どうも、麦酒男です。

アメリカ・コロラド州のブルワリー Oskar Blues(オスカー・ブルース)の Pinner Throwback IPA(ピナースロウバックアイピーエー)をいただきました。オスカー・ブルースのビールはナガノトレーディングが2017年7月から日本に輸入販売しているもので、僕も初めていただきました。

アメリカ Oskar Blues Pinner Throwback IPA

IPAということですが、アルコール度数 4.9%、IBU(苦味指数)35 ということで、かなり飲みやすく、セッションIPAのようです。フルーティーな香りと程よい苦味を楽しめます。Throwback は逆流、 逆行、再来、復活という意味があるようで、そういう意味では、エクストリームになりすぎているIPAではなく、ちょっと手前のIPAという感じなのかもしれません。セッションIPAではなく、スロウバックIPAというネーミングが面白いです。

とてもバランスがよく美味しいビールなのですが、このビールだけの特徴を考えると少し難しくはあって、わが町のビールとしてだったり、ブルワリーのファンだったりしたら他のビールよりもこれを選ぶ、という感じなのかな、と思います。完成度が高く、アルコール度数は低い、安心して飲めるビールなので、迷った時にはこのビール、ということでひとつ!

[関連リンク]
Oskar Blues Brewery(公式サイト)