どうも、麦酒男です。

浅草のホッピー通りにある「大衆酒場 岡本」で飲んだ後、その日の本命であるお店に向かうべく、つくばエクスプレスで北千住に向かいました。やってきたのは、北千住のブルーパブ「さかづき Brewing」です。

北千住 さかづき Brewing

オープンの13時と同時に、正確に言えばちょっと前に着いたので、我々がこの日最初のお客さんでしたが、どんどんお客さんが来るので少し驚きました。お店は入って左手に醸造設備があり、奥にキッチンがありました。

さかづき Brewing 店内

こちらがこの日のビールメニュー。残念ながらインペリアルスタウトは品切れでしたが、オリジナルのビールは5種類ラインナップされていました。

さかづき Brewing ビールメニュー

続いてフードメニュー。ビールと合わせる食事にこだわっているお店ということで、メニューもなかなか豊富です。

さかづき Brewing フードメニュー

ビールはメニューの一番上に書かれていた風月ペールエールからいただきました。メニューには「ややどっしりとした味わい」と書かれていましたが、個人的にはすっきりと飲みやすく感じました。一杯目から食中、食後まで、いつ飲んでもいいビールだと思います。

さかづき Brewing ペールエール

こちらはビールに合うポテトサラダ(650円)です。ポテサラを中心にレタス、そして真ん中には生ハムが添えられています。ペールエールを始め、いろいろなビールと相性が良さそうです。

ビールに合うポテトサラダ(650円)

魚介メニューもいくつかあったので、昆布〆真鯛のカルパッチョ(850円)をいただいてみました。

昆布〆真鯛のカルパッチョ(850円)

こちらはペアリングするフードを選びそうですが、ビール関係無しに真鯛が美味しかったです。これに関してはスーパードライでもいいんじゃないかと思いました。

続いてのビールはセッションIPAの「Uchuken再び」です。Uchuken(うちゅうけん)って何かと思い、お店の方に伺ってみたところ、漢字にすると「宇宙研」、そういう団体があるのだそうです。

Uchuken再び

セッションIPAということで、ホップの特徴がしっかりと感じられるビールでした。力強いわけではないけど個性的、苦味というよりも風味が特徴的だと思いました。

続いては、チョコレートスタウトの「ドルチェ・ヴィータ」です。カカオが漬けこまれたビールということで、しっかりとカカオの香りを感じられる美味しいスタウトです。

ドルチェ・ヴィータ

レバーパテ(500円)をいただきつつ、濃いめのビールをいただきます。

レバーパテ(500円)

14時前、気づけばお店は満席になっていました。お子さん連れのお客さんも何組がいて、地元のファンが多いお店なのかな、と思いました。

繁盛

一緒に行った友だちにシェアしてもらいつつ、5種類のビールを一通りいただきましたが、一番好みだったのはペールエールでした。食事が美味しいお店なので、食事を邪魔しないビールが良かったのかな。

次回伺った時にはどんなビールがラインナップされているかわかりませんが、次はフードメニュー(グラタン、カレー、タルタルソース…)からビールを選ぶ形で楽しんでみたいと思いました。ごちそうさまでした!

[関連リンク]
さかづきBrewing(Facebookページ)
さかづき Brewing(食べログ)