どうも、麦酒男です。

サントリーからイオン系列で限定販売されているビール、
クラフトマンズビア 貴富の薫り(きふのかおり)をいただきました。
ブラウマイスターの資格を持つサントリーの醸造家が、
世界中の多様なタイプのビールを参考に醸造した
「クラフトマンズ ビア」シリーズの第一弾ということです。

サントリー クラフトマンズビア 貴富の薫り

まず商品名にもなっている香りですが、ネルソンソーヴィンという
白ぶどうを思わせる香りが特徴のホップを使っているだけあって、
白ワインに似た華やかな香りがあります。飲んでみると、苦みは少なく、
スッキリとしているのが特徴といった感じでしょうか。

なんとなく、どこかで飲んだことのある味だなぁ、と思ったら
やはりサントリーが3年半前に発売した「かほりの贅沢」というビール、
これに似ているんじゃないかと思い当たりました。
香りが特徴のビールなので、キンキンに冷やさないで飲んだ方がいいですね。
少し時間を置いてからの方が、いい具合に香りが出てきました。

ウィートラガータイプ

かほりの贅沢は新ジャンル、こちらは麦芽100%のビールですが、
特徴が上品で控えめだからか、そこまで印象に違いがありませんでした。
同じホップを使ったビールということでいえば、薫り華やぐヱビスもあるのですが、
比較するとなると、残念ながらヱビスの圧勝だと思います。

クラフトビールが流行ってきていることに対するアプローチもあるのだとすれば、
このビールはもっと尖っていてもよかった気がします。もっと苦く苦くしてみるとか…
まあ、そうなるとイオンでは売れないのかもしれませんが、
そのあたりが大手メーカーの難しいところですよね。

クラフトマンズビアはシリーズということで第二弾、第三弾もあるかと思いますが、
次はどんなビールが出てくるのでしょうか。夏あたりの発売と考えると
柑橘系の香りが強いラガーあたりが出てきたら面白いなぁと思います。

[関連リンク]
サントリー クラフトマンズ ビア 貴富の薫り(公式サイト)
サントリー クラフトマンズ ビア 貴富の薫り(ニュースリリース)


ニュージーランド 8ワイアード ホップワイアードIPA 330ml【2本】1,333円