どうも、麦酒男です。

先日行ってみてよかった「目利きの銀次」グループ(みたのクリエイト)の
他のお店に行ってみました。今回は「炭火炉端 火鉢屋」というお店です。
今、沖縄で勢いのある居酒屋グループは「えん沖縄」と「みたのクリエイト」です。
沖縄に来る人は覚えておくと良いかも。

さて、何はなくともオリオンビールからスタートです。正確には麦職人から!

炭火炉端 火鉢屋 新都心店

目利きの銀次では、お通しが鍋で出てきて、牡蠣かハマグリが選べましたが、
火鉢屋でもお通しが鍋で出てきました。今回は海老とお豆腐の卵とじ。選べなくてもうれしい!

お通し


出汁に豆腐に玉子! これからお酒を飲むって時のお通しとして完璧じゃありませんか!
これで悪酔いはしない、はず。たぶん、きっと。

海老と豆腐の卵とじ

この日も座ったのはカウンターで、目の前が焼き場という特等席。
いろいろなものが「ファイヤー!」と焼かれておりました。

炭火ファイヤー

お通しを食べ終わり、さらなるウォーミングアップでいただいたのが、
野菜の桶盛り。5種類の野菜をいただきます。人参の甘みが美味しかったです。

野菜桶盛り

続いては、鶏の炭火焼です。ホイルに入って出てきますが、
焼いている時は地鶏のようにカゴに入れて焼いていました。

やんばる鶏の炭火焼

見た目も黒く、地鶏っぽいのですが、食感は柔らかいのでちょっと拍子抜け。
二口目からは慣れました。炭の香りがついているので日本酒でもいけそうです。

炭火焼

続いては、煮穴子入り厚焼き玉子。目の前で丁寧に焼いている様子を眺めつつ、
穴子のように首を長くして完成を待っていました。

煮穴子入り厚焼き玉子

玉子はフワっと、中の煮穴子はぶるるんと食感も美味しい一品でした。
これも日本酒がいいかなぁ。甘目の日本酒が良さそうです。

厚焼き玉子

そして、こちらは生ラムタンの炙り炭火焼きです。羊の舌ですね。
添えられている甘辛のタレにつけていただきます。

ラムタン

食感は確かにタンなのですが、何度も噛んでいると奥からラムの風味が出てきます。
皮がちょっと固くて、コリッコリなのが美味しいんですよねぇ。

ラムタン!

ラム好きの人なら5皿くらい食べられちゃうんじゃないかと思います。

ビールの後には、やはり日本酒もいただきました。
いろいろな日本酒が飲めるのもこのお店の素敵なところです。
この日は2種類売り切れていましたが、7種類はありました。
なにやら裏メニューもあるらしいですが、それはまた次回に。

日本酒

〆には、間違って頼んでしまった活ヤリイカのごはんをいただきました。
メニューには、活ヤリイカと書いてあって、お造りかと思ったらご飯だったという。

活ヤリイカのごはん

ドワーッと混ぜて、海苔をかけていただきます。
ご飯は少しバターの香りがした気がしたんですが、イカの甘さではないですよね…
美味しかったんですが、お酒を飲んだ後だし、カロリー的なものが気になったのも事実。

バターライス?

ご飯で一気に満腹になり、お会計をお願いしたら〆に茶椀蒸しが出てくるとのこと。
デザートではなく、茶碗蒸しなのが面白いですね。

茶わん蒸し

シンプルな茶碗蒸しでしたが、それだけに出汁の旨みを楽しめました。
お通しと〆であわせて350円がついていましたが、お値段以上だと思います。

ということで、みたのクリエイトの2店舗目に行ってきましたが、
こちらは目利きの銀次よりもお店が狭い分、スタッフとの距離が近く、
コミュニケーションのうまい人、楽しんでいる人が多いのかなぁ、と思いました。

他の店舗と同様に、週替わりのメニューもあるらしいので、
また近々、行ってみたいと思います。裏メニューの日本酒もいただかねばだ。

[関連リンク]
炭火炉端 火鉢屋 新都心店(食べログ)


ラムタン(焼き肉用、ステーキ用)【100g】734円