ビール批評

アサヒビール 熟撰

どうも、麦酒男です。

今日はアサヒの熟撰をいただきました。
やっと普通に売り出した熟撰ですが、
お店によっては数年前から売っていました。
前回は瓶でいただきましたが、
今回は缶でいただきました。

アサヒビール 熟撰

前回いただいた感じに近い印象です。
アサヒビールなので、ちょっと薄いのかな、とも
思いましたが、そんなことはなく、
ビールらしい苦味があっておいしいです。

ビールらしい主張というのは、苦味だったり
キレやコクだったり、香りだったりすると思うのですが、
苦味が香りが強いと食事との相性が気になります。
その点で、同じアサヒのスーパードライは
香りもなく苦味も少ないというビールらしからぬ
特徴で売り上げナンバーワンの地位を手にしました。
で、この熟撰。香りはそれほどでもありませんが、
苦味はほどほどにあります。
この味わい、キリンのビールに似ているなぁ、と
思ったのですが、原材料を見たら、キリンラガーと同じく
米やスターチを使っていました。
味わいとスッキリ感と苦味のバランスを取るには
米やスターチが必要なのかもしれませんね。

ところで「プレミアムビール」という言葉の定義は
副原料を使わないビール、つまり水と麦芽とホップだけを使った
ビールだと思っていたので、ビックリしました。
調べてみると最近はしっかりとした定義が無いことに
なっているんですね。そんなことは無かった気がするんだけど…。
記憶は定かではありません…。

▼Asahi 熟撰
http://www.asahibeer.co.jp/jukusen/




  1. 勝手にビールアワード2017-2018

    ブロガー・イベント

    発表! 勝手にビールアワード 2017-2018
  2. ビールの価格比較! どこで買うのがお得?

    ビールの知識

    ビールの価格比較! どこで買うのがお得?【2017年6月更新】
  3. ビールの知識

    美味しいビールを飲むためのグラスの洗い方
  4. 健康診断の驚くべき(?)結果

    ぼくの健康

    尿酸値9.5から3ヶ月で5.8まで下げた方法
  5. 家でもうまいビールを飲むための8つの教え

    ビールの知識

    家でもうまいビールを飲むための8つの教え(2015年版)
PAGE TOP
Translate »