どうも、麦酒男です。


神田に新しくできた「ヒマラヤテーブル」というお店に行ってきました。
このお店、クラフトビールが楽しめるお店ですが、それだけではなく
ネパール料理も楽しめるお店となっています。


神田 ヒマラヤテーブル


まずはラガー系のビールをオーダーしたのですが、それと一緒に出てきたのがこちら。
パパドといいます。パリッとしたおせんべいのようなものです。


パパド


このお店のタップは10本、ライトなラガー系からガッツリとしたエール系まで
いろいろなビールがありました。クラフトビールのお店は多いですが、
メインのお料理があって、しっかりクラフトビールもある、というのがうれしいです。


タップは10本




まずはスパイシーなものを求めて、3種のアチャールをいただきました。


アチャール


どれもスパイスがしっかりと効いていて、美味しかったです。
この後に出てくる他のお料理と合わせてもいいのかも、と思いました。


続いては、ネパール風お好み焼きの「ウォー」。


ウォー


中に入っている半熟卵が、見た目的にも味わいとしても魅力的です。
卵って意外とビールとの相性がいいんですよねぇ。


続いては、ネパール風餃子の「モモ」です。


モモ


餃子といいつつ、小籠包のような見た目ですが、
中からスープが飛び出すということはありませんでした。
が、旨みは抜群で、もちろんビールとの相性もよくて美味しかった!


二杯目!


そりゃビールもススみます! と、インド・ネパール系の料理で
ビールとの相性が最高なものといえば、サモサです。
もちろんヒマラヤテーブルでもサモサをいただきました。


サモサ


パリッとした皮の食感、中の餡の旨みと別添のソースのスパイシーさ…
ビールに合うメニューとして、枝豆や餃子という巨頭がいますが、
サモサは、そこと闘える気がしています。


スパイシーに慣れてきたら、ホットなものもいただきます。


カレー


かなりの辛さだというカレーをナン的なものに載せて…


ナン的なもの


こんな感じでいただいたら、心はヒマラヤに飛んでいきます!
ホップの苦味もそうですが、スパイスもクセになりますね。


ナン的なものにのせて


もっとクセのあるものを食べてみたい、もっと変わったものを食べてみたい…
そんな風にハマってしまうネパール料理なのでした。


最後に1杯


クラフトビールが飲めるお店が増えていますが、食事に特徴があるお店って
まだそんなにないと思うんですよね。そういう意味でスパイシーなお料理と
クラフトビールがしっかりと楽しめるヒマラヤテーブルはすごく貴重だなぁ、と思います。


以前、新宿にタイ料理とクラフトビールのお店(閉店)がありましたが、
そういった One more thing 的なクラフトビール、支持します。
これからもいろいろなお店でクラフトビールが飲めるといいなぁ、と思いつつ、
ビールに合うおつまみとして、サモサを広げていきたいと思いました。


▼ヒマラヤテーブル
http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13153700/



大きな地図で見る