どうも、麦酒男です。

今回のドイツ&チェコの旅は、このお店がお目当てで計画しました。
いろいろなビール関係者にお話を聞いてみると、多くの方がこのお店を
最高だったと語っていて、「いつかは行ってみたい」と思っていました。

プラハにある「U Zlatého Tygra(黄金の虎)」というお店です。

U Zlatého Tygra

黄金の虎のオープンは15時。電話で予約する自信が無かったので、
オープン前に行って、なんなら並ぼうと思っていましたが、
40分前には人影は無かったので、近所で飲みながら開店を待つことに。

U tří růží(3本の薔薇)で自家醸造ビール


お店の斜向かいくらいにあるU tří růží(3本の薔薇)にやってきました。
こちらはまだ新しい醸造所だそうで、いわゆるブルーパブですね。

U tří růží Praha

樽生のビールは6種類あるようでしたが、この後のこともあるので軽く…
Lager(ラガー)をいただくことにしました。

3つのバラで

ピルスナーウルケルと同じような丸っこいジョッキに入ったラガー、
これで250円くらいです。ウルケルも安いですが、小規模醸造のビールも
安いんですね~。今度はここもしっかりと飲みに来てみたいです。

3つのバラ Lager

今回はカウンターでいただきましたが、奥にはテーブル席もありました。
サイトを見ると、レストランも併設されているようで、
かなりしっかりと食事がいただけるみたいです。

U tří růží Praha 店内

いよいよ黄金の虎(U Zlatého Tygra)へ


開店15分前になったので、黄金の虎に移動しました。
この時もまだ誰もおらず… 我々が一番乗りでした。

黄金の虎 入口

10分くらい前からでしょうか? 人がどんどん並び始めました。
ビールのために開店前から並ぶのは僕らだけじゃなかった!

さて、いよいろ開店です! お店の扉が開き、中に入ると
ぶっきらぼうに、どこでも座んな、という雰囲気が漂います。
ただ、席には予約のサインが置かれているところもあり、
そのテーブルに座れるのは、その時間までということでした。

18時から予約席

基本的に席はすべて常連さんの予約で埋まっていて、常連さんが来るまでは、
一見さんも飲める、って感じなのかな、と。いいシステムですね。

ピルスナーウルケルで乾杯!

ということで、ここからは飲めばどんどん追加で出てくる
ピルスナーウルケルを飲み続けます。僕らは6人掛けの席に座りましたが、
もちろん相席で座ります。この日は僕らの他に、
オーストラリアから来たご夫婦とプラハ在住のご常連さんと一緒になりました。

同じテーブルのお客さんと

隣りのテーブルは15時スタートの常連さんたち… 皆さん、お店に入って来ると、
お店のスタッフと握手をして席に座っていました。いい雰囲気です。

ご常連さん

それにしてもピルスナーウルケルですよ。こちらのウルケルも
間違いなく美味しくて、ゴクゴク飲めます。アルコール度数が4.5%と
ちょっと低めというのもあるかもしれませんが、とにかく飲めちゃう!

ゴクゴク飲めちゃう!

すぐに2杯目をいただき… 飲み終わると、後ろのサーバーから
ビールが出てきます。そしてまた飲む!

すぐに2杯目

ちなみに、ケルンのお店でもそうでしたが、飲み終わると次のビールが
出てくるお店は、紙に線を書いて最後に計算するシステムのようです。

紙に書かれます。

こちらは白身魚の酢漬け、だったかな… 結構味が濃かったので、
おつまみはこれだけで十分でした。なによりもビール、です!

味濃いめの魚料理

パンと一緒に

最終的にはふたりで11杯も飲んでました! いやはやビックリです。
滞在時間は2時間半だったんですが、まさかの5.5リットルです。

ふたりで11杯も飲んでいた…

ピルスナーウルケルは美味しかったし、ドリンカビリティも高かった…
すごいビールです。もちろん、お店の雰囲気やお客さんも素敵で、
帰りたくなかった、ということもありますね。

でっかいおじさんが多い

一緒のテーブルに座った常連さんは英語が堪能だったので、
みんなでビールの話から、戦争の話まで… いろいろなお話をしました。

常連さんも交えて

再会を!

最後は旅人みんなで撮ってもらいました。

記念撮影

プラハの黄金の虎、今回の旅の目的地。ここのビールが一番美味しかった、という
わけでは無かったんですが、一番楽しくて、一番飲んだ、ということは
間違いありません。美味しいビールとともに、夢のような時間を過ごせました。

また常連のおじさんに会いに行けるといいなぁ…

[関連リンク]
U Zlatého Tygra(TripAdvisor)
U Zlatého Tygra(公式サイト)