どうも、麦酒男です。

初日の台北の夜、HOOTERSの後は近所にあるブルーパブへ!
歩いて数分の場所にありました。JOLLY のサインが目印。

「JollyBrewery+Restaurant」

お店に入ってみると、まずはズラリと並んだタップ…

タップ

そしてタンクが目に入りました。

醸造タンク


ビールは6種類ありました。メニューの下に「組合」というのがありますが、
これは「組み合わせ」の事で、テイスティングセットなのですね。

ビールメニュー

現在のシーズナルビールは、アメリカンダークウィートエール。
あまり見かけないスタイルですよね。ウィートなのにダーク。

シーズナルビール

まずは3種類のビールを組み合わせでいただきました。
110ml × 3 で日本円にして500円くらい。
左からピルスナー、ペールエール、ダークウィートです。

飲み比べセット

どれもそれなりに美味しかったのですが、味わいとしては大人しめでした。
一番印象に残ったのは、というか、好みだったのはペールエール。

ペールエールの説明

カスケードホップの風味が好きなんですよね〜。ということで、
他のスタイルにはいかずに、ペールエールをおかわりしました。
こちらは 400mlで550円くらいかな。

ペールエール

飲み飽きないし、いろいろなお料理とも合わせやすそうです。
ということで、食事のメニューも見てみます。
3軒目、ということであまりお腹は空いてないんですけども。

メニュー

イエローカレーとかレッドカレーとかシュリンプとか、
レストランメニューはタイ料理なのですね。
ということで、Spicy Pork with Basil をいただきます。

タイ風の炒め物

こちらも安定の美味しさでした。クラフトビールとタイ料理、なかなかの相性です。

カウンターの奥に行くと、タンクが裏から見られました。
樽も置いてありましたが、結構な大きさです。

樽は大きめ

相変わらずこの日はバレンタインデーなのですが、
店内はカップル、というよりは女子グループが多かったです。
いくつかのお店の中でもかなり客層が若かったですね。

店内は若者が多かった

Jolly Brewery + Restaurant、クラフトビールも楽しめる、
タイ料理のレストラン、と考えるといいのかも。
ポストモダンな雰囲気で、リーズナブルに楽しみたい夜にオススメです!

[関連リンク]
Jolly Brewery + Restaurant(公式サイト)
台湾地ビールはいかが? Jolly Brewery + Restaurant(旅々台北.com)


ミッケラー×スリーフロイド 樽熟成ウィートバーレーワイン 1,780円