4つのビールが受賞となりました。
さて、今年はどうだったのでしょうか。

今回、日本からは23のブルワリー(71のビールがエントリー)が参加しました。
リストはこちら。

アサヒビール
箕面ビール
ベアードビール
ブリマーブルーイング
コエドビール
富士桜高原ビール
ハーヴェストムーン
スワンレイクビール
いわて蔵ビール
キリンビール
霧島高原ビール
常陸野ネストビール
小西酒造
湘南ビール
ロコビア
二へデビール
日本クラフトビール
サンクトガーレン
松江地ビール「ビアへるん」
サントリー(京都ビール工場)
金しゃちビール
ヤッホーブルーイング
横浜ベイブルーイング

ビールはスタイルごとにカテゴリーが分かれていて、その中で審査されます。
94あるカテゴリーの中で、今回、日本のビールは3カテゴリーでの受賞となりました。

ワールドビアカップ 2014

順番に紹介すると…

International-Style Lager 金賞 アサヒ スーパードライ
American-Style Amber Lager 銀賞 COEDO 伽羅
South German-Style Hefeweizen 銀賞 富士桜高原麦酒 ヴァイツェン

スーパードライ 金賞受賞


これだけクラフトビールが流行ってきている日本で
まさかのアサヒ スーパードライが金賞ですよ。
やはり日本のラガーはレベルが高かった!
アサヒビールがこれから、どんな宣伝や広報をするのか、展開が楽しみです。

そして、COEDO の伽羅! これ、本当に美味しいですもんねぇ。
さらに富士桜高原麦酒 ヴァイツェン! なんというか貫禄がある感じです。
受賞された皆様、おめでとうございました!!

代理で園田さん?

ということで、94あるカテゴリーの結果を一気に見てみましょう。

Category 1: American-Style Wheat Beer, 23 Entries
Gold: Float Trip, Piney River Brewing Co., Bucyrus, MO
Silver: Red Dawn, Carson’s Brewery, Evansville, IN
Bronze: DD Blonde, Hop Valley Brewing Co., Eugene, OR

Category 2: American-Style Wheat Beer With Yeast, 25 Entries
Gold: Hefeweizen, Widmer Brothers Brewing Co., Portland, OR
Silver: White Noise, Überbrew, Billings, MT
Bronze: Cascade Blonde, Cascade Brewery Co., Abbotsford, Australia

Category 3: Fruit Beer, 57 Entries
Gold: Cherry Kriek, Strange Brewing Co., Denver, CO
Silver: Apricot Blonde, Dry Dock Brewing Co. - North Dock, Aurora, CO
Bronze: Chchchch-Cherry Bomb, Melvin Brewing, Jackson, WY

Category 4: Fruit Wheat Beer, 37 Entries
Gold: Salty Kiss, Magic Rock Brewing Co., Huddersfield, United Kingdom
Silver: Meantime Raspberry Wheat Beer, Meantime Brewing Co., London, United Kingdom
Bronze: 5 Lizard Latin Style Witbier, 5 Rabbit Cerveceria, Bedford Park, IL

Category 5: Field Beer or Pumpkin Beer, 57 Entries
Gold: Cucumber Crush, 10 Barrel Brewing Co., Bend, OR
Silver: Cheval Deux, Horse Thief Hollow, Chicago, IL
Bronze: Imperial Pumpkin Smash, Crown Valley Brewing and Distilling, Ste. Genevieve, MO

Category 6: Herb and Spice Beer, 101 Entries
Gold: Mango Magnifico con Calor, Founders Brewing Co., Grand Rapids, MI
Silver: Bitterama, Kamala Brewing at the Whip In, Austin, TX
Bronze: Señorita, Elevation Beer Co., Poncha Springs, CO

Category 7: Chocolate Beer, 51 Entries
Gold: Shake Chocolate Porter, Boulder Beer Co., Boulder, CO
Silver: Snownami Chocolate/Raspberry Imperial Stout, Northbound Smokehouse & Brewpub, Minneapolis, MN
Bronze: Decadent Dark Chocolate, Atwater Brewery, Detroit, MI

Category 8: Coffee Beer, 109 Entries
Gold: Big Shot Espresso Stout, Twisted Pine Brewing Co., Boulder, CO
Silver: Panama Joe’s Coffee Stout, Il Vicino Brewing Co. - The Canteen, Albuquerque, NM
Bronze: Mocha Machine, Beachwood BBQ & Brewing, Long Beach, CA

Category 9: Specialty Beer, 30 Entries
Gold: Peanut Butter Cup Coffee Porter, Willoughby Brewing Co., Willoughby, OH
Silver: Stiegl Wildshuter Sortenspiel, Stieglbrauerei zu Salzburg, Salzburg, Austria
Bronze: Le Saisoniere, Cambridge Brewing Co., Cambridge, MA

Category 10: Rye Beer, 47 Entries
Gold: Habitus, Mike Hess Brewing Co., San Diego, CA
Silver: Ruthless Rye, Sierra Nevada Brewing Co., Chico, CA
Bronze: RastafaRye, Blue Point Brewing Co., Patchogue, NY

Category 11: Specialty Honey Beer, 46 Entries
Gold: Honey Beer, Long Sun Brewing, New Taipei City, Taiwan
Silver: Robinia, Birrificio San Paolo, Torino, Italy
Bronze: Honey Tripper, Iron Hill Brewery & Restaurant - Maple Shade, Maple Shade, NJ

Category 12: Session Beer, 40 Entries
Gold: Lagunitas DayTime Ale, Lagunitas Brewing Co., Petaluma, CA
Silver: Squeaky Bike Nut Brown, Moab Brewery, Moab, UT
Bronze: Le Petit Prince, Jester King Brewery, Austin, TX

Category 13: Other Strong Beer, 44 Entries
Gold: Brouwers 8, Flyers Restaurant and Brewery, Oak Harbor, WA
Silver: Power Wagon, Big Sky Brewing Co., Missoula, MT
Bronze: May the Port Be with You, Pizza Port - Solana Beach, Solana Beach, CA

Category 14: Experimental Beer, 57 Entries
Gold: Redrock Paardebloem, Redrock Brewery, Salt Lake City, UT
Silver: Hoptart, Al’s of Hampden/Pizza Boy Brewing Co., Enola, PA
Bronze: Xyauyù, Birrificio Baladin Società Agricola, Farigliano, Italy

Category 15: Indigenous Beer, 37 Entries
Gold: Wild and Crazy Rye, BJ’s Restaurant & Brewery - Boulder, Huntington Beach, CA
Silver: Koyt - Kuit - Kuyt, Witte Klavervier, Roden, Netherlands
Bronze: Got Beer, BJ’s Restaurant & Brewery - Boulder, Huntington Beach, CA

Category 16: Gluten-Free Beer, 17 Entries
Gold: Green’s Enterprise Dry-Hopped Lager, Green’s Brewery - Gluten Free Beer, Seattle, WA
Silver: Green’s Endeavour Dubbel Dark Ale, Green’s Brewery - Gluten Free Beer, Seattle, WA
Bronze: Shakparo, Sprecher Brewing Co., Glendale, WI

Category 17: American-Belgo-Style Ale, 56 Entries
Gold: Whiter Shade of Pale Ale, Starr Hill Brewery, Crozet, VA
Silver: Beach Bum Joe, Mispillion River Brewing, Milford, DE
Bronze: Whiplash, SweetWater Brewing Co., Atlanta, GA

Category 18: American-Style Sour Ale, 32 Entries
Gold: Ensorcelled, The Rare Barrel, Berkeley, CA
Silver: Framboise de Amorosa, The Lost Abbey, San Marcos, CA
Bronze: Ching Ching, Bend Brewing Co., Bend, OR

Category 19: American-Style Brett Beer, 35 Entries
Gold: The Golden Child, Iron Hill Brewery & Restaurant - Chestnut Hill, Philadelphia, PA
Silver: Juxtapose Brett IPA, Four Winds Brewing Co., Delta, Canada
Bronze: Flemish Kiss, The Commons Brewery, Portland, OR

Category 20: Wood- and Barrel-Aged Beer, 40 Entries
Gold: Pipewrench, Gigantic Brewing, Portland, OR
Silver: Barrel Aged Scottish, Oggi’s Pizza & Brewing Co., San Clemente, CA
Bronze: Lou, Brew Brothers Brewery, Reno, NV

Category 21: Wood- and Barrel-Aged Strong Beer, 112 Entries
Gold: 1314, Black Tooth Brewing Co., Sheridan, WY
Silver: Cockswain’s Courage Double Barreled Edition Porter, Garage Project, Wellington, New Zealand
Bronze: Bourbon Barrel Aged Mountain Man, Verboten Brewing, Loveland, CO

Category 22: Wood- and Barrel-Aged Strong Stout, 72 Entries
Gold: Sixteen, Central Waters Brewing Co., Amherst, WI
Silver: Distinguished Eagle, Grand Rapids Brewing Co., Grand Rapids, MI
Bronze: Siberian Night Imperial Stout Aged in Bourbon Barrels, Thirsty Dog Brewing Co., Akron, OH

Category 23: Wood- and Barrel-Aged Sour Beer, 62 Entries
Gold: Rodenbach Vintage 2011, Brouwerij Rodenbach, Roeselare, Belgium
Silver: Funky Jewbelation, Shmaltz Brewing Co., Clifton Park, NY
Bronze: Co-Hop V - Rouge de Mékinac, À la Fût, St-Tite, Canada

Category 24: Aged Beer, 14 Entries
Gold: Russian 2009, Iron Hill Brewery & Restaurant - Media, Media, PA
Silver: Vintage Horn Dog, Flying Dog Brewery, Frederick, MD
Bronze: Aged Navigator Dopplebock, Ballast Point Brewing & Spirits - Linda Vista, San Diego, CA

Category 25: Kellerbier or Zwickelbier, 60 Entries
Gold: Pilsner, Marble Brewery, Albuquerque, NM
Silver: VIÆMILIA, Birrificio del Ducato, Roncole Verdi, Italy
Bronze: Wilderer Dunkel, Brauerei-Gasthof, Böbrach, Germany

Category 26: Smoke Beer, 54 Entries
Gold: Smoke Signal, Swamp Head Brewery, Gainesville, FL
Silver: Weiherer Rauch, Brauerei-Gasthof Kundmüller, Viereth-Trunstadt, Germany
Bronze: Brewers Select Rauch Märzen, Gordon Biersch Brewery Restaurant - Rockville, Rockville, MD

Category 27: Australasian, Latin American or Tropical-Style Light Lager, 14 Entries
Gold: Regia Extra, Industrias La Constancia, San Salvador, El Salvador
Silver: Pilsener, Industrias La Constancia, San Salvador, El Salvador
Bronze: Tooheys Extra Dry, Lion Pty, Sydney, Australia

Category 28: International-Style Lager, 89 Entries
Gold: Asahi Super Dry, Asahi Breweries, Tokyo, Japan
Silver: Speight’s Triple Hop Pilsner, Lion, East Tamaki, New Zealand
Bronze: Cornish Pilsner, Sharp’s Brewery, Wadebridge, United Kingdom

Category 29: Baltic-Style Porter, 44 Entries
Gold: Framinghammer, Jack’s Abby Brewing, Framingham, MA
Silver: The Baltic Gnome, Rock Bottom - Denver, Denver, CO
Bronze: Komes Porter Bałtycki, Browar Fortuna, Miłosław, Poland

Category 30: European-Style Low-Alcohol Lager/German-Style Leicht(bier), 10 Entries
Gold: Waldhaus Sommer Bier, Privatbrauerei Waldhaus Joh. Schmid, Waldhaus, Germany
Silver: Leichtes, Mahrs Brau Bamberg, Bamberg, Germany
Bronze: Stockholm Fine Festival Beer 3,5, Krönleins Bryggeri, Halmstad, Sweden

Category 31: German-Style Pilsener, 71 Entries
Gold: Schönramer Pils, Private Landbrauerei Schönram, Petting/Schönram, Germany
Silver: Alpirsbacher Pils, Alpirsbacher Klosterbräu Glauner, Alpirsbach, Germany
Bronze: Pils, Stoudt Brewing Co., Adamstown, PA

Category 32: Bohemian-Style Pilsener, 53 Entries
Gold: Radegast Premium, Plzensky Prazdroj, Pilsen, Czech Republic
Silver: Velkopopovicky Kozel 11°, Plzensky Prazdroj, Pilsen, Czech Republic
Bronze: Pardal Echt, B.B.N.P., Ceske Budejovice, Czech Republic

Category 33: Münchner-Style Helles, 64 Entries
Gold: Müllerbräu Altbayrisch Hell, Müllerbräu, Pfaffenhofen, Germany
Silver: Falter Export Hell, Privatbrauerei J.B. Falter Regen, Regen, Germany
Bronze: Löwenbräu Original, Löwenbräu, München, Germany

Category 34: Dortmunder/Export or German-Style Oktoberfest, 40 Entries
Gold: Hirsch Gold, Der Hirschbräu - Privatbrauerei Höß, Sonthofen, Germany
Silver: Special, Brauerei Gold Ochsen, Ulm, Germany
Bronze: Schönramer Gold, Private Landbrauerei Schönram, Petting/Schönram, Germany

Category 35: Vienna-Style Lager, 39 Entries
Gold: Schell’s Firebrick, August Schell Brewing, New Ulm, MN
Silver: Vienna Lager, Devils Backbone Brewing Co. - Outpost, Lexington, VA
Bronze: Danish Red Lager, Figueroa Mountain Brewing Co. - Santa Barbara, Santa Barbara, CA

Category 36: German-Style Märzen, 32 Entries
Gold: Mayhem Marzen, Springfield Brewing Co., Springfield, MO
Silver: Ur-Saalfelder, Buergerliches Brauhaus Saalfeld, Saalfeld, Germany
Bronze: Pöllinger Spezial Trunk, Brauerei Anton Pöllinger, Pfeffenhausen, Germany

Category 37: European-Style Dark/Münchner Dunkel, 34 Entries
Gold: Munich Dunkles, Blind Tiger Brewery & Restaurant, Topeka, KS
Silver: Chuckanut Dunkel, Chuckanut Brewery, Bellingham, WA
Bronze: Ayinger Altbairisch Dunkel, Ayinger Brewery, Seattle, WA

Category 38: German-Style Schwarzbier, 47 Entries
Gold: Black Bavarian, Sprecher Brewing Co., Glendale, WI
Silver: BraufactuM Darkon, Die Internationale Brau-Manufacturen, Frankfurt am Main, Germany
Bronze: Black Thunder, Austin Beerworks, Austin, TX

Category 39: Traditional German-Style Bock, 23 Entries
Gold: Winter Bock, Gordon Biersch Brewery Restaurant - Las Vegas, Las Vegas, NV
Silver: Krieger Floriani-Bock, Brauerei Wilhelm Krieger, Landau an der Isar, Germany
Bronze: Bock, Iron Hill Brewery & Restaurant - Phoenixville, Phoenixville, PA

Category 40: German-Style Heller Bock/Maibock, 34 Entries
Gold: MeyerBock, Outer Banks Brewing Station, Kill Devil Hills, NC
Silver: Maibock, Blind Tiger Brewery & Restaurant, Topeka, KS
Bronze: Ulmer Maibock, Familienbrauerei Bauhöfer, Renchen, Germany

Category 41: German-Style Doppelbock or Eisbock, 52 Entries
Gold: Eisbock 2012, Brauhaus Faust, Miltenberg, Germany
Silver: Hot for Teacher Ms. Doppelbock, Thr3e Wise Men Brewing Co., Indianapolis, IN
Bronze: Saxonator, Jack’s Abby Brewing, Framingham, MA

Category 42: American-Style Lager or Light Lager or Pilsener, 53 Entries
Gold: Coors Light, Coors Brewing Co., Golden, CO
Silver: Miller Genuine Draft, Miller Brewing Co., Milwaukee, WI
Bronze: Coors Banquet, Coors Brewing Co., Golden, CO

Category 43: American-Style Cream Ale, 31 Entries
Gold: Old Style, Pabst Brewing Co., Los Angeles, CA
Silver: Icehouse, Plank Road Brewery, Milwaukee, WI
Bronze: Henry Weinhard’s Blue Boar, Blitz-Weinhard Brewing Co., Milwaukee, WI

Category 44: American-Style Amber Lager, 34 Entries
Gold: Winterfest, AC Golden Brewing Co., Golden, CO
Silver: Coedo Kyara, Coedo Brewery, Kawagoe, Japan
Bronze: Lacplesis Dzintara, Cido Grupa, Riga, Latvia

Category 45: American-Style Dark Lager, 18 Entries
Gold: Old Virginia Dark, Devils Backbone Brewing Co. - Basecamp, Roseland, VA
Silver: Santo, Saint Arnold Brewing Co., Houston, TX
Bronze: Leavenworth Bakke Hill Black Lager, Fish Brewing Co., Olympia, WA

Category 46: Australasian-Style Pale Ale or International-Style Pale Ale, 33 Entries
Gold: Sculpin, Ballast Point Brewing & Spirits - Scripps Ranch, San Diego, CA
Silver: River Runners Pale Ale, Eddyline Brewing, Buena Vista, CO
Bronze: Marketing Ploy, Piece Brewery, Chicago, IL

Category 47: German-Style Kölsch/Köln-Style Kölsch, 65 Entries
Gold: White Street Kolsch-Style Ale, White Street Brewing Co., Wake Forest, NC
Silver: I’d Like to Buy the World a Kölsch, Old Town Brewing Co., Portland, OR
Bronze: Endless River, Mother Earth Brewing, Kinston, NC

Category 48: German-Style Brown Ale/Düsseldorf-Style Altbier, 36 Entries
Gold: Altitude Amber Ale, Altitude Chophouse and Brewery, Laramie, WY
Silver: TAPS Alt, TAPS Fish House & Brewery - Brea, Brea, CA
Bronze: Balt Altbier, Union Craft Brewing, Baltimore, MD

Category 49: German-Style Sour Ale, 40 Entries
Gold: The Dare, Druthers Brewing Co., Saratoga Springs, NY
Silver: Signature Gose, Choc Beer Co., Krebs, OK
Bronze: Schell’s Framboise du Nord, August Schell Brewing, New Ulm, MN

Category 50: South German-Style Hefeweizen/Hefeweissbier, 78 Entries
Gold: Friedenfelser Hefeweizen Hell, Schlossbrauerei Friedenfels, Friedenfels, Germany
Silver: Fujizakura Kogen Beer Weizen, Fujizakura Kogen Beer, Yamanashi, Japan
Bronze: Ladenburger Hefeweizen Hell, Brauerei Ladenburger, Neuler, Germany

Category 51: German-Style Pale Wheat Ale, 16 Entries
Gold: Kristallweizen, Brauerei Gold Ochsen, Ulm, Germany
Silver: Belle Gueule Hefeweizen, Les Brasseurs RJ, Montreal, Canada
Bronze: Hirsch Sport Weisse, Hirsch-Brauerei Honer, Wurmlingen, Germany

Category 52: German-Style Dark Wheat Ale, 22 Entries
Gold: Störtebeker Roggen-Weizen, Störtebeker Braumanufaktur, Stralsund, Germany
Silver: Franziskaner Hefe-Weissbier Dunkel, Spaten-Franziskaner-Bräu, München, Germany
Bronze: Schwarzbräu Weissbier Dunkel, Schwarzbräu, Zusmarshausen, Germany

Category 53: South German-Style Weizenbock/Weissbock, 32 Entries
Gold: Schneider Weisse Tap6 Unser Aventinus, Weisses Bräuhaus G. Schneider & Sohn, Kelheim,
Germany
Silver: Ladenburger Weizenbock hell, Brauerei Ladenburger, Neuler, Germany
Bronze: Dunkler Weizenbock, Privatbrauerei Loncium, Kötschach-Mauthen, Austria

Category 54: Belgian-Style Witbier, 61 Entries
Gold: Witbier, Community Beer Co., Dallas, TX
Silver: Cheval Blanc, Les Brasseurs RJ, Montreal, Canada
Bronze: Gentleman’s Wit, Camden Town Brewery, London, United Kingdom

Category 55: French- and Belgian-Style Saison, 91 Entries
Gold: Saison, Aspen Brewing Co., Aspen, CO
Silver: Temporis, Croce di Malto, Trecate, Italy
Bronze: TAPS Saison, TAPS Fish House & Brewery - Corona, Corona, CA

Category 56: Belgian- and French-Style Ale, 31 Entries
Gold: Domaine DuPage, Two Brothers Brewing Co., Warrenville, IL
Silver: Ohana Saison Noir, Ohana Brewing Co., Los Angeles, CA
Bronze: Barren Hill Biere De Extra, Barren Hill Tavern and Brewery, Lafayette Hill, PA

Category 57: Belgian-Style Blonde Ale or Pale Ale, 46 Entries
Gold: Blonde Fatale, Peace Tree Brewing Co., Knoxville, IA
Silver: St. Stusan Belgian Style Pale Ale, Galaxy Brewing Co., Binghamton, NY
Bronze: Jean-Claude Van Blond, Wit’s End Brewing Co., Denver, CO

Category 58: Belgian-Style Sour Ale, 37 Entries
Gold: Oude Kriek Boon, Brouwerij Boon, Lembeek, Belgium
Silver: Oude Geuze Oud Beersel, Oud Beersel, Brussels, Belgium
Bronze: Oude Geuze Boon, Brouwerij Boon, Lembeek, Belgium

Category 59: Belgian-Style Flanders Oud Bruin or Oud Red Ale, 28 Entries
Silver: Oude Tart, The Bruery, Anaheim, CA
Bronze: Shadows of Their Eyes, The Rare Barrel, Berkeley, CA

Category 60: Belgian-Style Dubbel, 35 Entries
Gold: Wäls Dubbel, Wäls Cervejaria, Belo Horizonte, Brazil
Silver: Gerardus Wittems Kloosterbier Dubbel, Gulpener Bierbrouwerij, Gulpen, Netherlands
Bronze: Brother David’s Double, Anderson Valley Brewing Co., Boonville, CA

Category 61: Belgian-Style Tripel, 59 Entries
Gold: Candi Belgian Tripel, Dominion Brewing Co., Dover, DE
Silver: Steamworks Blitzen, Steamworks Brewing Co., Burnaby, Canada
Bronze: Delirium Tremens, Brouwerij Huyghe, Melle, Belgium

Category 62: Belgian-Style Pale Strong Ale, 41 Entries
Gold: Devil’s Thumb, Rock Bottom - Orland Park, Orland Park, IL
Silver: Deceit, Funkwerks, Fort Collins, CO
Bronze: Thor’s Hammer, Bastone Brewery, Royal Oak, MI

Category 63: Belgian-Style Dark Strong Ale, 44 Entries
Gold: Hertog Jan Grand Prestige, Hertog Jan Brouwerij, Arcen, Netherlands
Silver: 3rd Anniversary, Airways Brewing Co., Kent, WA
Bronze: 4 Swords Belgian Style Quad, Deep Ellum Brewing Co., Dallas, TX

Category 64: Other Belgian-Style Ale, 55 Entries
Gold: Cerasus, Logsdon Organic Farm Brewery, Hood River, OR
Silver: Wäls Quadruppel, Wäls Cervejaria, Belo Horizonte, Brazil
Bronze: Golden Sabbath, Big Island Brewhaus, Kamuela, HI

Category 65: English-Style Mild Ale, 28 Entries
Gold: Song In Your Heart, Discretion Brewing, Soquel, CA
Silver: Dirty Hippy, Triptych Brewing, Savoy, IL
Bronze: Bristlecone, Uinta Brewing Co., Salt Lake City, UT

Category 66: English-Style Summer Ale, 31 Entries
Gold: Mother Lode Golden Ale, Laurelwood Brewing Co., Portland, OR
Silver: Wild Swan, Thornbridge Brewery, Bakewell, United Kingdom
Bronze: Endeavor Vintage 2013 Growers Bright Ale, Endeavor Vintage Beer, Macquarie Centre, Australia

Category 67: Ordinary or Special Bitter, 37 Entries
Gold: Sawtooth Ale, Left Hand Brewing Co., Longmont, CO
Silver: Lumberyard Red, Lumberyard Brewing Co., Flagstaff, AZ
Bronze: Butler’s Bitter, Niagara College Teaching Brewery, Niagara-on-the-Lake, Canada

Category 68: Classic English-Style Pale Ale, 30 Entries
Gold: Audible Ale, Redhook Brewery, Woodinville, WA
Silver: Extra Pale Ale, Summit Brewing Co., Saint Paul, MN
Bronze: HopFish, Flying Fish Brewing Co., Somerdale, NJ

Category 69: Extra Special Bitter, 57 Entries
Gold: Black Mesa ESB (Endless Skyway Bitter), Black Mesa Brewing Co., Oklahoma City, OK
Silver: Queen’s Ale Extra Bitter Type, Hitejinro Co., Seoul, South Korea
Bronze: The Wise ESB, Elysian Brewing Co., Seattle, WA

Category 70: English-Style India Pale Ale, 41 Entries
Gold: Double Haul IPA, KettleHouse Brewing Co., Missoula, MT
Silver: Silverspot IPA, Pelican Brewery, Pacific City, OR
Bronze: Stormcloud, Rahr and Sons Brewing Co., Fort Worth, TX

Category 71: Scottish-Style Ale, 30 Entries
Gold: Scottish Ale, Two Kilts Brewing Co., Sherwood, OR
Silver: Maxwell’s Scottish Ale, Rivertowne Brewing Co., Export, PA
Bronze: Kilt Lifter, Four Peaks Brewing Co., Tempe, AZ

Category 72: English-Style Brown Ale, 49 Entries
Gold: Wind Walker Brown, 51 North Brewery, Lake Orion, MI
Silver: Nut Hatchet Nut Brown, Canal Park Brewing Co., Duluth, MN
Bronze: No Name, Glenwood Canyon Brewing Co., Glenwood Springs, CO

Category 73: Brown Porter, 54 Entries
Gold: Ninja, Asheville Brewing Co., Asheville, NC
Silver: Out of Order Porter, Wind River Brewing Co., Pinedale, WY
Bronze: Chocolate Porter, Bayhawk Ales, Irvine, CA

Category 74: Robust Porter, 75 Entries
Gold: Alexander Black, Alexander, Emek Hefer, Israel
Silver: Stoup Porter, Stoup Brewing, Seattle, WA
Bronze: Shallow Grave, Heretic Brewing Co., Fairfield, CA

Category 75: Sweet Stout or Cream Stout, 43 Entries
Gold: L’Exploité, Brasseurs du Monde, St-Hyacinthe, Canada
Silver: Outlaw Milk Stout, Great Basin Brewing Co. - Reno, Reno, NV
Bronze: Cream Stout, Redwood Brewing Co., Flint, MI

Category 76: Oatmeal Stout, 57 Entries
Gold: Sless’ Oatmeal Stout, Iron Springs Pub and Brewery, Fairfax, CA
Silver: Pure Imagination, Verboten Brewing, Loveland, CO
Bronze: Beer for My Horses, Cazuelas Mexican Grill and Brewpub, Rio Rancho, NM

Category 77: Scotch Ale, 47 Entries
Gold: Wee Heavy, Steel Toe Brewing, St. Louis Park, MN
Silver: Heavy Red Horseman Scottish Style Ale, Apocalypse Ale Works, Forest, VA
Bronze: Drafty Kilt Scotch Ale, Monday Night Brewing, Atlanta, GA

Category 78: British-Style Imperial Stout, 42 Entries
Gold: Russian Imperial Stout, Iron Hill Brewery & Restaurant - Media, Media, PA
Silver: Romanov Imperial Stout, Campbell Brewing Co., Campbell, CA
Bronze: Weapon of Self Destruction Imperial Stout, Riff Raff Brewing Co., Pagosa Springs, CO

Category 79: Old Ale or Strong Ale, 40 Entries
Gold: AleSmith Old Ale 2013, AleSmith Brewing Co., San Diego, CA
Silver: Irish Walker, Olde Hickory Brewery, Hickory, NC
Bronze: Pilgrim’s Dole, New Holland Brewing Co., Holland, MI

Category 80: Barley Wine-Style Ale, 53 Entries
Gold: 2009 Old #1 Barley Wine, Scuttlebutt Brewing Co., Everett, WA
Silver: Old Scallywag, Coronado Brewing Co., Coronado, CA
Bronze: Johan the Barleywine, Sun King Brewing Co., Indianapolis, IN

Category 81: Irish-Style Red Ale, 46 Entries
Gold: George Killian’s Irish Red, Coors Brewing Co., Golden, CO
Silver: McLovin, Vintage Brewing Co., Madison, WI
Bronze: Paulie’s Not Irish Red, Old Town Brewing Co., Portland, OR

Category 82: Classic Irish-Style Dry Stout, 36 Entries
Gold: The Bomb Dry Stout, Moon River Brewing Co., Savannah, GA
Silver: The Pugilist, Societe Brewing Co., San Diego, CA
Bronze: Blarney Sisters Dry Irish Stout, Third Street Aleworks, Santa Rosa, CA

Category 83: Foreign-Style Stout, 38 Entries
Gold: Black Rock Stout, Crossroads Brewing Co., Athens, NY
Silver: Whiteface Stout, Great Adirondack Brewing Co., Lake Placid, NY
Bronze: Devil Dog Stout, Red Leg Brewing Co., Colorado Springs, CO

Category 84: Golden or Blonde Ale, 67 Entries
Gold: Kiwanda Cream Ale, Pelican Brewery, Pacific City, OR
Silver: Alibi Blonde, Circle Brewing Co., Austin, TX
Bronze: Steelhead Extra Pale Ale, Mad River Brewing Co., Blue Lake, CA

Category 85: American-Style Pale Ale, 122 Entries
Gold: The Weight, Piece Brewery, Chicago, IL
Silver: Knotty Pine Pale Ale, Lumberyard Brewing Co., Flagstaff, AZ
Bronze: Featherweight Pale, Cannonball Creek Brewing Co., Golden, CO

Category 86: American-Style Strong Pale Ale, 97 Entries
Gold: Islander IPA, Coronado Brewing Co., Coronado, CA
Silver: Hops, Haven Brewing, Pasadena, CA
Bronze: Overboard IPA, Big Island Brewhaus, Kamuela, HI

Category 87: American-Style India Pale Ale, 224 Entries
Gold: Hop, Drop ‘n Roll, NoDa Brewing Co., Charlotte, NC
Silver: Head Hunter, Fat Head’s Brewery, Middleburg Heights, OH
Bronze: Citrus Mistress, Hop Valley Brewing Co., Eugene, OR

Category 88: Imperial India Pale Ale, 106 Entries
Gold: 2 x 4, Melvin Brewing, Jackson, WY
Silver: Astillero, Cerveceria Agua Mala, Ensenada, Mexico
Bronze: Hop 15, Port Brewing Co., San Marcos, CA

Category 89: American-Style Amber/Red Ale, 90 Entries
Gold: Runoff, Odell Brewing Co., Fort Collins, CO
Silver: Shark Bite Red, Pizza Port - Bressi Ranch, Carlsbad, CA
Bronze: AmberElla, Eight Degrees Brewing Co., Mitchelstown, Ireland

Category 90: Imperial Red Ale, 44 Entries
Gold: Uncle Rusty, Columbus Brewing Co., Columbus, OH
Silver: Bonehead, Fat Head’s Brewery & Saloon, North Olmsted, OH
Bronze: Tyrant Double Red, Wicked Weed Brewing, Asheville, NC

Category 91: American-Style Brown Ale, 48 Entries
Gold: Bonfire Brown Ale, Saugatuck Brewing Co., Douglas, MI
Silver: Davy Brown Ale, Figueroa Mountain Brewing Co. - Buellton, Buellton, CA
Bronze: Bitch Creek ESB, Grand Teton Brewing, Victor, ID

Category 92: American-Style Black Ale, 77 Entries
Gold: Turmoil, Barley Brown’s Brew Pub, Baker City, OR
Silver: Once You Go, Lynnwood Brewing Concern, Raleigh, NC
Bronze: Wookey Jack, Firestone Walker Brewing Co., Paso Robles, CA

Category 93: American-Style Stout, 49 Entries
Gold: The Defender, Haymarket Pub & Brewery, Chicago, IL
Silver: Happy Ending, SweetWater Brewing Co., Atlanta, GA
Bronze: Power to the People, 10 Barrel Brewing - Boise Pub, Boise, ID

Category 94: American-Style Imperial Stout, 60 Entries
Gold: Black Flag Imperial Stout, Beer Valley Brewing Co., Ontario, OR
Silver: Block & Tackle Stout, Chetco Brewing Co., Brookings, OR
Bronze: Beelzebub, The Alchemist, Waterbury, VT

ということで、最近お気に入りのセッションビール部門では、
ラグニタスの Day Time IPA が金賞を受賞してました!
また日本にも入ってくるといいなぁ… 飲みたい!

さて、各部門とは別に、チャンピオンブルワリー&ブルワーも選ばれています。

World Beer Cup Champion Brewery and Brewmaster
Small Brewpub

Iron Hill Brewery & Restaurant - Media, Media, PA
Iron Hill Brewery Team

World Beer Cup Champion Brewery and Brewmaster
Small Brewing Company

Pelican Pub & Brewery, Pacific City, OR
Darron Welch & Steve Panos

World Beer Cup Champion Brewery and Brewmaster
Mid-Size Brewing Company

Coronado Brewing Company, Coronado, CA
Coronado Brewing Company

World Beer Cup Champion Brewery and Brewmaster
Large Brewpub

Blind Tiger Brewery & Restaurant, Topeka, KS
John Dean

World Beer Cup Champion Brewery and Brewmaster
Large Brewing Company

Coors Brewing Company, Golden, CO
Dr. David Ryder

いつか日本のブルワリーやブルワーが選ばれる日が来たら……
いろんな受賞ビールを飲みつつ、そんな思いに耽りたいと思います。

[関連リンク]
World Beer Cup(公式サイト)


ワールド・ビアカップ受賞 富士桜高原麦酒ヴァイツェン4本セット 1,760円


どうも、麦酒男です。 最近、ビール好きの間でよく聞くビールのスタイルがあります。 それが セッションIPA というスタイルです。 前回、ご紹介したポント セッショナブルIPA もこのスタイルです。 それは飲み続けたい人のためのIPA そもそも、セッションエールというス ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

最近、ビール好きの間でよく聞くビールのスタイルがあります。
それが セッションIPA というスタイルです。
前回、ご紹介したポント セッショナブルIPA もこのスタイルです。

セッションIPA

それは飲み続けたい人のためのIPA



そもそも、セッションエールというスタイルについてですが、
COEDOビールのヘッドブルワー 植竹さんによると…
既存のビアスタイルの特徴を残しつつ、
アルコール度数を下げドリンカビリティを高めたビールの事です。
(参照:ブルワー的Hoppy Wind Session Aleの解説/TRANSPORTER BEER WEB MAGAZINE)

とのこと。つまり、セッションIPA はアルコール度数が低く、
飲みやすい、飲み続けやすい IPA という感じでしょうか。

実は通向け? 2013年からアメリカでも流行中!



アルコール度数が低いということで、初心者向けと思うかもしれませんが、
個人的には、むしろ玄人好みな気がしています。かくいう僕もハマりました。
ちなみに僕の好みは…
ピルスナー → IPA → ゴールデンエール → セッションIPA と変わってきました。
香りや苦みは好きなんですが、どうも IPA は重い、ということで
セッションIPA にハマった気がします。ビール好きがいろんなビールを巡り、
たどり着く安住の地、それがセッションIPAなのかもしれない……

1〜2年くらい前からアメリカでも流行っているスタイルのようで
カリフォルニアのストーン醸造所も最近、新しいセッションIPAをリリースし、
Los Angeles Times にもそのニュースが載っていましたし、
この春に飲みたい10本のビールという記事では、
10本のうち2本、セッションIPA が選ばれていました。

Stone's new Go to IPA

日本のセッションIPAもあります



日本のクラフトブルワリーでも、先述のCOEDOビールの他に
サンクトガーレンも2013年、イベントに合わせて
オモハラエールというSession IPAをリリースしています。

コエドビールにサンクトガーレンですよ。
日本のクラフトビールシーンを牽引しているといっても過言ではないブルワリーが
セッションIPAを造っているわけで、これからもさらに増えてきそうな気がします。

ということで、今年はセッションIPAを見かけたら、
とにかく飲んでみようと思います!

おすすめのセッションIPA





イチオシは、ピザポート ポントセッショナブルIPAです。
これでセッションIPAにハマる人が続出です!



日本のブルワリーでいえば、伊勢角屋麦酒 東京ビアウィート!
小麦を使っていることもあるのか、まるでホップのジュースのようです。



ドイツにもセッションIPAがあります。クルーリパブリック デトックス!

そのほか、アメリカの大手クラフトブルワリーももちろんリリースしています。


 

 
ブルワリー同士のコラボビールでも、セッションIPAがあります!


 
ということで、ゆっくり飲みたい時や昼飲み、長く飲み続けたい時にも
セッションIPAはおすすめです。が、普段飲んでも美味しいので、
まだ飲んだことがない方はぜひお試しください!

その他のセッションIPAに関する記事はこちら

どうも、麦酒男です。 増税前の駆け込みビール! という方もいらっしゃるかと思いますが、 せっかく3月中に買っても、高いところで買ってたんじゃ意味が無い! そんなわけで、コンビニ、スーパー、ネット通販、量販店で どれだけの価格差があるのか、調べてみました。こち ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

増税前の駆け込みビール! という方もいらっしゃるかと思いますが、
せっかく3月中に買っても、高いところで買ってたんじゃ意味が無い!

そんなわけで、コンビニ、スーパー、ネット通販、量販店で
どれだけの価格差があるのか、調べてみました。こちらをどうぞ!

ビールの価格表

量販店(今回はドン・キホーテ)の価格が安い、という調査結果になりました。
スーパーはケース買いしたら、もう少し安く抑えられるかもしれませんね。
コンビニを定価として考えると… 金麦にいたってはドン・キホーテで
三割近く安く買えるんですね。むしろコンビニが高く見えてきます。

ということで、安く買いたいならドン・キホーテに行こう!

って、違うんです。ビールブログ的には、続きがあるんです。
それは、安ければ安いほどいいのか? ということです。

考えたいのは、ビールの状態です。ビールは輸送や保存の状態が味を左右します。
ドン・キホーテでは、ビールが冷蔵庫で保管されずに外に出ていることも多いです。
そういう意味では、ずっと冷蔵庫で保管&回転の早いコンビニで買うのが、
同じビールでも美味しいのかもしれません。でも定価だけど。

ということで、時間もありませんが、一度、同じビールを飲み比べられたら
どこでビールを買うのが幸せか、参考になるかもしれません。
コンビニが美味しいのか、量販店でも大丈夫なのか…
パートナーを試してみてもいいのかもしれません。ふふふ、この週末にぜひ!!


【ビアグラス】シュピゲラウ社 ビール飲み比べセット 5,460円


どうも、麦酒男です。 忘年会、してますか〜!? 二日酔い、してませんか〜!? ということで、ヘパリーゼ、しじみ習慣と対策が進んできた麦酒男ですが、沖縄にいるということで琉球酒豪伝説を試してみました。 先日、仕事の忘年会があり名古屋に行ったんですが、その時 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

忘年会、してますか〜!? 二日酔い、してませんか〜!?
ということで、ヘパリーゼしじみ習慣と対策が進んできた麦酒男ですが、沖縄にいるということで琉球酒豪伝説を試してみました。

琉球酒豪伝説

先日、仕事の忘年会があり名古屋に行ったんですが、その時のお土産に琉球酒豪伝説を持って行きました。飲み会が始まる前にみんなで飲んで… 一回一包にこれだけの粒が入っているのに若干引きつつも…

酒豪伝説、たくさんあるよ。

飲んだ結果…

次の日、褒められました。みんな悪酔いもしなかったし、二日酔いも無かったとのことです。ちなみにみんなが飲んだのはビール8〜10杯くらいなので、2リットルくらいかな… 僕はその後、さらにビール1杯、テキーラ数杯を飲んだので、若干ですが二日酔いでした。いろんなウコンが入ってますね。春ウコン、秋ウコン、紫ウコン、白ウコン…

ウコンを中心に…

酒豪伝説いいよ、とは聞いていたんですが、2リットルくらいのビールであれば、問題なさそうなことがわかりました。
お酒を飲む・食事をいただく前に、1包を水とごいっしょにお召し上がりください。
食品(サプリメント)ですのでお酒と一緒に飲んでも安心してお召し上がりいただけます。

ということで、毎日のコンディションを整えるためにしじみ習慣を、ここぞという時には、琉球酒豪伝説を飲むことにしました。これで忘年会シーズンも乗り切れる、かな? ちなみに琉球酒豪伝説はAmazon.co.jpで買うのがオススメです! 送料無料だし、ほぼ半額だし! 一包100円以下で買えますよ〜。




どうも、麦酒男です。 しじみ習慣最強説を唱える僕ですが、いったいどれだけ飲めば 二日酔いになるのか、興味がありました。 が、その瞬間がやってきてしまいました。 その日は2軒飲みに行ったのですが、1軒目は居酒屋で 食事もしっかりと食べつつでしたが、ビールのジョッキ ... 続きを読む

どうも、麦酒男です。


しじみ習慣最強説を唱える僕ですが、いったいどれだけ飲めば
二日酔いになるのか、興味がありました。
が、その瞬間がやってきてしまいました。


その日は2軒飲みに行ったのですが、1軒目は居酒屋で
食事もしっかりと食べつつでしたが、ビールのジョッキを6杯、
ワインのソーダ割りを1杯いただきました。


お酒




続きを読む

どうも、麦酒男です。 今までいろいろな二日酔い対策をしてきましたが、ついに最高のものに出会いました。 ズバリ! 二日酔い対策には「しじみ習慣」が超絶オススメです! 今までに試してきた「ウコンの力」や「ヘパリーゼ」と何が違うのか… もう圧倒的です。そのまんまで ... 続きを読む

どうも、麦酒男です。


今までいろいろな二日酔い対策をしてきましたが、ついに最高のものに出会いました。
ズバリ! 二日酔い対策には「しじみ習慣」が超絶オススメです!


しじみ習慣


今までに試してきた「ウコンの力」や「ヘパリーゼ」と何が違うのか…
もう圧倒的です。そのまんまですが、二日酔いがない…
いや、ひどく飲んだ時には、朝起きて1時間くらいはボヤッとしているんですが、
それでも、1時間くらいで消えるんですよね。これは意外とすごいです。


しじみ習慣を飲み始めてから、二日酔いで次の日のパフォーマンスが
落ちるってことがなくなりました。いやはやビックリ。


栄養成分など


しじみ習慣はその名の通り、二日酔い対策のお薬ではなくて、
サプリメントなんですね。なので、基本的にはお酒を飲む前、とかではなくて
毎朝とか毎晩、飲むようにすればいいんです。
なので、薬を飲み忘れて二日酔いってこともなくなります。
というか、僕はほぼ毎日のようにお酒を飲んでいるので、
習慣化するものの方がありがたいという事情もあるかもしれませんが…


それでも30日分で4,000円ですから、1日130円ちょっと…
実は、他のサプリよりも安いのも魅力です。


ということで、定期的にお酒を飲んで、時々は二日酔いというあなた!
しじみ習慣、オススメします。今だと10日分の無料サンプルももらえるらしいので、
まずはそれで試してみるといいんじゃないかと思います。


▼自然食研 しじみ習慣
https://www.sizenshokken.co.jp/shijimi/




どうも、麦酒男です。 今年もやってきましたよ、忘年会のシーズンが! なんでしょうね、新年会はそんなでもないんですが、忘年会の追い込み方、って。 僕はというと、今年すでに2回、忘年会をこなしました。 ということで、今年も、わたし麦酒男が実践している、 二日酔いに ... 続きを読む

どうも、麦酒男です。


今年もやってきましたよ、忘年会のシーズンが!
なんでしょうね、新年会はそんなでもないんですが、忘年会の追い込み方、って。
僕はというと、今年すでに2回、忘年会をこなしました。


乾杯!


ということで、今年も、わたし麦酒男が実践している、
二日酔いにならないための、あるいは、なってしまった場合の対策を紹介ます。


【1】 食べる



すきっ腹にお酒というのはかなり早く酔います。
飲み会に向かう前には、何かお腹に入れておきましょう。
「飲む前に食べる」これが大事です。
とはいえ、いろいろと食べたらカロリーも気になるのも事実。
ハラペコの状態で飲み会になってしまったら、
サラダや海藻類を多く食べることをオススメします。
豆腐やアボカドを使ったサラダなら、ビールとの相性もいいですし、
女性陣にも受け入れられやすいと思います。


サラダ




続きを読む

どうも、麦酒男です。 大手メーカーのビールや発泡酒の価格比較を2008年と2005年に やってみましたが、今年も、どの大きさで買うのがお得なのか、比較してみました。 まずは、一般的な価格を調べるためにカクヤスを例に見てみましょう。 種別 容量 2005年 2008年 2012年 ... 続きを読む

どうも、麦酒男です。


大手メーカーのビールや発泡酒の価格比較を2008年と2005年に
やってみましたが、今年も、どの大きさで買うのがお得なのか、比較してみました。


まずは、一般的な価格を調べるためにカクヤスを例に見てみましょう。















































種別 容量 2005年 2008年 2012年
発泡酒 350ml 145円 155円 138円
発泡酒 500ml 193円 209円 195円
缶ビール 350ml 208円 215円 195円
缶ビール 500ml 271円 282円 265円
瓶ビール(大) 633ml 295円 311円 311円

2008年は原油が高騰して価格が上がるという出来事があったのですが、
缶ビールに関してはここ最近で一番安くなっていますね。
新ジャンルにおされていたり、プレミアムビールの流行ということもあるのでしょうね。
これはカクヤスの値段なので、コンビニだともっと高いでしょうし、
近所のスーパーだともっと安く買うことができるかと思います。
ちなみに近所のスーパーだと、大瓶が298円、新ジャンル缶500mlが155円、
そして500mlの缶ビール6缶パックは1,458円(1缶あたり243円)でした。


次に1mlあたりの価格を比較してみたいと思います。



























































種別 容量 現在の価格 1mlあたりの価格
新ジャンル 350ml 114円 0.325円
新ジャンル 500ml 165円 0.33円
発泡酒 350ml 138円 0.394円
発泡酒 500ml 195円 0.39円
缶ビール 350ml 195円 0.557円
缶ビール 500ml 265円 0.53円
瓶ビール(中) 500ml 263円 0.526円
瓶ビール(大) 633ml 311円 0.49円

なんと新ジャンルに関しては、500mlよりも350mlを買った方がオトクという結果に…


ここでちょっとオトクな情報を… カクヤスの場合、配送時に瓶を返却すると、
保証金として瓶1本につき5円の返金があるそうです。なので、
実質、633mlで306円、1mlあたり0.48円となります。
カクヤスが近所にある場合は無料で配達してくれますし、
新ジャンルとか発泡酒じゃなくてビールがいいんだ、という方は
大瓶を買うことで節約ができそうですね。



【ベルギーの新ジャンル】ユーロ ホップス 330ml 103円




どうも、麦酒男です。 雑誌などでもクラフトビールの特集が組まれ、 興味を持った方や、最近飲んでみたという方も多いと思いますが、 初心者だったら、クラフトビールをどこかで買ってきて家で飲むよりも、 お店に行って樽生のクラフトビールを飲んだ方がいいですよ、という ... 続きを読む

どうも、麦酒男です。


雑誌などでもクラフトビールの特集が組まれ、
興味を持った方や、最近飲んでみたという方も多いと思いますが、
初心者だったら、クラフトビールをどこかで買ってきて家で飲むよりも、
お店に行って樽生のクラフトビールを飲んだ方がいいですよ、というお話です。


ブリマーブルーイング ゴールデンエール


1. 樽生とボトルの違い


一部のビールを除いて、基本的に樽生とボトルの中身は同じものです。
業務用の樽に入れて、そこからサーバーを通じてグラスに注ぐか、
ボトルに詰められて、それを自分でグラスに注ぐかの違いです。
ただし、これは樽やボトルに詰められた直後のお話です。


2. ビールの管理、鮮度の問題


クラフトビールは酵母を濾過していないものも多く、
それが魅力のひとつでもあるのですが、それゆえにとても繊細です。
どんな風に輸送、保管されていたか、というのが味に影響を与えます。
ボトルのビールは、同じケースに入っていても、
日光が当たったものと当たっていないものでは味も違ってきます。
これはボトルだけではなく、樽でも同じことではありますが…


Stone ルイネーションIPA


3. 試飲しているか、していないか?


樽の場合、容量が大きいので、同じ状態で輸送、保管されてきたビールが
10リットル以上あることになります。ただ、お店のスタッフが試飲をして
ガス圧などを調整し、そのお店のオススメの状態でお客さんにサーブされます。
ビールがお客さんに出せる状態ではないと判断した場合、
メーカーに返却するお店もあります。


真剣


4. ボトルは開けてみなくちゃわからない


つまり、樽のビールはそのお店のオススメの状態で出てきますが、
ボトルビールは開けてみるまでわからない、もっと云えば、
お店の人もそのボトルについてはわかりようがないのです。
(ワインの場合はボトルを開けて試飲からはじまりますが…)


美味しいと云われているビールがあり、それを通販で買ったとして、
そのボトルが評価をするに値するボトルなのか、その基準を
まずはお店で見つけた方が幸せなビールライフを送れると思います。


5. スタッフと話すのも醍醐味
自分が飲みたいビールや、その日にオススメのビール、
他のお店には入っていないであろう珍しいビール、などなど
お店のスタッフにお話を聞きながら飲むということも、
通販で買って飲むのとは違う楽しみが味わえます。
ぜひクラフトビールの飲めるお店に行って、
スタッフの方とお話しながら、美味しいビールをみつけてほしいと思います。


渋谷 グリフォン スタッフ


ちなみに、ビールの美味しさが間違いなく、
いろいろなビールが飲めるお店でオススメなのは、
東京だったら、こちらの上から3つのお店でしょうか…
他の地域の方はぜひ @draftbeerman まで聞いてみてくださいね。
良いお店をご紹介させていただきますよ。