どうも、麦酒男です。


渋谷にある有名焼肉店「ぱっぷHOUSE」に行って来ました。
着いたら、まずはビールから。そしてチョレギサラダもいただきます。


036545c1.jpg



ビールはサントリーのプレミアム・モルツ。
瓶ビールもプレモルでした。


この日はカウンターでいただいたのですが、
目の前のフリーザーにはこんな感じでおいしそうなお肉が…ゴクリ。


ab8f2d2c.jpg


脂ののりかたもさることながら、肉の塊ぐあいがそそります。
ということで、カルビやハラミやロースをいただきます。


abbc5962.jpg


もちろん、ユッケやレバ刺しもいただきます。


e7b10155.jpg


が、このお店に来て普通のお肉ばかり食べててはもったいない!
ぱっぷHOUSEは希少部位を出してくれるお店として有名なのです。
なんでも牛を半頭単位で買っているので、あまり流通しないお肉もいただけるのだとか。


ということで、希少部位のメニューはこちら。


95e69bc9.jpg


まずは、1頭からおよそ4kgしか取れないというカイノミをいただきました。
フォトジェニックなカイノミがこちらです。
見た目からして普段食べているお肉と圧倒的に違います。


50211afa.jpg


いただいてみると、脂がのっていて柔らかくておいしかったです。
「やわらか~い」とついつい云ってしまう柔らかさ。
勢いに乗って一気に食べてしまったのですが、
何口かにわけて食べるような、上品な食べ方をしたいお肉です。


そしてもうひとつ、名前が気になったお肉が「ウデ三角」。


3a527644.jpg


前足の付け根のところのお肉なんだそうです。
これがかなり厚切りになっていまして…


fe9f2f5b.jpg


こちらもほどよい柔らかさなんですが、
分厚いので噛み応えがあり、しっかりと肉の味を楽しむことができました。


希少部位まだまだたくさんありましたが、
一気に全部食べてしまうのももったいないので、今回はここまで。
他にもイチボとかミスジとか、食べてみたいメニューが盛りだくさんなので、
また行ってみたいと思います。


ちなみにカウンターには雑誌が置いてあり、
ひとり焼肉の人用なのかな、なんてことも思いました。
一応、お店が掲載されている雑誌ではありましたが…。


12b5f72e.jpg


ということで、おひとり様もOKな「ぱっぷHOUSE」、
お肉が好きなあなたは、まだ食したことのない希少部位を求めて
ぜひ行ってみてほしいと思います。
あ、希少部位は結構なお値段なので、たくさん食べたい方は、
たくさんお金を持っていくことをオススメします。


▼ぱっぷHOUSE 渋谷店
http://www.pap-house.com/



大きな地図で見る