どうも、麦酒男です。

サントリーがイオングループ限定で販売している
クラフトマンズビアシリーズの第三弾「褐色の余韻」をいただきました。
パッケージには「ブラウンエールタイプ」と書かれています。

サントリー クラフトマンズビア 褐色の余韻

ブラウンエール・タイプ?


サントリーのニュースリリースには、
『液色が褐色(ブラウン)のエールビール(上面発酵酵母を使用)で、
豊かなコクと香りが特徴』と書かれていました。
ブラウンエールと言い切らず、タイプなのはなぜなんでしょうね…?

さて、いただいてみると、コクや旨みも感じますが、
それよりも爽やかなホップの香りとクリアな爽快感がありました。
ブラウンエールの感想としてはちょっと珍しいかもしれませんが、
数多あるクラフトビールとの差別化になっていて面白いと思いました。
飲むタイミングによっては、薄く感じることもあるかもしれませんが、
和食などのペアリングを考えると全然ありですね。

大手メーカーの多様化に期待


クラフトマンズビア 第一弾の貴富の薫りは微妙でしたが、
ブラウンエールくらいまで来ると、大手らしい特徴が出てくる気がします。
さて、次の第4弾はどうなりますか… 楽しみです!

[関連リンク]
サントリー クラフトマンズビア(公式ページ)


ファインエールズ ランドスライドブラウンエール 6% 330ml×3本 1,944円