どうも、麦酒男です。


渋谷にあるホルモン焼きのお店「婁熊東京」に行ってきました。
まずはビール! 樽生はサントリーのプレミアムモルツです。


婁熊東京


今回はカウンターに座ったのですが、カウンターの前には豚が…
所在なさげにここにいるのか、それともマスコット的な感じなのか。


写真を撮っていたら、お店の方が「同じ衣装なんです」と教えてくれました。
やはりマスコット的なポジションのようです。


婁熊東京の豚


そんな婁熊東京ですが、ホルモンのお店ということで、
ビールにバッチリ合いそうなメニューがたくさんあります。


婁熊東京



メニューを見るとわかりますが、お値段は意外とリーズナブル。
ホルモンとはいえ、この雰囲気なのでお高いのかと思っていましたが、
これなら気軽に立ち寄れますよね。


婁熊東京 メニュー


が! まずはレバ刺しからいただきます。ドヤッ!?


レバ刺し


結構、アッサリめの味だったのですが、一緒に出てきた油をつけていただくと、
ほどよくコクも出ておいしかったです。なんでも健康な油なんだとか…
(すみません、詳しいことは酔って忘れてしまいました…)


続いて、こちらはガツのお刺身。というか、ガツの昆布〆です。
お肉の昆布〆って初めて食べました。


ガツの昆布〆


ポン酢ですっきりといただくか、わさび醤油でいただくか…
ガツ自体があっさりとしているので、個人的にはお醤油が気に入りました。


そして、次のビールは瓶でモルツをいただきます。


瓶ビールはモルツ


サントリーの人には怒られそうですが、何杯も飲むんであれば、
香りのインパクトも薄れてくるし、2杯目以降は普通のモルツの方が
ドリンカビリティが高い気がします。


続いては、モツ煮込み(豆富いり)です。


もつ煮込み豆富


こちらもあっさりとしていて食べやすかったです。
お店の雰囲気もオシャレなのですが、味付けもベタではなくオシャレですね。


このお店、こんなメニューもあったし、女性同士で来ても良さそうです。


豚こめかみ赤ワインソース煮


こちらは、豚こめかみ赤ワインソース煮です。こめかみ…
メニューを見て、ちょっと惹かれたのですが、料理が出てくるまでは
正直、どんなものなのか、まったく想像ができませんでした。


バゲットがついてくるのがうれしいし、オシャレですよね。
しっかりとバゲットにのせていただきました。


そして、ここからはやきとんをいくつか。


やきとん


やきとん


焼きとん


やきとんもなんだかオシャレですよね。そして、どれも美味しかったです!


最後はご飯もの… ということで、焼きおにぎりをいただきました。


焼きおにぎり


真っ白なご飯を目の前で握ってくれて、時間をかけて焼いてくれます。
カウンターだったので、その経過を見ていたのですが、
どんどん香ばしい焼きおにぎりに仕上がっていく様はなによりの調味料でした。


焼きおにぎり調理中


今回は突然思い立って、予約はせずにフラッと行ったのですが、
なんとかギリギリ押し込んでもらえました。
週末など、混みそうな時に行くなら予約していった方が良さそうです。


リーズナブルにオシャレに、ホルモンが楽しめる!
肉食女子にもうってつけの婁熊東京、入口がちょっと分かりづらいので、
デートで行く時は、ちゃんと調べてから行くといいですよ!


▼婁熊東京
http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13058009/



大きな地図で見る