どうも、麦酒男です。


サッポロビールからのご招待で、僕の大好きなビール、
エーデルピルスの醸造体験に参加してきました。


那須塩原からバスで20分ちょっと、
4月にオープンしたばかりだという「那須 森のビール園」で
このイベントは行われました。今回の参加者は17人。
みなさんブロガーの方だということで、
見たことのあるブログのオーナーさんもちらほら。


まずはエーデルピルスについての説明や、
今回のイベントの趣旨や工程をお話していただきました。


エーデルピルスの特徴


サッポロビールでビールづくり体験イベントするのは
今回が初めて、ということで、ブロガー同様、
スタッフの方もみなさん緊張されているようでした。


解説・石田さん


一通りのガイダンスの後は、いよいよ仕込みに入ります。
手作りビール工房なるスタジオに入ると、すでに準備は整っていました。


こちらが原材料のひとつ、麦芽、を砕いたもの。


麦芽


まずは、これをどんどん煮詰めます。


麦芽のおかゆ「マイシェ」


麦芽のおかゆ状態です。これをマイシェと言うらしいです。
レシピに従って温度管理、時間を計り、ひとしきり煮込んだら
次はこのろ過槽でろ過をします。


濾過します


この時の温度は60度以上。結構熱くなっています。
そして、搾られて出てきたこちらが、俗に言う一番搾り。
ちょっといただいてみると、麦のジュースという感じで、
やさしい甘さがありました。


一番搾り?


キリンの一番搾りはこの一番麦汁だけを使ったビールですが、
エーデルピルスはここにさらにお湯を足して
二番?麦汁もとっていきます。一番搾り、というフレーズから
二番搾りっていうのは、お茶の出がらしみたいなイメージが
あったのですが、どちらかというと二番搾りの方が
液体の色が澄んでいておいしそうでした。


ということで、講師の石田さんに伺ってみました。
「ビールの個性や特徴によって、一番がいい場合もありますし、
合わせた方がいい場合もあると思います」とのことでした。
何事もバランスが肝心、どんな味を求めるか、ということですね。


で、ろ過が終わったら、今度は煮沸、また煮込みます。
そして、今度は煮込んだ麦汁に第二の原料、ホップを入れていきます。


ホップを入れます


このホップの塊をちょっとかじってみたのですが、本当に苦い。
苦味が好きな僕は「苦い~」と思いつつも、何度かかじってしまいました。


ホップを2回にわけて入れた後、3回目のホップを投入します。
この3度目のホップは苦味ではなく、香りづけのためなんだとか。


ホップを入れて煮沸した後に、釜を一気に氷水で冷やします。
中に空気を入れながらなので、こんな感じで泡立ちます。


ビール冷却中


グルグル混ぜるのは20分程度… だったかな…。
みんなで手分けしながら作業しました。結構疲れました。


そして、10度くらいまで温度を下げたら、ビールの原液をタンクに移します。
仕上げに?酵母を入れて、今日の作業はおしまい。


酵母を入れます


あとはさっき入れた酵母が発酵して、アルコール分や
炭酸ガスを生み出してくれることを期待して待ちます。


タンクで寝かます


僕らのビール醸造体験はここまで。
あとはプロにおまかせして、出来上がりを待つだけになります。
出来上がりは7月中旬の予定です。
エーデルピルスと同じ材料で作ったぼくらのビール、
いったいどんな味になるのか、楽しみです。


予定では330ml瓶で3本、いただけるそうです。
無事に出来上がってくるといいなぁ。
誰かと一緒に飲もうか、それともひとりで飲もうか…。


ということで、今回のこのイベントで初めてビールを醸造しました。
サッポロビールのスタッフの方々も楽しそうに教えてくださり、
いろいろなお話も聞けて、素敵な時間を過ごすことができました。
ビールの造り方が「言葉ではなく心で理解できた!」、
そんなイベントでした。手作りってのもいいもんですねぇ。


▼サッポロビール 那須工場 手作りビール体験
http://www.sapporobeer.jp/brewery/nasu/tedukuri/


▼関連記事「日経WagaMaga 那須の新ビール園で手作り体験」
http://waga.nikkei.co.jp/play/leisure.aspx?i=MMWAd5000014032008