どうも、麦酒男です。


青山一丁目と乃木坂の間あたりにある中華料理屋「珉珉」に行ってきました。
このお店、餃子が美味しい、ということで、
餃ビ探偵を名乗る僕はとても楽しみに午前中から伺ったのです!


赤坂 珉珉


まずはビールで乾杯です。テーブルにはザーサイが置かれており、
こちらは食べ放題となっていました。塩加減と香りが絶妙で
これをつまみにジョッキ1杯、飲んでしまいました。


そして、いろいろな餃子をいただいていくのですが、
まず出てきたのは水餃子でした。見てお分かりの通り、
水餃子というよりはスープ餃子という感じです。


水餃子



意外と優しい味のスープが前菜代わりにちょうどいい感じです。
餃子がメインではあるのですが、スープも残さずいただきました。


続いて本命、焼き餃子です。


焼き餃子


ちょっと厚ぼったい皮に包まれた感じです。
お店の人、この餃子を持ってくるなり珉珉流の食べ方を教えてくれました。
取り皿にお酢をジュワっといれたら、そこにこれでもかというくらいの胡椒!
これでいただくのです!


焼き餃子は酢胡椒で!


餃子自体は肉の感じが強いのですが、酢胡椒とのハーモニーがとても美味しく、
なおかつビールのつまみにピッタリの餃子に化けました。
酢と胡椒ってこんなにも相性がいいんですね。初めて知りました。


続いて、味噌餃子をいただきます。餡に味噌が入っているものを想像していたのですが、
そうではなく、肉味噌の餡につかった餃子でした。


味噌餃子


まず、肉味噌のおいしいこと! 味付けは濃い目なのですが、
角がない感じで食べやすいんです。そして、餃子との相性も抜群でした。
これまたビールとの相性も間違いなく… さすが餃子が有名になるお店です。


餃子以外にもいただいてみました。こちらは、麻婆豆腐のようですが…
よだれ鶏です。ちょっとピリ辛で、よだれが出るほどおいしい料理なのだとか。


よだれ鶏


甘辛い味噌と白髪ネギのシャキシャキ感がとても良かったです。
北京ダックではないですが、薄餅で包んでいただいても良さそうです。


他にも青菜炒めや…


青菜炒め


浅利や…


浅利


最後はビーフンまでいただきました。


焼きビーフン


とにかくいろいろいただいたのですが、何を食べても美味しかったです。
お店にはカウンター席もあったのですが、テーブル席がメインで
4~6人くらいの家族単位で来ているお客さんが来ているものうなづけます。
ある程度の人数で来て、いろいろと食べたいですもんね。


赤坂 珉珉(みんみん) 外観


ということで、土曜のランチは連れ立って、珉珉で餃子&ビールを楽しんで、
午後も有意義に過ごす、というのが幸せな土曜日の過ごし方なんじゃないかと…
そんな餃ビ探偵の調査結果なのでした。


▼珉珉(みんみん)
http://r.tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13001342/



大きな地図で見る