どうも、麦酒男です。
カナダ・アルバータ州とのタイアップで旅をしてきました。

カナダでのラストディナーは、ベッドで有名なシモンズの工場をリノベーションして
オープンしたというレストラン「charbar」でいただきました。
見ての通り、外観はシモンズの工場のようですが…

シモンズの工場をリノベーション

中はかなり広いレストラン、コーヒーショップ、ベーカリーが入っています。
なんだかオシャレな組み合わせですよね。店内は満席でしたが、
その理由がよくわかります。洗練されたオシャレ感!

2階からの眺め

工場のドアをテーブルにしてみました、ってオシャレだわ~。

ドアを使ったテーブル

このお店のシェフを務めるジェシカさん。彼女がレシピを作っているそうです。
お料理はアルゼンチン、イタリアン、スパニッシュのフュージョンスタイルです。

Jessica Pelland

彼女がアルゼンチンでインスピレーションを受けたことがこのお店の
きっかけだったと伺いましたが、彼女がインスピレーションを受けたものが
店内にも飾ってありました。飾り方もしっかりデザインされてます。

インスピレーション

さて、テーブルについたら、当然、ビールからいただきます。
カルガリーのブルワリー Village Brewery の blonde golden Ale です。

Village blonde golden Ale

ということで、乾杯!

乾杯!

お料理はおまかせでいただきました。まずはトマトと魚介とケッパーの
ガーリックソース。大き目のカットで情熱的… って感想は雰囲気に流されすぎ?

料理はアルゼンチン料理ベース

続いては、人参とナスのグリル… のように見える写真ですが…

ソーセージ&チョリソー

ブラッドソーセージ&チョリソーです。
その名の通り、血を使ったソーセージだそうで、
レバーや血合いのような濃さがありました。
濃いめのビールとの相性が良さそうです。

ということで、2杯目にいただいたのは、やはりカルガリーのブルワリーである
Tool Shed Brewing の red rage dark red Ale です。

red rage dark red Ale

ブラウンエールにもレッドエールにも似た感じですが、
ホップよりもモルトの感じが強いビールでソーセージに合います!

お次は、お店のスタッフがなにやらテーブルの横でいろいろと…

なにやら…

加えたり、混ぜたり…

いろいろ…

混ぜております!

なんと、セビーチェができました!

セビーチェ!

こちら、いろいろな魚介が入っているんですが、それを柑橘系のソースで
まとめているというものでした。パクチーをはじめとする香味野菜も
いい働きをしていますし、カリッという食感をもたらす大き目のコーンもまた
セビーチェに楽しさと驚きをプラスしていました!
や、ほんと、このセビーチェはすごかったです。人生No.1セビーチェ決定!

他にもグッドルッキングな(もちろん味も!)料理が続きます。

アルゼンチンスタイルのフォッカッチャ

魚介のブイヤベース

ブイヤベースも少しタイ料理風のアレンジがされていて美味しかったです。
カナダでも蟹を食べる時はみんな無口になっていましたけれども…

みんな寡黙に…

こちらのお店、熟成肉を扱うお店でもありまして…

真打登場です! 2つの部位を楽しめちゃうTボーンだぼーん!

熟成肉キター!

アラフォーだからかもしれませんが、赤身がうれしいです。
脂は無くとも柔らかく、そして肉の味わいをしっかりと感じられます。うまい!

どちらも食べ応えがある!

付け合せがかなり多くてびっくりしました。このサイズ、北米って感じですかね。

付け合せ…

さて、かなりお腹いっぱいになったのですが、最後にもう一杯…
ちょっと変わったビールにしてみようかな、ということで
カナダ南西部にあるブルワリー Driftwood Brewery の Farmland saison をいただきました。

Farmland saison

このビール、黒胡椒を使っているとのことですが、それを知らずに飲んだので
なんとも微妙な印象となってしまいました。なかなか難しいものです。

最後のビールはちょっと微妙でしたが、こんなオシャレなレストランでも
(もしくは洗練されたレストランだからこそ?)、カナダのクラフトビールを
楽しむことができるというのは、素敵だなぁ、と思いました。

こちらはルーフトップからの眺め… さすがに冬なので寒かったので(氷点下!)
すぐに退散しましたが、夏はここでいただく食事とビールはまた格別なんだろうなぁ…

テラスからの眺め

ということで、カルガリー最後のディナーは、セビーチェや熟成肉などなど、
素晴らしいお料理を楽しませていただきました!
こんなお店が近所にあったらデートで来るだろうなぁ…
特別な人と来たくなる、そんなお店でした!

[関連リンク]
Charbar(公式サイト)