どうも、麦酒男です。

サッポロビール 空模様シリーズ、二つ目のビールをいただきました。
前回、陽ざしのピルスナーに続いていただいたのは、月夜のデュンケルです。

デュンケル(dunkel)というのは、ドイツ語で濃いという意味で
ローストした麦芽を使って、色と味がピルスナーよりも濃くなっています。

サッポロビール 空模様シリーズ 月夜のデュンケル

いただいてみると、焙煎された香りと味わいが美味しいビールです。
焦げたような苦みや殻を食べているような雑味はなく、
味わいがありつつも、スッキリと楽しむことができます。

「濃い」と名付けられたビールではありますが、
いろいろなクラフトビールや、ギネスのようなビールを飲んでいると
色から受ける印象よりもだいぶ薄く、また香りも弱く感じるかもしれません。

月夜のデュンケル 後ろ書き

でもその分、食べ物と合わせやすく、少し焦げ目があると美味しい食事、
例えば、餃子、グラタン、焼き魚あたりと合わせると
より美味しくいただけそうな気がします。

さて、空模様シリーズはピルスナー、ヴァイツェン、デュンケルの
3種類のビールがセットになっていて、サッポロビールの那須工場で
造られているということですが、那須工場ではわくわくブルワリーという
オリジナルのラベルが作れる試みをしています。ビールのタイプは空模様と一緒の
3種類なのですが、これは外側だけ変えたものなのでしょうか…

それでは、残るひとつ、ヴァイツェンの記事も後日アップしま~す。

[関連リンク]
サッポロビールネットショップ(公式サイト)
「サッポロ 空模様」シリーズ3品種 Web限定発売(ニュースリリース)


サッポロ那須 森のビール 350ml×6缶 2,200円