どうも、麦酒男です。


先日、キリンビールのキリン秋味をいただきましたが、
サントリーとアサヒビールの秋限定ビールもいただいてみました。


どちらも缶の上はゴールドで、紅葉をあしらったパッケージには「コク」の文字、
そしてアルコール度数6%、と非常に似通った商品に感じますが、
グラスに注いでみると、ビール、そして泡の色が違うのがわかるかと思います。


アサヒビール 秋宵&サントリー 秋楽


飲んでみると、アサヒ 秋宵はやはりアサヒビールっぽく、
スッキリとしていますが、アルコール度数6%なのが効いているのか、
ちょっとアルコールを感じて、ひっかかるものがあります。
飲みごたえという点では増しているのかもしれませんが、
これはコクとはちょっと違うような…


一方のサントリー 秋楽は焙煎の香ばしさを感じられますが、
こちらも若干アルコール感が… ただ、焙煎の香りでそれをうまく
ごまかせている気もします。


食事と合わせることを考えると、やはりキリン秋味の完成度が高いなぁ、と
改めて感じるわけですが、季節限定のちょっと変わったビールを飲む、
ということであれば、サントリーの秋楽もいいかもしれません。


▼アサヒビール 秋宵
http://www.asahibeer.co.jp/akiyoi/
▼サントリー 秋楽
http://www.suntory.co.jp/beer/akiraku/



【限定】サッポロ 富良野の秋 350缶24本 2,480円