どうも、麦酒男です。

沖縄で勢いのある居酒屋と言って、思い浮かぶのが目利きの銀次です。
その勢いは、モンテローザグループにガッツリ真似されるほど…
(沖縄以外の目利きの銀次はモンテローザグループなので注意!)

さて、沖縄の目利きの銀次は新都心と呼ばれるエリアにあります。

目利きの銀次 外観

お店は広いカウンターとテーブル席、2階席もありました。

目利きの銀次 店内

まずはビール。オリオンドラフトと麦職人から選べました。お好みでどうぞ。

ビールの奥に見える鍋は… なんとお通しです。

目利きの銀次 新都心店


この日は、ハマグリか牡蠣から好きな方を選べました。
出汁に入れて煮立ったらいただけるとのことです。

お通し ハマグリと牡蠣

「毎日が物産展。」と書かれているメニューを見てみると…

毎日が物産展

たしかにすごい! 北は北海道から九州、沖縄までいろいろなメニューがあります。
馬肉は恵比寿の馬喰ろうから提供してもらっているんだとか!

銀次 メニュー

ということで、馬肉を始め、気になるメニューをオーダーしている間に
出汁が煮たちまして、ハマグリもパカーンと開きました。

目利きの銀次 カウンター

出汁をすすりつつ、ハマグリをいただきます! ああ、幸せ。

ハマグリ

続いて、目利きの銀次名物の箱盛りです。なんと6点盛りで500円です!

箱盛り鮮魚刺し

こうなるとビールよりも日本酒がいいかも、ということで…

日本酒メニュー

ビールを飲み干して、イチオシになっていた日本酒 醸し人九平次をいただきま~す!

日本酒

ここから物産展の幕開けです! まずは馬肉のユッケ。

馬肉ユッケ

タレ&うずらの卵と混ぜて、ネギと一緒にいただきます!

馬肉をがぶり!

もひとつ馬肉を! ヒレ肉のぶつ切り刺しです。この厚み!

馬刺し

こちらはソラマメと野菜のかき揚げ。季節のメニューがあるのもうれしいですね!

ソラマメと野菜のかき揚げ

沖縄代表は、とろとろ豚ソーキ炭火山葵焼き。
トロッとしたソーキをワサビとオニオンで〆つつ、いただきます。

とろとろ豚ソーキ炭火山葵焼き

お次はなめろう。骨はフライになって出てきます。

なめろう

穴子はお刺身でいただきました。穴子の刺身って初めてかも。

穴子の刺身

最後は、「銀次特製ソース」のエビマヨです。いや~、食べた食べた。

銀次特製ソースの「エビマヨ」

実際に物産展に行くよりも、いろいろなものをガッツリ食べた気がします。

こんなおにぎりや…

おにぎり!

お茶漬け、そしてラーメンなんかもあり、気にはなるのですが、
さすがにやめておきました。〆には炭水化物、という方はぜひ!

鮭ハラスのほうじ茶漬け

初めての沖縄、という感じだったらなかむら家や大安丸がいいのかなぁ、と思いますが、
何度か来ている人や沖縄在住の人が飲むなら、このお店はいいんじゃないかと思いました。
店員さんも元気ですし、楽しい沖縄の雰囲気を感じられると思います。
人気店なので、3人以上で行く時は予約をしておくことをオススメします。

[関連リンク]
目利きの銀次 新都心店(食べログ)


萬乗醸造 醸し人九平次 純米大吟醸 別誂 720ml 4,167円