どうも、麦酒男です。


那覇・県庁前にある疾風ホルモンという焼き肉屋さんに行ってきました。
このお店、近江牛をメインに、牛のすべての部位を食べられるお店、だとか。


まずはお肉を使ったにこごりとビールをいただきます。
ビールはキリン一番搾り!


お通し


疾風ホルモンという名前の通り、ホルモンもいろいろあります。
値段別に分けられているメニューには、マトリックスとかチョコレートとか、
なんだかまったくわからないものもあります。


負けられないメニュー


牛一頭を全部メニューに、ということで、こんなメニューもありました。
赤身はこちら、これの裏側はホルモンのメニューになってました。


牛一頭をメニューに


この日はカウンターでいただきました。
カウンターだと、ひとりでも行ける気がする!!


疾風ホルモン カウンター




ということで、食べていきましょう!
まずはチョレギサラダでウォーミングアップ。


チョレギサラダ


ごま油と塩のドレッシングで食欲が増していきます。
続いては、馬ユッケです。肉でもウォーミングアップ!


馬ユッケ


脂はそこまで多くないですが、卵の黄身と合わさり、コクが豊かになります。
そして、リンゴの食感がアクセントになって… ずっと食べていたい!


いよいよお肉を焼いていきますが、その前にタレが出てきました。
3種のタレは、左からピリ辛、塩だれ、醤油だれ。


タレ3種


個人的には醤油だれとピリ辛が好みでした。
このあたりは食べるお肉によっても変わってきますね。


さて、それではタンカルビからいただいていきます。
舌ののど元の部位、だそうです。


タンカルビ


カルビのように脂ののったタンは、食感もありながら、
コッテリと納得のお肉です。写真ではわからないかもしれませんが、
お肉には、ちょっと隠し包丁が入っており、食べやすくなっています。


電気のグリル


続いては、えんがわカルビです。こちらも脂多め!


えんがわカルビ


美味しい牛肉を食べていると実感する脂の旨み、そしてほどよい食感…


えんがわカルビ!!


焼肉で隠し包丁というのは初めての体験でしたが、
脂が溶けはじめる、いいタイミングで食べられるのでしょうか。


ここでいったん休憩。キムチの3種盛りで野菜を補充します。


キムチ3種盛り


キムチは奥から、レンコン、白菜、山芋です。
どれも程よい辛さで美味しかったです。
特に山芋はシャキシャキとした食感もあって、いいアクセントになりました。


ここで真打登場! 脂身がそんなに食べられないおじさんなので、
赤身の盛り合わせをいただきました。


赤身盛り


「まる」や「しんしん」はもも肉なんですが、
アラフォー的には程よい脂で美味しゅうございました。


この日はここで終了、とも思ったのですが、
最後にまた生肉が食べたくなり、馬のふたえごをいただきました。


ふたえご


写真だとあまり脂が無いように思えるかもしれませんが、
サシが細かいのか、馬肉だからか、とても柔らかいのに、
噛みごたえがあり、嫌味のない脂もあって美味しかったです。
焼肉の〆にピッタリの肉のデザートと云えるんじゃないでしょうか。


さて、このお店、会員になることができまして、
会員になってスタンプをためると、特別な部位が食べられたり、
一部のメニューが安くなったりするんです!


疾風ホルモン メニュー


那覇の住まいから徒歩5分の場所にあることですし、これは通うしかない!
カウンター席もあるし、お酒も豊富だし、ひとりでも行きやすそうですね。
沖縄でいろんな美味しいお肉が食べたい、、という友だちのために、
僕は通いますよ、そしてプラチナ会員になっておきますよ!


▼疾風ホルモン
http://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47007248/



大きな地図で見る