まず塩をふります

おつまみ・レシピ

枝豆のおいしい茹で方

どうも、麦酒男です。

夏のビールといえば、きっても切れないのが枝豆です。
枝豆は、タンパク質はもちろん、ビタミンB1&B2やレシチンを
多く含んでいます。レシチンは脂肪が肝臓に沈着するのを防ぐ働きがあり、
ビタミンB群はアルコールの分解を助ける効果があるそうです。
ということで、枝豆ってお酒のおつまみには最適なんですね。

ということで今日は、はなまるマーケットでやっていた
おいしい枝豆のゆで方をご紹介します。
ポイントは3度の塩だそうです。

まずは、最初の塩。これは産毛を落とすための塩です。
軽く水洗いした枝豆に塩をふって枝豆同士をこすりあわせます。

まず塩をふります

次に茹でるためのお湯を沸かします。
ここに第2の塩を入れます。
この塩は茹でた枝豆の色を良くするのだそうです。

沸騰したお湯で枝豆を3分茹でたら
ざるにあけて水気をきって、第3の塩(適量)を振ってください。
これは味付けの塩です。茹でた後、水で冷ますのは、
おいしさが一緒に流れてしまうのでよくないのだとか。
塩を適度にまぶしたら、冷めるのを待つか、
うちわで扇ぐなどして冷ましてください。
冷めていく時に、塩味が枝豆に染み込んでいくそうです。

ということで、簡単にできました。
やや固めでおいしい枝豆になりました。

ビールは枝豆

柔らかめがお好きな方、もしくは急いでいるので
水で冷ましたいという方はあと30秒くらい
長く茹でるとよろしいかと思いますです。
 


本場 鶴岡白山の「だだちゃ豆」 1,500円




  1. 健康診断の驚くべき(?)結果

    ぼくの健康

    尿酸値9.5から3ヶ月で5.8まで下げた方法
  2. ビールの知識

    美味しいビールを飲むためのグラスの洗い方
  3. クラフトビール

    ビールの知識

    クラフトビール初心者だったら、まずはお店で飲んだ方がいいね!
  4. 勝手にビールアワード2017-2018

    ブロガー・イベント

    発表! 勝手にビールアワード 2017-2018
  5. 家でもうまいビールを飲むための8つの教え

    ビールの知識

    家でもうまいビールを飲むための8つの教え(2015年版)
PAGE TOP
Translate »