どうも、麦酒男です。

函館のクラフトビアバー「クラフトビア・バル ジュン」に行ってきました。
2016年9月現在、函館でいろいろなクラフトビールが飲めるビアバーは、
ここだけになっているようです。貴重なビアバーです!

クラフトビア・バル ジュン 店内

さて、函館と云えば海鮮! ということで、相性が悪くなさそうな
鬼伝説 シシリアンルージュトマトをいただきました。

鬼伝説 シシリアンルージュトマト

こちらのバー、お通しがありました。お通しはウニと魚卵! さすが函館!

お通しはウニとキャビア

仙鳳趾産の牡蠣(500円×2)もいただきました。クリーミーで美味しいのです。

仙鳳趾産の牡蠣(500円×2)

シシリアンルージュトマトと牡蠣を一気にいただいたら、続いては京都醸造のビール
「ベルギーからの諜報員」をいただきました。なぜに諜報員?

京都醸造 ベルギーからの諜報員

ビール以外にもありました。こちら、ベアレンのイングリッシュサイダーです。
岩手県産のリンゴ100%、しかも無添加のサイダーということで、
まさに地サイダーですね。ボトル1本にりんご約2個を使っているそうです。

ベアレン・イングリッシュサイダー

すっきりとした味わいで、ビールの合間にいただくのによかったです。

さて、つぶ貝(300円)をオーダーすると、お店の前で焼き始めました。

外で焼きます。

こちらが焼かれたつぶ貝です。結構な大きさ、立派です!

つぶ貝(300円)

くるりと綺麗に取れたので、そのまま一口で食べちゃいました。贅沢!

くるりと取れました。

最後はオラホの BOSSA NOVA IPA をいただきつつ…

オラホ BOSSA NOVA IPA

さっぱりと南蛮漬け(400円)で〆ました! 相性が良し悪しはあるにせよ、
いろいろな海鮮とクラフトビールが楽しめるお店は珍しいですね。

南蛮漬け(400円)

最後はスタッフのあいこさんと記念撮影!

あいこさんと!

2016年9月現在、函館唯一のクラフトビアバーとなっていますので、
函館に行った時には、海鮮&クラフトビール(&サイダー)を楽しみに
クラフトビア・バル ジュンに行ってみてはいかがでしょうか?

[関連リンク]
クラフトビア・バル ジュン (食べログ)
函館クラフトビール専門店クラフトビア・バル ジュン(公式サイト)