サッポロビール ビアサプライズ 至福の苦み

カテゴリービール批評 タグ | |
updated on 2016-06-21 by タカバシ ショウヘイ

どうも、麦酒男です。

サッポロビールがファミリーマート限定で販売している
「サッポロ ビアサプライズ 至福の苦み」をいただきました。
ビアサプライズという面白いネーミングですが、
驚きのある美味しさをテーマにしている、ということです。

サッポロビール ビアサプライズ 至福の苦み

いただいてみると、香りよりもまず苦味の印象がガツンと来ます。
とはいえ、IPAのような重い苦味ではなく、スキッとした苦みです。
例えば、IPAは長い時間かけて煮だしたような濃さを感じることもありますが、
このビールはちゃんと入れた緑茶の苦みという感じでスッキリしています。
苦みを楽しむためのビールというよりは、食事のさらに美味しくする、
食事を楽しむために口内をしっかりとリセットしてくれるビールです。
この苦味の特徴は、同じサッポロのエーデルピルスを彷彿させます。

エーデルピルス

以前、缶でエーデルピルスが販売されたこともありましたし、
ヱビス・ザ・ホップもありますが、この至福の苦みこそ、
樽生のエーデルピルス好きにイチオシのビールです!
ファミマ限定、数量限定ということで、気になる方は早めに試して、
場合によってはガッツリと買っておいた方がいいかと思います。

[関連リンク]
BEER SUPRISE 至福の苦み(公式ページ)
「サッポロ ビアサプライズ 至福の苦み」発売(ニュースリリース)

 
PAGE TOP
Translate »