どうも、麦酒男です。

那覇のディープスポットといえば栄町ですが、さらにディープというか…
国際通りから徒歩10分程度、天皇陛下も訪れた対馬丸記念館があるのですが、
ラブホテルも多いこのエリアに、急に餃子の提灯がかかっています。

餃子の提灯

提灯の前にあるのが、今日の目的地「餃子亭」です。

那覇・若狭 餃子亭

餃子がメインの居酒屋さん、といった感じでしょうか。
まずはオリオンビールのジョッキで乾杯です。

ビールはオリオン

メニューはこんな感じです。焼き餃子から水餃子まで8種類の餃子。
そして、他にもビールがすすみそうなメニューがたくさんあります。

餃子亭 メニュー

まずはかるくメンマ(300円)から。大き目で食感まで楽しめます。

メンマ(300円)

続いては、せせり炒め(550円)です。首の肉ですが、柔らかくて程よく脂もあって、
鶏の部位ではせせりが一番好きかもしれません。炒めてあるのはシンプルでいいですね。

せせり炒め(550円)

そして、真打登場!
もちパリ餃子(400円)、焼餃子(380円)、軟骨入り焼餃子(450円)です。

餃子いろいろ

自家製の皮を使ったもちパリ餃子は皮が厚めで美味しいのはもちろん、
他の餃子にも云えるんですが、餡の下味が濃くて美味しいんですよね~。
ビールとの相性だけを考えて作られた餃子のようです。

餡の味は濃いめ、皮は厚め

それだけにご飯のおかずとしては、バランス悪いかもしれませんが、
飲みのツマミとしては、かなりのレベルだと思いました。
軟骨を入れるなんて、わかってるじゃないですか~! ビールとの相性グンバツです!!

ということで、さらにシソ焼餃子(400円)、にんにく餃子(400円)を!

さらに餃子

テーブル調味料としてレモン汁が置いてあったのですが、
餡の味が濃いので、レモン汁だけつけて食べるのもイケてました!

レモン!

何度も書きますが、ビールとの相性を考えたら、かなりの餃子だと思います。
他にもビールとの相性抜群のメニューもありますし、
餃子好きが沖縄に来たら、必ず来た方がいいお店かもしれません。

持ち帰りもできます

ちなみに持ち帰りもできるようなので、那覇に住んでいる人は
自宅用とかパーティー用にもいいかもしれませんね。

まだいただいていない餃子もあるので、近々また行ってみようと思います。
ああ、餃子とビールって本当に最高ですね~。

[関連リンク]
餃子亭(食べログ)