どうも、麦酒男です。

ヤッホーブルーイングの「僕ビール、君ビール。」シリーズ第4弾、ミッドナイト星人をいただきました。最初の頃はカエルらしかったパッケージのカエルくんが、ついにトレンチコートを着るようになりました。果たしてミッドナイト星人とはなんなんでしょうか?

ヤッホーブルーイング 僕ビール、君ビール。ミッドナイト星人

飲んでみる前に、グラスに鼻を近づけるとフルーティーなホップの香りを感じることができます。飲んでももちろんその香りを感じますが、その後で焙煎された香りと少しの飲みごたえを感じることができます。僕の好きなブルックリンラガーと比較して、ホップ感は強く、モルト感は弱い、そんなポジションになっている気がします。

いろいろなビールを飲んでいると、焙煎されたモルト感がもっと強くてもいいのかも、と思いますが、ドリンカビリティを考えるとこれくらいが妥当なのでしょうか。もしくは、"普段ビールを飲まない20代・30代の若い世代 に新しいビール体験を提供することを目指したビール”とのことで、こういった味になっているのだと思います。

トレンチコートのカエル

今、日本で買える(キリンビールが造っている)ブルックリンラガーよりはこちらの方が美味しい、というのがなんとも… 以前のブルックリンラガーだったら、そちらの方が好みではあるんですよね。難しいところです。ともかく、相変わらずこのシリーズは間違いが無いですね。オススメです!

[関連リンク]
新発売「僕ビール、君ビール。ミッドナイト星人」(ニュースリリース)