どうも、麦酒男です。

お盆明け、秋限定の発売となった新ジャンルの商品を飲み比べてみました。
キリンビールは「キリン秋味」があるので、新ジャンルでのリリースは無く、
アサヒ、キリン、サッポロ、3社からの発売となりました。

2015年秋の新ジャンル

各社、パッケージには紅葉を入れていますが、ベースカラーはバラバラです。
どのビールもアルコール度数6%、色が濃く、発泡酒+スピリッツという
構成でのリキュール類となっています。

それでは、それぞれパッケージに書かれている特徴を確認しつつ、
いただいてみようじゃありませんか!

アサヒビール クリアアサヒ 秋の琥珀



アサヒビール 秋の琥珀

パッケージで推しているのは、4種の麦芽と7種のホップ、
そして琥珀色ですかね。いただいてみると、ホップや麦芽の特徴は
そんなに感じないんですが、なんだかいろいろな味のする、
けど複雑ではない、(秋のビールなんだけど…)飽きないビールになってます。

サッポロビール 秋の本熟



サッポロビール 本熟

パッケージで推しているのは、力強いコク。いただいてみると、
香ばしい焙煎香が特徴です。さすがにリキュール類ですし、
コクという印象はそこまで強くないですが、同じサッポロの
「サッポロ焙煎生ビール」を彷彿させます。ああ、焙煎生ビール、復活しないかなぁ。

サントリー 円熟の秋



サントリー 円熟の秋

円熟といえば、キリンビールな印象ですが、サントリーの商品です。
パッケージで推しているのは、RICH & MELLOW TASTE ですかね。
メロウってなんだろうと思って、Google翻訳したら
「こくのある」「熟れる」と出てきました。そんな意味だったのか!
ということで、3つの中では一番甘みが強いです。
パッケージは金麦に近い印象で、使っているスピリッツも小麦ですし、
「秋の金麦」と言ってもいいのかもしれません。

気に入ったのは…



各社の秋の新ジャンルをいただきましたが、個人的に一番気に入ったのは…
クリアアサヒ 秋の琥珀でした! 新ジャンルとして
無理をしてない感じがいいんじゃないかと…

気に入った! 秋の琥珀

どのメーカーも同じ、ではなく、それぞれの特徴が出ている
秋の新ジャンル、なかなか面白い飲み比べでした。
ぜひ、皆さんも飲み比べてみて、自分の好みを調べてみてはいかがでしょうか?

おまけ
ちょっとずつ余ったものをブレンドしたら意外と美味しかったので、
そんな楽しみ方をしてもいいのかもしれませんよ。

[関連リンク]
アサヒビール クリアアサヒ 秋の琥珀(公式ページ)
サッポロビール 秋の本熟(公式ページ)
サントリー 円熟の秋(公式ページ)