どうも、麦酒男です。

台湾旅行に行ってきました。最初のお店は、昨年旅行した時には
オープンしていなかった新しいビアバー、啜飲室(チュオィンシー)です。
お店の名前は、一口ずつ飲むところ、みたいな意味とのことです。
グビグビではなく、味わいながら飲むビールがあるよ、ということでしょうか。

台北 啜飲室

このエリアが全体的に新しくて、オシャレな雰囲気のお店が多かったです。
もちろん啜飲室もオシャレで居心地が良さそう。ビールは20タップありました。

TAP

イベントの後だったようで、上海のブルワリー BOXING CAT BREWERY のビールが多かったです。

ビールメニュー

来ているお客さんがみんな若くて、日本とは少し違った雰囲気でした。
見たところ、20~30代が中心だったと思います。場所柄もあるのかな~。

若者で賑わう

スタッフもアクティブな格好でテンションが上がります! へそ出し!

セクシー注ぎ

僕は EXTRA PALE ALE からいただきました。このサイズでだいたい200 NTD、
日本円にして800円くらいでしょうか。日本と同じくらいの価格ですかね。

まずはペールエールから

この日は、FacebookのTaiwan Craft Beer Clubで知り合った
miyabiさんと合流、乾杯しました。この後のお店などなど、助けていただきました。
ありがとうございました! いやぁ、Facebookがあってよかった~。

miyabiさんと!

さて、続いては IPA と滷味(るーうぇい)をいただきます。
滷味は台湾のおでんみたいな感じで、しっかりと味がついているので
クラフトビールとの相性も良かったです。

滷味(100 NTD)

滷味はこのセットで 100 NTD、日本円で約400円です。こちらはお安い!

滷味(るーうぇい)はどれもうまい!

カウンターには、なぜかよなよなのお試しセット的なものがありました。
台湾では、日本が近いこともあってか日本のクラフトビールも多く見かけました。

よなよなセット

お手洗いのポスターが面白かったので、ちょっと紹介。
ホップの特徴をグラフィックにした感じでしょうか。センス、いいなぁ。

トイレのポスター

そう、センスがいいんです。なので、若い人たちが集まっている印象でした。
聞くところによると、台湾では、外で一人で飲むという習慣はあまり無かったけど、
最近になって、そういう業態が人気になっているのだとか…

賑わう

台灣啤酒だけじゃない、クラフトビールの波が台北にも来ているようです。
台北に行ったら、また寄りたい素敵なお店でした。オススメです!

[関連リンク]
啜飲室(Facebookページ)
Taiwan Craft Beer Club(Facebookグループ)