どうも、麦酒男です。

栄町に餃子と名のつくお店がオープンしていました。
その名も「一番餃子屋」。栄町市場の入り口の角にあります。

栄町 一番餃子屋

メニューはおつまみ系のものがメインですが、そこまで多くはありません。
酢鶏や四川麻辣湯など、ちょっと珍しいメニューがあるのも特徴です。

栄町 一番餃子屋 メニュー

ビールは樽生でオリオンがありました。ジョッキに綺麗に注がれています。

ビールはオリオン

さて、お目当ての餃子ですが、まずは家族特製水餃子(550円)から
いただきました。家族特製、というのがなんともいいですね。
聞けばお店の親父さんが中国の大連出身だとかで、
現地の家庭の餃子、ということなんでしょうか…

家族特製水餃子(550円)

厚ぼったくモチモチした皮とバランスのとれた餡が美味しいです。
おつまみとしては、若干薄いというか、おかず的な餃子だと思いました。
ただ、それだけに何個でも行けちゃいそうな気もします。

続いて出てきたのは、酢鶏(500円)。酢豚の鶏肉版かと思ったら違います。

酢鶏(500円)

紹興酒で漬けた蒸し鶏もも肉とのことで、プルンとした食感が美味しいです。
ネギ&キュウリのシャキッとした食感もアクセントにいいですね。

続いては、手羽先あぶり焼(600円)です。

手羽先あぶり焼(600円)

これもなんとなくですが、家庭で出てきそうですよね。
メニューには胡椒風味と書かれていましたが、胡椒はそこまで強く感じず、
これは少し残念でした。もう少し胡椒が強ければ、
もっとビールとの相性が良くなりそうですよね。

そんな中、真打登場! 家族特製焼き餃子(550円)です。

家族特製焼き餃子(550円)

こちらの餃子も家族特製です。まるっこいかわいいルックスです。
水餃子同様、皮が厚いので、ちょっとかじって、その部分に
酢醤油をつけていただきます。もちもちの皮が本当に美味しい。

バランスのとれた案

こちらも餡はバランス型で、何個でもイケちゃう感じです。
焼き餃子の食感&油もあるので、ビールとの相性を考えるとこちらですかね。
一番餃子屋の餃子の特徴は皮(の食感)にある気がしました。

うまし!

平塚さんの餃子が食べられない今、那覇で一番の餃子は、名前の通り、
このお店かもしれません。もうひとつ候補に挙がっているのは、餃子亭です。

ちなみに、家族特製はこの他に手羽先唐揚げと炒飯がありますし、
メニューも徐々に増やしていくということでしたので、
また近々行ってみたいと思います。那覇で餃ビを楽しみたい時にはオススメですよ!

[関連リンク]
一番餃子屋(食べログ)