どうも、麦酒男です。

はこだてビールからのはしご、函館の二軒目は
地元の人が集う居酒屋「活魚ろばた 汐活」に行ってきました。

活魚ろばた 汐活 外観

ジ・居酒屋って感じで、いろいろなメニューがたくさんあります。

活魚ろばた 汐活 メニュー

まずはビール。樽生も瓶ビールもありました。もちろんサッポロビール!

ビール


オーダーしたのは、身欠きにしんを使ったにしん漬け!
いやぁ、身欠きにしんがあると、北に来たなぁ、と思います。

にしん漬け

身欠きニシン(みがきニシン)とは、ニシンの干物のことである。
かつて北日本、特に北海道の日本海沿岸では、春になれば海が白子(精子)で白く染まるほどニシンが押し寄せ、漁村は豊漁に沸き立った。しかし水揚げされた鰊は、生の状態では、日持ちがしない。冷蔵技術が発達していない時代は、内臓や頭を取り除いて乾燥させるのが一番合理的な保存法だった。大量の鰊を日本各地に流通させるため、干物に加工したものが身欠き鰊である。 (参考:Wikipedia


身欠きにしんは、昔よく食べた思い出があるので、懐かしかったです。

続いては、お刺身の盛り合わせも…

刺身3種盛り

となれば、ここはビールよりも日本酒ですよね!
北海道の地酒も気になりましたが、大好きな越乃景虎がお得だったので
越乃景虎をオーダーしてみました。

越乃景虎

一升瓶が無くなりそう、ってことで「ちょっと飲んじゃって」なんて言われ、
スッと飲んでは足され、2杯分くらいいただいちゃいました。
(ここでスイスイ飲んだのが後で効いてくるわけですが…)

函館らしいメニューもいただきたいな、なんてことで
活ほっきとアスパラのバター焼をいただきました。

活ほっきとアスパラのバター焼

ホッキの食感がシャキシャキと美味しかったです!

続いては、汐活オリジナルのいさり火揚げです。

いさり火揚げ

さつま揚げみたいな感じですね。味わいがしっかりとあって
これまた美味しかったです。日本酒とよく合いました!

どのメニューも結構ボリュームが少な目なので、
一人で飲みに来るのもいいかもしれません。

汐活

活イカ(かついか)を食べたかったのですが、今日は無いとのことで、
このあたりで次のお店に移動しました。
(函館なのに、どうして活イカが無いのか、その理由は後でわかるのですが…)

ともかく、地元の人で賑わう居酒屋に来られてうれしいかったです。

[関連リンク]
汐活活魚ろばた(食べログ)


身欠きにしん500g 1,380円