どうも、麦酒男です。

以前、牧志公設市場の近くにある「パーラー 小やじ」というお店に行きましたが、その本店が那覇市泉崎にあるということで行ってきました。こちらは「飲み喰い処 小やじ」というお店になります。

飲み喰い処 小やじ

樽生ビールは沖縄の居酒屋らしくオリオンビールですが…

オリオンビール

メニューを見ると、仙台を中心に東北の美味しいものを取り揃えている居酒屋のようです。お通しも山形の玉こんにゃくでした。醤油漬けの玉こんにゃく、美味しいんですよね〜。

お通しは玉こんにゃく

おつまみはだいたい500〜600円程度。和洋折衷、いろいろとオツなメニューがありますが、まずは真鯛わさび和え(580円)!

真鯛わさび和え(580円)

そして莫久来(450円)で呑みます。莫久来(ばくらい)はホヤとこのわた(ナマコの腸)で作る塩辛のことです。

ばくらい(450円)

このふたつをビールで流すのはもったいない、ということで日本酒に切り替えました。日本酒は福島の一歩己(いぶき) 無濾過純米生原酒です。

日本酒を…

かなりフルーティーなお酒でした。昔ながらの日本酒らしい日本酒(という表現はちょっと違うかも)が苦手な僕には、とても飲みやすく美味しい日本酒でした。

そんな日本酒と合わせてみたいおつまみがこちら。

北あかりのポテトサラダ(480円)

北あかりのポテトサラダ(480円)です。ポテサラと日本酒、ちょっと憧れてたんですよね〜。オツなオツマミと日本酒が多いお店ですし、この組み合わせもアリかな〜、と。

ポテサラと日本酒

ポテサラはウスターソース的な風味を感じられるものでしたが、日本酒との相性もそんなに悪くなかったです… けど、やっぱりビールかなぁ… まあ、ビールだとお腹が膨らみすぎちゃう気もします。

お腹にたまりそうな、ごぼうの南蛮揚げ(480円)もいただきました。

ごぼうの南蛮揚げ(480円)

南蛮漬け的に漬けたごぼうを揚げたもののようです。酸味があって柔らかいごぼう揚げでした。

日本酒は続きます。続いては、宮城のお酒、宮寒梅 おりがらみです。

宮寒梅 純米吟醸45% 生酒 おりがらみ

これがまた、日本酒的な旨みがしっかりと味わえる美味しいお酒でした。ちびちび飲んでられず… スイスイ飲んじゃいました。

日本酒がすすめば、自ずとつまみもすすみます。こちらは九条ねぎとカンパチ酢みそ和え(580円)です。

九条ねぎとカンパチ酢みそ和え(580円)

さらに厚切り牛タン炭焼き(980円)です。

厚切り牛タン炭焼き(980円)

カンパチも牛タンもしっかりとした歯ごたえ、そして噛むほどに出てくる旨みを楽しめるつまみでした。

さらに! ですよ。なんと焼き餃子(6個 500円)もありました。

焼き餃子(6個 500円)

ここまで来るとさすがに日本酒ではなくビールですかね。ということで、一番搾りを瓶でいただきました。

一番搾り 瓶

餃子は、皮がもちもち、中の餡は多めで、おつまみというよりはおかず的な餃子に感じました。お腹が減っている時にガツガツいくのも良さそうです。

そして最後! パーラー小やじでもいただいた定義山三角油揚げ焼き(480円)をちびちびいただいて〆ました。

定義山三角油揚げ焼き(480円)

薬味たっぷりでいただきます! これはビールでも日本酒でもOKですね。

薬味たっぷりでいただきます!

牛タンや刺し身の専門店ではないのに、どれも一級のクオリティ、そして一緒にうまいお酒も楽しめました。最近流行りの大衆居酒屋よりも、しっかりとしたお料理とお酒が「味わえる」お店でした。さすが飲み喰いどころ、です。今更感もありますが、ここはオススメですよ!

[関連リンク]
飲み喰い処 小やじ(食べログ)