どうも、麦酒男です。


西荻窪にある「のらぼう」というお店に行ってきました。
樽生のビールはエーデルピルス。これだけで期待が高まります。


西荻窪 たべごと屋のらぼう エーデルピルス


お通しは白ばい貝でした。クルクル回して身を取り出していただきます。


お通し 白ばい貝



磯の香りとやさしい味付けが美味しかったです。


続いては茄子と茗荷の和えものです。


茄子と茗荷の和えもの


茄子がとってもみずみずしくて、フルーツのようでした。
そこに茗荷の食感も加わって、夏らしいおつまみとなっていました。


このあたりでお分かりになるかと思いますが、
普段、家でも作れそうな家庭料理ともいえるメニューが多いこのお店。


カウンターに座れば、重ねられた器の奥での調理風景が楽しめます。


西荻窪 たべごと屋のらぼう 店内


続いては、卵料理をいただきました。
ゴマとサツマイモの玉子焼きです。
こちらはどちらかというと秋っぽいイメージでしょうか。


ゴマとサツマイモの玉子焼き


写真だと少しわかりづらいですが、一口サイズにカットされています。
ゴマとサツマイモの相性は鉄板で、玉子焼きに入っても
やさしい甘さを楽しむことができました。
大根おろしに醤油をちょっと垂らしていただくと、お酒のつまみらしくなりました。


こちらは厚揚げ焼きです。


厚揚げ焼き


こちらはグリルで焼く様子を見ていたのですが、
「まだ焼くの?」というくらい時間をかけていたのですが、
かなり遠めの火でじっくりと焼いていました。
そのおかげか、中までしっかりとホクホクで美味しかったです。


最後は旬野菜と豚肉の塩胡椒炒り。


旬野菜と豚肉の塩胡椒炒り


キャベツ、赤ピーマン、ゴーヤ、白いゴーヤ、キノコ…
野菜のシャキッとした食感が残っていて、 食べ応えがありました。
野菜の食感って、硬くて青臭くても、炒めすぎてもダメで
なかなか好みのお店って少ないのですが、
ここの野菜炒めは美味しかったです!


地ビールもありました。常陸野ネストビールがいくつかありましたが、
この日はNIPPONIAをいただきました。


NIPPONIA


柑橘系の香りと、少し甘さを感じるようなビールでした。
古来の原材料を使ったビール、ということで、
のらぼうともなんとなく相性がいい気がしました。


のらぼうの料理はどれも素直にやさしい感じで美味しかったです。
良いものを知っている方が美味しいものを食べさせてくれる、
そんな感じのお店でしょうか。少人数でまったりと飲みたい時や
ひとりでちょっとお酒を飲みつつ、おいしいご飯を食べたい時にオススメです!


▼たべごと屋 のらぼう
http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13001122/



大きな地図で見る