どうも、麦酒男です。

沖縄県の県庁所在地は那覇市ですが、ちょっと北に行くと
沖縄市という県名と同じ沖縄県第2の都市があります。
そこに誕生したのがコザ麦酒工房です。

沖縄市 コザ麦酒工房

コザ麦酒工房は建物の二階にありまして、
一階は角打ちができる酒屋さんになっています。
僕は横の階段を上がって、二階へ…

コザ麦酒工房

こんな感じの綺麗な店内です。カウンターが多いですが、
テーブル席も6つくらいあったでしょうか。
ひとりでもみんなでも来やすい作りになっています。

コザ麦酒工房 店内


コザ麦酒工房は自家醸造のビールが飲めるブルーパブ、になる予定で、
9月下旬から飲める予定なんだとか… ということは、まだオリジナルはありません。
この日のビールメニューはこんな感じでした。

ビールメニュー

岡山の真備竹林麦酒醸造所に兵庫の丹波篠山ジグザグブルワリー!
どちらもまだあまり馴染みがないブルワリーなので楽しみです。

1杯目はどれにしようか考えていると、お通しが出てきました。
これは上等なお通しですよ! ガスパチョ、キャロットラペ、カツオ!

お通し

ガスパチョをウォーミングアップとして飲み干したら、
ジグザグブルワリー ノースウエストペールエールをいただきます。

ジグザグブルワリー ノースウエストペールエール

フルーティーでサラッと飲みやすい美味しいビールでした。
280ml のグラスで提供されるんですが、3口で飲んじゃいました。

そんなわけで、すぐに二杯目をオーダー。
同じジグザグブルワリーのアメリカンペールエールです。

ジグザグブルワリー アメリカンペールエール

見た目はあまり変わりませんが、風味がビターに寄った感じです。
個人的にはフルーティーで飲みやすいノースウエストの方が好みでした。

さて、お食事もいただきます。こちらはベビーリーフのキウイドレッシングサラダ。

ベビーリーフのキウイドレッシングサラダ

キウイのドレッシングというのが、素敵ですね。
ホップのキャラクターが目立つフルーティーなビールとの相性、
なかなか良かったです。一年中手に入る食材ですし、いいアイデアですね。

続いてはラム肉のグリルです。

ラム肉のグリル

カリッと焼きあがっているのではなく、ぷるぷるジューシーなお肉でした。
程よくラムの風味もあって、美味しかったです。
そんなグリルに合わせて、真備竹林麦酒 たけ ブラウンエールをいただきます。

真備竹林麦酒 たけ ブラウンエール

ブラウンエールは、焙煎の香りが強いかと思いきや、
意外にもスッと飲みやすいビールでした。
ちょっと感じた違和感は、スーパードライブラックを飲んだ時と同じかも。
でも、美味しいんですよね~。ジョッキでグイグイいけちゃいます。

他にも生牡蠣があるということで、生牡蠣をいただいたりしつつ…

三陸女川産 生牡蠣

ジグザグブルワリー ジグザグIPA で〆ました。

ジグザグブルワリー ジグザグIPA

さて、コザ麦酒工房は9月下旬の自家醸造ビール提供に向けて鋭意準備中です。
いったいどんなビールが飲めるようになるのか、とても楽しみです。

コザ麦酒工房 大浜さん

提供が始まったらまた来ようと思いますので、レポートをお楽しみに!
噂では来年にかけて、沖縄本島に数件ブルーパブがオープンするらしいですし、
これからも楽しみですね〜。

[関連リンク]
コザ麦酒工房(公式ブログ)
コザ麦酒工房(Facebookページ)
コザ麦酒工房(食べログ)


手造りビールキット ¥10,285