株式会社KOBATSUトレーディングの「こばつ」こと小林努です。
今回はマンスリー連載ブログの第6回目です。
今回も前回に続き世界最大のビール祭「オクトーバーフェスト」について
書きたいと思います。先日お会いした方で
「起業ストーリーを早く読み切りたい!」という方がいらっしゃったのですが、
小出しでスミマセン(笑) 今回も最後までお付き合いください!


過去のブログはこちら(第1回 第2回 第3回 第4回 第5回)


今回は「オクトーバーフェストに行きたい」という方々にアドバイス編です。


このお祭りには世界中から16日間で600万人ものビール好きが訪れます。
この期間はホテルの料金が高騰します。
ですので、会場に近くて少しでも安いホテルに泊まりたかったら、
年明けくらいには予約を取らないと大変です。
普段日本円で1泊数千円のホテルが、この期間は数万円になるなんてザラです。
飛行機ももちろん早めに取らないとですよ!
特に貯めたマイレージで行きたいという方は急がないと!
マイレージ枠の座席は少ないので、かなり早めに埋まってしまうのです。


オクトーバーフェスト期間中のルフトハンザのミュンヘン直行便は楽しいですよ!
機内の音楽サービスで、なんと「オクトーバーフェストチャンネル」が
楽しめるんです。オクトーバーフェストでお馴染みの音楽が
予習も兼ねて(帰国便は復習になります)楽しめるのです!
機内食もドイツっぽいです。


オクトーバーフェスト期間中のルフトハンザ機内食




私、実は今年のオクトーバーフェストに行きます!
実は新婚旅行です! イェーイ!
宿の手配は3月にしたのですが、希望のエリア、予算額のホテルが取れず
「かなり遅すぎ」ました。
仕事に追われて宿の手配が後回しになってしまい(泣)。


会場入りは早い時間に入ることをお勧めします。
特に大人数だと午後からはテーブルを探すのが大変になります。
平日でも夜になって満席になると、テントは扉を閉めてしまい、
入ることすら出来なくなります。
また、金曜は朝一番からかなり混みますので、狙い目は月曜~木曜です。


入場の際にもう1つ気を付けるべきことがあります。
入場の際警備員からバッグの中を見せるように言われることがありますが、
リュックサックなど、大きな荷物が入るバッグは入場を断られることがあります。
実際私の友人も入場を断られ、中央駅のコインロッカーに預けて
再来場したことがあります。ご存じの方もいるかと思いますが、
1980年のオクトーバーフェストでは会場で爆弾テロが発生し、
13名の方が命を落としたという悲しい歴史があります。
このような事故の再発防止のためにも仕方ないことだと思います。


テントの中では午前中は音楽もあまり演奏されず、まったり。
午後になると伝統音楽が演奏され、
夕方になるとポップス系の若者向けの音楽が演奏され、
お客さんは総立ちになります。時間の経過による変化もとても面白いです。


オクトーバーフェストを楽しむなら、ファッションも大切です。
一番のオススメはずばり「民族衣装」です。日本の花火大会やお祭りに、
浴衣を着ている外国の方を見かけたら「素敵だな」と思いませんか?
それの逆です! バイエルンの民族衣装、
男性はスウェード製の吊りズボン「レダーホーゼン」、
女性は「ディアンドル」と呼ばれます。


レダーホーゼン&ディアンドル


価格はピンキリですが、観光客用の安いセットもありオススメです。
例えば男性用の場合、レダーホーゼン、シャツ、靴、靴下、スカーフの
5点セットで200ユーロというのがマリエンプラッツの近くで買えます。
私はいつもここで買います。


Almenrausch
住所Tal 1 - 80331 München
電話 +49(0)89 - 22 62 20
http://www.almenrausch-muenchen.de/


民族衣装以外にも会場内にはいろいろ面白いTシャツが売られていますし、
一緒に行く仲間でお揃いのユニフォームで行くのもいいかもしれません。
私が現地で出会ったロシア人集団はこんなの着ていましたよ!


面白いTシャツ


イタリア人グループのユニフォーム


イタリア人グループのユニフォーム


スーパーマリオな集団もいました!


スーパーマリオな集団


あとは「帽子」ですね! 市内のお土産屋さんや、会場内の売店では
いろんな種類の帽子が売られています。
お馴染み「ビアハット」や「ビア樽型ハット」などいろいろあります。


ビアハット その3


ビアハット その2


ビアハット


不思議なことに、このビアハットをかぶるだけで
楽しい気分になれるんです。絶対おすすめです!


そしてフード。テント内で食べられるフードはいろいろありますが、
超定番はチキンの半身焼きです。
Wiesn Hendl(ヴィーズンヘンドル)と言います。とっても美味しいですよ!


Wiesn Hendl(ヴィーズンヘンドル)


さぁ、ここまで準備出来たらあとは会場で
1リットルジョッキでプローストですよ!