どうも、麦酒男です。

2泊3日の台湾旅行、到着してすぐに向かったのは、
日本のビアフェスでもおなじみ、金色三麥の直営店です。
台北京站店という台北駅バスターミナルビルの4階にありました。

金色三麥 台北京站店

お店に入るとタップと冷蔵庫のあるカウンターが、
そして、ボトルと樽がたくさん目に入りました。

金色三麥(チンスーサンマイ)

お店はかなり広め。250席あるようです。

金色三麥(チンスーサンマイ)

僕はひとりだったので、小さなテーブル席に。椅子にもロゴが!
そして、奥にはボトルがたくさん飾られていました。

ボトルと椅子

ビールはスタンダードメニューが3種類、そしてシーズナルが1種類ありました。
500mlのジョッキでだいたい600円くらいでしょうか。

ビールメニュー

3種類の飲み比べセットがあったので、僕はそれをオーダーしてみました。
左から、デュンケル、シーズナルのエール、そしてラガー。

飲み比べセット


いただいてみると、意外と普通のラガーという感じ。
3年前にも台湾でいただいたんですが、前に飲んだ方が美味しかったような…

シーズナルのエールは、詳細を聞いたんですが、台湾の言葉がわからず…
(きっとペールエールなんじゃないかな?)
フルーティーな甘みがあってフライなんかと合いそうです。

黒ビールのドゥンケルは、ローストの風味がしっかりしていて美味しいかったです。
さっぱりしつつも、物足りなくない、バランスのとれたビールでした。

さて、お料理もいただこうと思います。魅力的なメニューが多いのですが、
なにせひとりなもので、食べられても2品くらいかな、と。

ビールを使った海鮮鍋や…

ビールを使ったスープ

麻辣チキンウイングに超ひかれましたが…

麻辣チキン

まずはアスパラガスを… これで500円くらいだったでしょうか。

アスパラ

ソースは味噌系で飽きない味でした。ビールにも合います。
これからの旅、野菜不足は見えているので、食べられる時に食べておかねば。

そして、もう一品はビールを使ったスパイシーシュリンプです。

スパイシーシュリンプ

これも結構なボリュームで… 美味しかったんですが、
これでお腹がいっぱいになってしまいました。

せっかくなので、ひとつだけ飲んでいないハニーラガーもいただきます。

ハニーラガー

最後に飲んだからか、ハニーラガーはあっさりと感じてしまいました。
蜂蜜的な風味は感じるけど、物足りないかな。最初に飲んだ方がいいのかも。

さて、ここのビールですが、カウンターを見ていたら、
オーダーされたものはボトルから注いで、泡だけサーバーで足していました。

ボトルから注ぐ…

…どういうことなんだろう。酵母を落ち着けてるのかな?
聞いてみたいと思ったんですが、言葉がわからず諦めました。

もうちょっといろんな料理を食べたかったなぁ、という想いと
ボトルから注ぐビールの謎を残したまま、この日は次のお店に向かいました。

[関連リンク]
金色三麥(公式サイト)


台湾 干し海老入りラー油 3瓶セット 2,835円