どうも、麦酒男です。

キリンビールからコンビニ限定で発売となったグランドキリン 十六夜の月(イザヨイノツキ)をいただきました。3年前から発売が開始されたグランドキリンも、いろいろリリースされてきましたが、ついに風流な日本語になりましたよ。

キリンビール グランドキリン 十六夜の月

グラスに注ぐと、フルーツのような香りが漂います。いただいてみると、最初の印象通りのフルーティーな香りを感じます。少し甘さを感じるような味わいですが、クリアで美味しいです。このビールのスタイルはIPAとのことですが、苦味は控えめな気がします。

アルコール度数は5.5%、フルーティーな香りのおかげでグイグイ飲めます。パッケージにはグレープフルーツと書かれていますが、マスカットの方が近い気がしました。(パッケージの月は、グレープフルーツのようですけども…)

グランドキリンとしては、ひとつ前にリリースされたギャラクシーホップのバリエーションなイメージでしょうか。

ネーミングやパッケージから「よなよなエール」を思い出しました。キャップにも、しっかりと月の文字が描かれているようなところも…

月

これをちょっと回してみると…

IPA

IPA になりました。漢字ならではの遊び、いいですね!

微妙な句

パッケージの月も、中にIPAがありました。なんとなく主張している句はわかりやすく、深みも面白みも無いのが残念ですけども…

個人的なビール自体の好みとしては、スタンダードなグランドキリンが勝ります。緑茶的な苦味と麦芽的な旨味が好きです。ただ、これはこれでありかなと。2番目に好きなグランドキリンになりました。さて、次のグランドキリンはどうなりますか。

[関連リンク]
グランドキリン(公式ページ)