どうも、麦酒男です。

新しくなったグランドキリンですが、JPL(ジャパン・ペールラガー)に続いてIPA(インディア・ペールエール)もいただいてみました。

キリンビール GRAND KIRIN IPA(インディア・ペールエール)

グラスに注いだ途端にホップのいい香りが漂います。いただいてみると、甘く熟したような風味と柑橘系ともマスカットともとれる、上等な紅茶のようないい香りを感じました。IPAとしては苦味が足りないなぁ、と個人的には思いますが、ビールとしては美味しい… ちょっと微妙なビールです。アメリカのコンペティションでIPA部門に出したら弾かれそうだけど、別の部門だったら行けるんじゃないか、というようなそんな感じです。

ホップ愛

ちなみに、”芯が通った” ジャパン・ペールラガーは、キリンビール的に苦味の評価は5段階の5でしたが、IPAは5段階の4となってます。なんだかこじれている気がします。IPAのパッケージに書かれているコピーは「ホップ愛香る」ですよ。なんだろうなぁ… ヤッホーブルーイングの真似をしようとしてスベっているように見えます。ポエミーなコピーやタイトルが悪いとは思いませんが、せっかくの美味しいビールを届かぬ言葉で広めようとすることに疑問を感じます。ホップ愛香るって! 今月18日に発売となる「ひこうき雲と私」(ビアスタイル:クラウドセゾン)は果たして…!?

[関連リンク]
キリンビール グランドキリン(公式ページ)