どうも、麦酒男です。
カナダ・アルバータ州とのタイアップで旅をしてきました。

Big Rock Brewery を見学した後のディナーもクラフトビールを
いただきました。カルガリーのダウンタウンにある
Last Best Brewing のブルーパブ、と云うよりも
ブルワリーレストラン、と云った方がイメージが合うかもしれません。

Last Best Brewing & Distilling

19時前に到着しましたが、お店はいい感じにお客さんが入っていました。
スーツの人もカジュアルな人もいましたが、みんなスマートな感じでした。

Last Best Brewing 店内

ダウンタウンの真ん中にありますが、ブルーパブということで、
醸造設備もしっかりとありました。決して小さくないけど、
街の中にある規模という感じですかね。

醸造設備

ビールはオリジナルの樽生が12種類くらいありました。
キャラメルラテビール、なんてもあって面白いです。

ビールメニュー

5人で行ったので、サンプラーセットを2つ頼んで
すべてのビールを制覇してみました。

サンプラーセット

ビールがいろいろ

季節柄なのか、色の濃いビールが多い印象です。

どのビール?

とりあえず各々、思い思いのビールを手にとって乾杯!

乾杯!

いろいろと飲んでみましたが、ペールエール、IPA はやはり安定の味です。
全体的に度数が高め、ドリンカビリティは低め、かな? ということで、
中継ぎにキャラメルラテビールがいい役割を果たしていました。
キャラメルラテビールは名前の通りの味で、美味しかったです。

さて、ここからフードメニューをいろいろいただきました。
まずはグリルドオクトパス、そのまま訳すと焼き蛸、ですかね。

グリルドオクトパス

焼き加減によっては、生っぽかったり、反対に固くなってしまったり
すると思いますが、ほどよく食感が残っていました。
蛸の身は白いですが、濃い目のビールと合わせると良さそうな味でした。

続いては、ホタテです。周りに添えてあるのは豚の耳をカリッと揚げたものです。

ホタテと豚耳

こちらも焼き加減がほどよくて、美味しくいただけました。

続いては野菜ですが、丸焼きになっています。

グリルサラダ

意識して野菜を食べないと野菜不足になってしまいそうなので、
こういったまるごと野菜のメニューはついついオーダーしてしまいます。

ここまでかなりオシャレなメニューでしたが、ビアバーらしいメニューも…
こちらはバッファローチキンウイングです。いつものや〜つですね。

バッファローチキンウイング

そして、カナダらしくバイソンのパティを使ったサンドイッチです。
中にはオニオン、そしてチーズも入っていて、ガッツリ美味しいメニューでした。

バイソンパティメルト

今度はバッファローのタルタルです。北米ですが、生卵! 珍しい気がします。

バッファロータルタル

お肉に生卵ですから、美味しいですし、これは飲むビールを選ばないし、
カナダらしいいいメニューですね。お値段は日本円で2,000円弱でした。

バイソンのサンドイッチでお腹がいっぱいになったので、
最後にIPAをいただいて〆ました。

Last Best IPA

Last Best Brewing & Distilling は最初にも書きましたが、
ブルーパブというよりもブルワリーレストランという感じで、
ビールがメインではなく、食事をメインに楽しめるお店でした。

日本ではクラフトビールがブームで、取り扱うお店が増えていますが、
まずはフードメニューが美味しくて、サブでクラフトビールがあるような
そんな形に未来を見た気がしました。そういう意味では、海外から
ビール好きが来た時に連れて行くお店って「八蛮」だったりするのかも…
そんなことも考えた Last Best Brewing でした。

[関連リンク]
Last Best Brewing & Distilling(公式サイト)