どうも、麦酒男です。


ビールの評価基準のひとつに「ドリンカビリティ(Drinkability)」というものが
あることをご存知でしょうか? Drink - ability、直訳すると、飲む力、でしょうか。


TAP BORROW でブルックリンラガー


ドリンカビリティというのは、簡単に云うと、「飲みやすさ」ではなく、
飽きずに飲み続けられるか、ということ、と僕は理解しています。


たとえば、日本人にとって軟水は飲みやすいものですが、
何リットルも続けては飲めませんよね?
ただし、おいしいビールは何杯飲んでも飽きなかったりします。
“何杯飲んでも飽きない”、飲み干した後にさらにもう1杯飲みたくなる、
そういうビールは “ドリンカビリティの高いビール” と云えるわけです。


ビール好きにとって、ドリンカビリティが高いビールというのが、
うれしい存在であることは間違いないと思うのですが、
お店にとっても、何杯も売れるビールはありがたいものですね。
アサヒ スーパードライは、ドリンカビリティの高さを伝える営業で
取扱店を増やした、というお話も聞いたことがあります。


僕にとって、ドリンカビリティが高いビールとして、
何よりも先に思いつくのがブルックリンラガーです。
ブルックリンダイナーでのイベントの時には、
パイントで9杯もいただいてしまいました。
しかも、飽きることなく、ずっと美味しかったです。


ということで、その時に飲みやすいかではなく、
何杯も飲みたくなるビールかどうか、という評価基準で
好みのビール、相性のいいビールを探してみるのもいいかもしれませんね。