どうも、麦酒男です。

キリンビールの新ジャンル、のどごしの麦100%版が登場しました。通常の「のどごし」は大豆たんぱくを使用し、麦芽や大麦は使っていませんが、「のどごし スペシャルタイム」は麦芽・大麦・大麦スピリッツを使って麦100%を謳っています。

キリンビール キリン のどごし スペシャルタイム

いただいてみると、嫌味の無いとてもスッキリとしたクリアな印象を受けました。ビールとしての旨みは少し感じますが、特徴が無いのが特徴、だけどつまらなくないんですね。以前、各社の新ジャンル飲み比べをした時、サントリー「金麦」とサッポロ「麦とホップ」が良かったんですが、そのどちらとも違う良さがあると思いました。

飲む状況的にスペシャル感が欲しい時には、新ジャンルではなくビールを飲みたいと思いますが、普段から飲むビール、普段使いのビールとして「のどごし スペシャルタイム」は良さそうです。喉が渇いた時にも、食事中でもそれぞれの欲求を満たしてくれる気がします。個人的に、今までは新ジャンルだと「金麦VS麦とホップ」でしたが、そこに「のどごし スペシャルタイム」が入って三つ巴になりました。近々、また飲み比べをしてみようかなぁ。

[関連リンク]
キリン のどごし スペシャルタイム(公式ページ)